大学受験は英文解釈&英語構文解釈がカギ!やり方はこれ【MARCH&早稲田慶應】


大学受験は英文解釈&英語構文解釈がカギ!

英文解釈

 

大学受験生のあなたなら、英単語・英熟語、英文法の勉強をしていますよね。

では「英文解釈」の勉強はしっかりとしていますか?

受験生の多くが、「英文解釈(英語構文解釈)をおろそかにしてしまっている」事が原因で、英語の成績が上がらない受験生がとても多いんです。

英単語や英熟語、英文法を勉強してるのに、英語長文が読めるようにならないという受験生は、英文解釈のトレーニングが足りない可能性が高いでしょう。

英文解釈のトレーニングをすれば、今までの自分がウソのように、英語長文が読めるようになります。

英語の偏差値もグッと上がるでしょう。

>>1ヶ月で早稲田慶應・難関国公立の英語長文がスラスラ読めるようになる方法はこちら

 

英文解釈(英語構文解釈)ってそもそも何?

 

I like soccer very well.

 

It is often possible to make known what one wants and what he is thinking about by means of gesture, without the use of words, and it may be that men talked by signs before they used spoken language.

(英文読解の透視図-研究社 p27より引用)

 

どちらも使っている単語は、とても簡単ですよね。

それなのに英文が長くなるだけで、こんなにも読みにくくなります。

こういった長い文が、長文の中にいくつも入っているのが、難関大学の英語長文です。

だからこそ長い文でも、1文1文しっかりと理解して読めるようにしようというのが、英文解釈(英語構文解釈)のトレーニングなんです。

つまり英文解釈が正しくできるようになれば、難関大学の英語長文もバッチリ読めるようになりますよ。

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

 

なんで受験生は、英文解釈(英語構文解釈)をしないの?

 

大学受験の英語において最も大事な勉強の1つなのに、勉強していないどころか、そのワードすら知らない受験生が非常に多いのはなぜでしょうか。

それは簡単な英文は、英文解釈を意識しなくても読めてしまうからです。

例えば高校入試の英文を読むとき。

主語・述語・目的語、そして修飾語などを深く意識しながら読んだ人は、少ないのではないでしょうか。

センター試験の英語でも、少し簡単なときは英文解釈のトレーニングをしていなくても読めてしまいます。

文構造が易しく、単語も簡単であれば、深く考えなくても理解できてしまうからこそ、英文解釈の重要性に気づけないんです。

 

英文のレベルが上がっていって、「あれ、読めなくなってきた・・・」となったとき。

必死に英語長文を解きまくる受験生が多いですが、英語長文を解くだけではダメなんです。

英文解釈のトレーニングをしないと。

1文1文をしっかりと読むトレーニングの重要性に気付けているか否かが、大学受験の合否を大きく左右すると言っても過言ではありません。

あなたは今ここで気づけたわけですから、このチャンスを逃してはいけませんよ。

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

 

英文解釈(英語構文解釈)のトレーニング方法は?

 

もう一度先ほどの文を見てみましょう。

 

It is often possible to make known what one wants and what he is thinking about by means of gesture, without the use of words, and it may be that men talked by signs before they used spoken language.

(英文読解の透視図-研究社 p27より引用)

 

この文を読むためには、文を細かく切って読めるようにならなければいけません。

1文が長いのに、それを左から右へなんとなーく読んでしまうから、頭に内容が入ってこないんです。

1つの文を、主語・述語・補語・目的語・修飾部などに細かく分けるトレーニングをしましょう。

そうすれば1文が長くなっても、バッチリ理解できますよ。

 

英文解釈の技術という参考書で、トレーニングをしていきましょう。

 

入門英文解釈の技術70→基礎英文解釈の技術100→英文解釈の技術100

 

の順番に進めていきましょう。

 

トレーニングの際には

入門英文解釈の技術70の正しい使い方

基礎&英文解釈の技術100の正しい使い方

の2つの通りに、しっかりと勉強をしてください。

ただ何となく取り組んでいるだけでは、英文解釈の力は身につきませんので。

 

この3冊を正しい使い方で取り組めば、相当な英文解釈の力が身に付きます。

今まで難しい英語長文が読めなかった受験生も、「あれ!?読めるようになってる!」という感動が体験できるはずです。

苦しいうえに地味なトレーニングではありますが、歯を食いしばって頑張ってくださいね。

>>偏差値が1ヵ月で40から70に!私が実践した「たった1つのワザ」はこちら

 

英文解釈(英語構文解釈)のやり方まとめ

 

・難しい英文を読めるようにするためには、英文解釈が必須

・1文1文を、細かく切って理解できるようになろう

・英文解釈の技術を正しい取り組み方で3冊終えれば、相当な力がつく

 

>>英語長文がスラスラ読めるようになる、最強の読解法はこちら

>>1ヶ月で早稲田慶應・難関国公立の英語長文がスラスラ読めるようになる方法はこちら

 





⇒【秘密のワザ】1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた方法はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【速読】英語長文を読むスピードを速く、試験時間を5分余らせる方法はこちら









この記事も読まれています

1

私は受験生の時に、全国記述模 試で22位にランクインし、早稲田大学に合格しました。 そして自ら予備校を立ち上げ、偏差値30台の受験生を難関大へ合格させてきました。 早稲田大学卒という学歴があるため、今 ...

2

大学受験の勉強を始めるときに誰もが思うのが、「受験勉強って、何をすれば良いの!?」ということ。 「勉強を頑張るぞー!!」という気持ちはあっても、どう動けばよいか分からない。 そして少しずつ熱も冷めてし ...

3

大学受験の勉強、いつから本気出そうかな。 いつから受験勉強を始めれば、志望校に合格できるんだろう。 私も高校2年生の時、こんなことをいつも考えていました。筆者 高校がさほど頭の良いところではなかったの ...

4

模試の結果が返ってきて、良ければもちろん嬉しいですし、悪いとやる気がなくなってしまいますよね。 私が受験生の時も、模試の返却はビッグイベントで、結果を見るときはとても緊張したことを覚えています。 受験 ...

5

赤本の使い方と復習ノートの作り方!いつから何年分解く? 受験生受験勉強と言ったら赤本ですけど、いつから解くのか、どうやって復習するか全然分からないです・・・。 「赤本」は受験勉強の中で、合否に1番関わ ...

6

インターネットでは「ニッコマは超余裕」なんて書き込みを、目にすることが多いです。 私が受験生の時も「日東駒専は滑り止めにしよう」と、少し見くびってしまっていました。 現役の時の受験の結果はMARCH1 ...

7

志望校を決めるときに、国公立大学にするべきか私立大学にするべきか、悩みますよね。 少し学力の高い高校だと「国公立大学は私立大学よりも優れている」、「国公立大学を目指すべきだ」という先生方も多いです。 ...

Copyright© 予備校PISTA , 2020 All Rights Reserved.