ビリギャル式 坪田塾の英文法ノートの評価とレベルと使い方&勉強法!解説動画&チェックテストを活用






ビリギャル式 坪田塾の英文法ノートの評判と使い方

ビリギャル式 坪田塾の英文法ノート

ビリギャル式 坪田塾の英文法ノートとは

 

映画にもなった有名な「ビリギャル」を育てた、坪田氏が手掛けた英文法の問題集。

文法の問題を解く前に各項目の復習ができるよう、解説動画も用意されています。

1セットが短時間で終わる構成になっているので、勉強が嫌いで、長い時間集中できない方にもおすすめです。

弱点としては、解説がかなり少ないこと。

初学者向けの問題集なのに解説が少ないので、苦戦する方も多いかもしれません。

自分で必要な情報を収集する力がないと、理解できない可能性があります。

>>早稲田大学の卒業生が語る!最強の英語の勉強法はこちら➡

 

ビリギャル式 坪田塾の英文法ノートのレベル/難易度

 

ビリギャルが取り上げられていることもあり、文法の初学者向けに作られています。

とはいえ問題集ですから、インプットした知識をアウトプットするものです。

基礎的な文法の内容は理解できていないと、問題を解くことが難しいでしょう。

中学~高校基礎レベルの文法の参考書を勉強してから、取り組んでみてください。

大岩のいちばんはじめの英文法【超基礎文法編】などがおすすめです。

>>浪人する人は必見!私が自宅浪人で早稲田大学に合格した話

 

ビリギャル式 坪田塾の英文法ノートの使い方&勉強法

 

まずは各章の問題を解く前に、インターネットで講義動画を見ておきましょう。

重要事項の復習ができるので、スムーズに問題演習に進めます。

あくまで重要事項の解説ですから、これだけで全て文法を理解できるというわけではありません。

 

問題を解いたら、答え合わせをしていきます。

解説がほとんどないので、「なぜ間違えたか」を自分で考えていかなければいけません。

インターネットで検索したり、Forestなどの詳しい辞書的な参考書で詳細を調べたりしてください。

あまりに理解できない場合は、解説が詳しい問題集に取り組んだ方が良いでしょう。

 

各章の最後に、演習問題がついています。

この問題集の中でも言われていますが、「時間を意識して解く」ことが大切です。

受験は制限時間の中でパフォーマンスを発揮することを求められますから、日ごろからトレーニングを重ねておきましょう。

>>私が模試で全国ランキングに入った、秘密の勉強法を知りたい方はこちら

 

ビリギャル式 坪田塾の英文法ノートが終わったら?

 

この問題集が終わったら、もう1ランク上のステージにステップアップしましょう。

深めて解ける英文法INPUTなど、中級者以上の受験生に向けた講義形式の参考書を、1冊勉強してください。

それからNextStageなどの本格的な問題集で、大量の問題を解いていきます。

ここまで完璧になれば大学入試の英文法の問題でも、かなり得点できるようになるでしょう。

英文法は1題でも多くの問題を解いて、自分の知識の幅を少しずつ広げていき、それが得点につながっていきます。

ビリギャル式 坪田塾の英文法ノートを最初の1歩として、どんどん得点力を上げていきましょう。

 

ビリギャル式 坪田塾の英文法ノートの使い方まとめ

 

・初学者向けの文法の問題集

・講義動画を見てから問題に取り組もう

・解説はかなり少ないので、自分で調べていく必要がある


⇒センター試験が廃止!3分でわかる共通テストの解説はこちら

⇒浪人する人は必見!私が宅浪で早稲田大学に合格した話

⇒【1カ月で】英語の偏差値が30上がった勉強法はこちら

⇒早稲田大学の合格者が語る!最強の英語の勉強法はこちら


>>浪人生は必見!宅浪で早稲田大学に合格した話


>>早稲田大学の合格者が語る!最強の英語の勉強法はこちら

受験エキスパート
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。 英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。 浪人期に図書館にこもって研究し、 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発券し、偏差値を73まで上げ、早稲田大学に合格。 通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。 自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。 開発した「独自の英語長文読解法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。 大学入学共通テストや英検、TEAPの対策法も研究し、無料で公開している。


⇒知らなきゃマズい!新しい英語の勉強法はこちら



























センター試験廃止で、全ての大問が英語長文に変更!


旧センター試験が廃止され、大学入学共通テストでは全ての問題が英語の文章を読む問題に変わりました!


模試や過去問を解いても、英語の長文が全然読めない・・・。
英語長文の重要度がさらに上がった今、長文を攻略できなければ志望校には合格できないといっても過言ではありません。

私が受験生の時に、1ヶ月で英語長文をスラスラ読めるようにしたトレーニング方法をお伝えしています!
1ヶ月で40前後だった偏差値が、70を超えるようになり、模試の全国ランキングにも掲載されました。
その勉強法を詳しく解説しています!
勉強や受験に関する相談も受け付けています!



Copyright© 大学受験の偏差値上がる勉強法 , 2020 All Rights Reserved.