フラッシュ!速攻英文法/Flash!Grammar1&2の評判と使い方&覚え方【センターレベル】






245秒で読めます。

フラッシュ!速攻英文法の評価と勉強法

フラッシュ!速攻英文法/Flash!Grammar1&2

 

フラッシュ!速攻英文法の特徴

 

フラッシュ!速攻英文法は英文法を、暗記カード形式にしたものです。

英文法も英単語と同じように、繰り返し勉強しようという目的で作られています。

また有名どころの英文法の問題集と違い、分野ごとではなくランダムに問題を解けるのもポイント。

表面に4択形式の問題、裏面に解説。

解説の中に番号が振られていて、テキストの方にさらに詳しい解説が掲載されています。

NextStageVintageなどの英文法の問題集が、どうも難しいし、なかなか覚えられないという受験生には、手軽に勉強できる「フラッシュ!速攻英文法」が向いているかもしれませんね。

 

1と2で分かれていますが、レベルで分かれているわけではなく、分野で分かれています。

1と2の両方を勉強しないと、英文法の内容は網羅できません。

>>早稲田大学の卒業生が語る!最強の英語の勉強法はこちら➡

 

フラッシュ!速攻英文法のレベル

 

フラッシュ!速攻英文法は、問題集をカード形式にしたものです。

英文法を1から丁寧に解説してくれる参考書ではないので、英文法を理解できていることが大前提。

まずは講義の参考書を1冊勉強し、英文法を深く学びましょう。

 

・大岩のいちばんはじめの英文法

・深めて解ける英文法

・関正生の世界一わかりやすい英文法

 

など、基礎レベルから詳しく教えてくれる参考書を選んでください。

基礎的な英文法を理解したうえで、フラッシュ!速攻英文法をマスターすれば、センター試験で8割以上取れるようになる力がつくでしょう。

私大で言えば、MARCHレベルにギリギリ手が届くか届かないか、と言うところまでレベルアップできます。

>>入試までもう間に合わない!諦めたくない受験生はこちら

 

速攻英文法の使い方&勉強法

 

ステップ①まずは問題を解こう

 

まずはフラッシュ!速攻英文法の1と2の全475問を解きましょう。

最初から順に解いてしまうと、分野ごとに問題を解くことになり、なんとなく答えが予想できてしまいます。

そうならないように、カードをシャッフルして、ランダムに解いていきましょう。

答えを見ずに、初見でどれくらい解けるかを試してみてください。

 

ステップ②解けたカードを除外しよう

 

初見で解いてみて、自信を持って答えられたカードを除外しましょう。

あいまいだったカードや、ミスしてしまったカードを残して、何度も復習していきます。

ニガテな問題はTips番号を参考に、詳しい解説をテキストで読んで、深く学んでください。

スキマ時間にカードをパラパラめくるだけで、英文法の力が身についていきますよ。

 

ステップ③テストをしよう

 

何度も復習して記憶に定着したら、最後にテストをしましょう。

1と2の全475問を、もう一度解いてください。

全ての問題をノーミスでクリアできたら、完璧です。

少しでもミスした問題があった場合は、その問題を何度も復習してくださいね。

 

フラッシュ!速攻英文法が終わったら?

 

フラッシュ!速攻英文法はすべて合わせても475問と、問題量はやや少なめ。

MARCH以上の大学、国公立大学に合格したい

センター試験の英文法で、満点を取りたい

という受験生は、もっと英文法の問題を解いていきましょう。

おすすめは「全解説頻出英文法・語法問題1000」。

レベルの高い英文法の問題を大量に解けますから、相当な力が身につきます。

フラッシュ!速攻英文法と同じように、1問もミスしなくなるまで復習しましょう。

 

フラッシュ!速攻英文法の使い方&勉強法まとめ

 

・英文法を暗記カードで覚えていく

・1問もミスしなくなるまで勉強しよう

・さらに上を目指す場合は、英文法の問題集に取り組もう

 

>>【英文法の勉強法完全版】中学生レベルから早慶・難関国公立攻略!

>>もう迷わない!英文法の参考書・問題集の比較表はこちら


⇒センター試験が廃止!3分でわかる共通テストの解説はこちら

⇒時間がない!合格を諦めかけている受験生はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡

⇒【LINE講座!】受験の英語をLINEで相談したい受験生はこちら

>>30日で早慶・国公立の長文が読めるようになる方法はこちら

受験エキスパート
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。 英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。 浪人期に図書館にこもって研究し、 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発券し、偏差値を73まで上げ、早稲田大学に合格。 通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。 自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。 開発した「独自の英語長文読解法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。 センター試験の英語の対策法も研究し、無料で公開している。


⇒センター試験が廃止!3分でわかる共通テストの解説はこちら























LINEで英語長文の読み方を教えています!


たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める方法


単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値70.4、全国22位まで登りつめました。
その具体的な「英語長文の読み方」を、LINEにてお伝えしています。
勉強や受験に関する相談も受け付けています!



Copyright© 大学受験の偏差値上がる勉強法 , 2020 All Rights Reserved.