英単語帳は日本語から英語?英語から日本語?和訳と英訳のどっちを覚える?


英単語帳は日本語から英語?英語から日本語?

記事と筆者の信頼性

・筆者は模試の成績優秀者に掲載され、早稲田大学に合格

・これまでに2,000人以上の受験生を指導

・受験生の英語の指導に最も自信を持っている

受験生
英単語帳を覚えるとき、「英語から日本語」と「日本語から英語」のどちらで覚えるべきですか?

 

私の英語の偏差値が1ヶ月で40から70まで伸びた話

私は現役の受験生の時、偏差値は40ほどで、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗してしまいました。

その原因は配点が最も高い英語長文を、全く攻略できずに、大きく失点してしまったこと。

英語長文を攻略できない限り、どこの大学の英語でも高得点が取れず、受験に失敗してしまうんです。

浪人をして最初の1ヶ月間、「英語長文の読み方」を徹底的に研究して、英語長文がスラスラ読めるようになり、偏差値も70を超えるようになり、早稲田大学に合格できました。

私が実践した「英語長文の読み方」をマネして、短期間で一気に英語の偏差値を伸ばしてみたい人は、下のラインアカウントを追加してください!

1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら
 

基本は英語から日本語に訳せるように

英単語は英語から日本語に訳す

大学受験は英語を「読む」という作業がメインになりますから、英語から日本語に訳せるようにするのは当然です。

英作文などの一部の問題を除いて、文法問題を解くときや会話文に回答する時など、ほとんどのケースで英語を日本語に訳していきますからね。

共通テストなどのリスニングでも、「聴いた音を認識する」時には、英語から日本語に訳して理解することになります。

ですから英単語帳を覚える際には、「英語から日本語」の順で覚えることが、最も重要なトレーニングです。

>>1ヶ月で早稲田慶應・難関国公立の英語長文がスラスラ読めるようになる方法はこちら

 

日本語から英語の順で覚える理由

日本語から英語に訳すケース

日本語から英語に訳すケースは、基本的にはアウトプット型の問題になります。

「スピーキング」や「ライティング」が、代表的な例です。

TEAPや英検などの4技能試験を受ける人や、国公立大学の二次試験を受ける人は、これらの対策が必要です。

また私立大学でも英単語を書かせる問題が出題されることもあるので、こうした問題でも英語でのアウトプットが求められます。

まずは志望校や併願で考えている大学の過去問を見て、出題形式を確認しておきましょう。

例えば大学入学共通テストのみの受験であれば、リーディングがメインですから、スペルの暗記は必ずしも必要ではありません。

>>1ヶ月で早稲田慶應・難関国公立の英語長文がスラスラ読めるようになる方法はこちら

 

具体的な英単語の覚え方について

 

まずは英単語の訳を覚える

まずは最も重要で基本となる「英単語の訳を覚える」ことに徹してください。

難関大学を狙うのであれば、3,000語は覚えなくてはいけませんから、訳を覚えるだけでも簡単なことではありません。

「英単語の訳を覚える」ことがおろそかになってしまったら、英語の得点はほとんどとれません。

最も得点に直結する部分を先に攻略し、そこから徐々に範囲を広げていくというのは、英単語に限らず全ての分野で大切なことです。

 

英単語のスペルを覚えればOKと考えよう

「日本語から英語にアウトプットできるようにする」と決心したら、覚え方を考えていきます。

英単語を日本語に訳せるようにする上に、「日本語から英語」にという方向でも覚えていたら、2倍の時間がかかってしまいます。

高校1年生の余裕がある人はもちろん、両方の方向から覚えるに越したことはないですが、受験が近い人は対策が間に合わないでしょう。

 

そこでおすすめなのは「英単語のスペルを書けるようにする」トレーニングをすること。

英語から日本語に覚える際に、ついでにスペルも覚えておくというイメージです。

例えば[important]というスペルを覚えれば、英作文やスピーキングの際に、きちんとアウトプットできるでしょう。

スペルミスはよくあるので、書きながら覚えていくのが効果的です。

スピーキングの対策をするのであれば、発音をしながら覚えていくと良いですね。

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

 

日ごろの勉強からスペルに気を付けよう

単語帳で覚えるだけでなく、英語を勉強する時には常に、単語のスペルに注意を向けましょう。

例えば英語長文を復習しているとき、スペルが怪しい単語は改めて覚えておく。

文法を覚える際には、例文を書き出して勉強していくなど。

これだけでも長い期間続けることで、記述力は大きく上がりますよ。

>>1ヶ月で早稲田慶應・難関国公立の英語長文がスラスラ読めるようになる方法はこちら

 

英作文の参考書でアウトプットしよう

英作文ハイパートレーニング和文英訳編

英作文の参考書を勉強すると、実際に英文を書くことになるので、その中でスペルが暗記できているかを確認できます。

入試で英作文が出題される人は、1冊目として「英作文ハイパートレーニング 和文英訳編」に取り組むのがおすすめ。

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

 

スペルを覚えるのは、基本的な英単語だけ

英作文などで書かされる単語は、基本的な単語がメインになります。

あまりに難しい単語を書かせても、受験生が正解できないことを分かっているからです。

自由英作文でも基本的な単語さえきちんと書ければ、論理的な文章を書くことができます。

スペルを覚えるのは共通テストレベルまででOK。

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

 

どうしても時間がない場合は

高校3年生や既卒生で、受験がもう迫ってきている場合。

どうしても時間がなければ、最低限の単語のスペルだけを覚えて、後は過去問演習や弱点補強に注力しましょう。

出題の形式にもよりますが、英単語を書かせる問題は比率は低いので、英単語の訳を覚えるなど、得点に大きな影響を与える部分の対策をしてください。

覚えた英単語をアウトプットさせる問題が、出題されない可能性もありますからね。

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

 

結論:早い時期からスペルを覚えるようにしよう

ポイント

・英単語の訳を覚えることが最優先

・過去問を先に見て、傾向をチェックしておこう

・基本単語のスペルを書けるようにしよう

・受験まで時間がない場合は、切り捨てる選択肢もあり


⇒【秘密のワザ】1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた方法はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【速読】英語長文を読むスピードを速く、試験時間を5分余らせる方法はこちら

   1ヶ月で英語の偏差値が70に到達

現役の時に偏差値40ほど、日東駒専に全落ちした私。
しかし浪人して1ヶ月で「英語長文」を徹底的に攻略して、英語の偏差値が70を越え、早稲田大学に合格できました!

私の英語長文の読み方をぜひ「マネ」してみてください!
・1ヶ月で一気に英語の偏差値を伸ばしてみたい
・英語長文をスラスラ読めるようになりたい
・無料で勉強法を教わりたい

こんな思いがある人は、下のラインアカウントを追加してください!




⇒【秘密のワザ】1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた方法はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【速読】英語長文を読むスピードを速く、試験時間を5分余らせる方法はこちら










この記事も読まれています

1

私は受験生の時に、全国記述模 試で22位にランクインし、早稲田大学に合格しました。 そして自ら予備校を立ち上げ、偏差値30台の受験生を難関大へ合格させてきました。 早稲田大学卒という学歴があるため、今 ...

2

大学受験の勉強を始めるときに誰もが思うのが、「受験勉強って、何をすれば良いの!?」ということ。 「勉強を頑張るぞー!!」という気持ちはあっても、どう動けばよいか分からない。 そして少しずつ熱も冷めてし ...

3

大学受験の勉強、いつから本気出そうかな。 いつから受験勉強を始めれば、志望校に合格できるんだろう。 私も高校2年生の時、こんなことをいつも考えていました。筆者 高校がさほど頭の良いところではなかったの ...

4

私は受験生の時に、全国記述模試で22位にランクインし、早稲田大学に合格しました。 そして自ら予備校を立ち上げ、偏差値30台の受験生を難関大へ合格させてきました。 もちろん模試は下の写真のように、ほとん ...

5

赤本の使い方と復習ノートの作り方!いつから何年分解く? 受験生受験勉強と言ったら赤本ですけど、いつから解くのか、どうやって復習するか全然分からないです・・・。 「赤本」は受験勉強の中で、合否に1番関わ ...

6

インターネットでは「ニッコマは超余裕」なんて書き込みを、目にすることが多いです。 私が受験生の時も「日東駒専は滑り止めにしよう」と、少し見くびってしまっていました。 結果として、現役の時は日東駒専には ...

7

志望校を決めるときに、国公立大学にするべきか私立大学にするべきか、悩みますよね。 少し学力の高い高校だと「国公立大学は私立大学よりも優れている」、「国公立大学を目指すべきだ」という先生方も多いです。 ...

Copyright© 受験の相談所 , 2021 All Rights Reserved.