アクティブ英単語入門編&2100のレベルと評判!勉強法とCDの使い方、評価も






310秒で読めます。

アクティブ英単語入門編&2100の評価と使い方

アクティブ英単語入門編&2100

受験生
大学受験の英単語帳って本当に多いですが、書店で見かけた「アクティブ英単語」という英単語帳を解説してもらえませんか?
アクティブ英単語はちょっとマイナーな英単語帳ではあるけど、とても使いやすいんだ!特徴と使い方を詳しく解説していくね!
先生

 

アクティブ英単語入門編&2100とは

 

アクティブ英単語は大学受験用の英単語帳で、デザインがキレイでとても見やすい構成。

白黒で無機質な、勉強をするのが嫌になってしまう英単語帳も多いですが、アクティブ英単語はカラーで見やすく、モチベーションを上げてくれます。

英単語がレベル別に分類されていて、重要な英単語から覚えられるので、成績が伸びやすいです。

良くも悪くも大きな特徴、クセはなく、どんな受験生にとっても使いやすい英単語帳だといえるでしょう。

>>早稲田大学の卒業生が語る!最強の英語の勉強法はこちら

 

アクティブ英単語入門編&2100のレベル/難易度

 

アクティブ英単語・英熟語入門編

→中学校~中堅私大レベル

 

アクティブ英単語2100

→高校基礎~GMARCH/関関同立レベル

 

入門編は中学校レベルの語彙から、中堅私大くらいまではカバーできるようになっています。

2100はワンランク上の英単語帳ですが、難関大学(早慶上智・国公立大学)などとなると、ややレベルが届かない印象。

>>センター試験が廃止!3分でわかる共通テストの解説はこちら

 

アクティブ英単語入門編&2100使い方

 

まずは入門編からスタートして、2100へとステップアップしましょう。

難関大学を受験するにしても、英文の中で出てくる語彙は基礎的なものがメインです。

日本語でも同じですが、文章を書くときは基本的に、易しい語彙が多く、ところどころに難しい語彙が入ってくるという構成になりますからね。

焦って難しい英単語帳に手を出しても、基礎が固まっていないと成績は伸びないので、まずはアクティブ英単語入門編を完璧にマスターしてください。

 

入門編は易しい語彙が多くなっているので、自分がまだ覚えられていない英単語のみをピックアップして、重点的に勉強していきましょう。

既に覚えられている易しい英単語を何度も見るのは時間がもったいないですし、逆にニガテな英単語はなかなか定着しません。

最初に簡単なチェックテストをして、覚えられていない英単語だけに印をつけておくと、勉強が進めやすくなるはずです。

どうしても覚えにくい英単語は、付属のCDを聴いて音読したり、紙に書いて覚えたり、スマホのメモに書き出したりなどして、色々な角度からアプローチしてみましょう。

目で見て覚えるだけよりも、色々な視点から暗記していった方が、記憶に定着しやすくなるでしょう。

 

レベル別に分かれているので、1ランクを1セットと考え、1つのランクの英単語が完璧に覚えられたら、次のランクへと進むようにしてください。

まずは出題頻度が高いAランクを完璧にして、次はBランクと進んでいけば、最後まで終えた時にはアクティブ英単語の語彙がしっかりと固まっているはずです。

なんとなくうろ覚えの状態でどんどん先へ進んでも、いつまでたっても記憶には定着せず、時間だけが過ぎていってしまいます。

>>入試までもう間に合わない!諦めたくない受験生はこちら

 

アクティブ英単語が終わったら?

 

入門編が終わったら2100へと進み、2100まで終わったら、必要に応じて上のレベルの英単語帳に取り組みましょう。

早慶上智、難関国公立を目指す受験生や、GMARCHや関関同立に確実に合格したいという受験生は、もう1冊追加するのが良いと思います。

「単語王」や「英単語ターゲット1900」、「システム英単語標準編」あたりがちょうど良い難易度です。

この辺りまでカバーできれば、難関大学と戦うだけの語彙力が鍛えられます。

 

アクティブ英単語の特徴と使い方まとめ

 

ポイント

・カラーで見やすく、モチベーションをあげてくれる英単語帳

・入門編を固めてから、2100へと進んでいこう

・ニガテな英単語にはチェックをつけて、重点的に暗記


⇒センター試験が廃止!3分でわかる共通テストの解説はこちら

⇒時間がない!合格を諦めかけている受験生はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡

⇒【LINE講座!】受験の英語をLINEで相談したい受験生はこちら

>>30日で早慶・国公立の長文が読めるようになる方法はこちら

受験エキスパート
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。 英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。 浪人期に図書館にこもって研究し、 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発券し、偏差値を73まで上げ、早稲田大学に合格。 通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。 自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。 開発した「独自の英語長文読解法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。 センター試験の英語の対策法も研究し、無料で公開している。


⇒センター試験が廃止!3分でわかる共通テストの解説はこちら























LINEで英語長文の読み方を教えています!


たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める方法


単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値70.4、全国22位まで登りつめました。
その具体的な「英語長文の読み方」を、LINEにてお伝えしています。
勉強や受験に関する相談も受け付けています!



Copyright© 大学受験の偏差値上がる勉強法 , 2020 All Rights Reserved.