【大学受験エバースタディ】~大学受験の勉強法~

首都大学東京の英語の対策&参考書勉強法!理系/文系の傾向と難易度は?


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

352秒で読めます。

首都大の英語の対策&勉強法

 

首都大学東京の英語

 

首都大学東京英語の傾向

 

首都大学東京の英語は、理系学部と文系学部で少し傾向が変わります。

文系学部は理系学部に比べて、問題量が多いです。

他の違いはほとんどありません。

 

文系学部

人文社会学部、法学部、経済経営学部(一般区分)、都市環境学部(文系区分)

理系学部

理学部、都市環境学部(理系区分)、システムデザイン学部、健康福祉学部、経済経営学部(数理区分)

 

文系学部は長文2題、英訳問題が1題、並び替え英作文が1題。

理系学部は長文1題、英訳問題1題が例年の傾向。

文系学部は並び替え英作文が1題削られ、理系学部は長文が1題追加されるケースもあります。

文系学部は制限時間が120分、理系学部は75分。

理系学部の大問が1つ追加されるケースを除けば、時間にはかなり余裕が持てるでしょう。

 

長文では内容を理解したうえで記述しなければいけない設問が多く、精読力に加え、文章の理解力も問われます。

英訳問題は、少しひねられた日本語をうまく英語になおすトレーニングが必要です。

 

首都大学東京の英語の難易度

 

長文も英訳問題も、難易度は高くありません。

長文は読みやすい文章が多く、センター試験よりも少し難しい程度。

ただし記述問題が多く設問の難易度が高いので、センター試験が終わってから慌てて対策をしても間に合わないでしょう。

日ごろから記述問題をたくさん解いておき、回答力を鍛えておかなければいけません。

 

首都大学東京の英語の対策&勉強法

 

長文を読むための勉強法

 

長文は読みやすいテーマで、しっかりと読めていればすんなりストーリーが頭に入ってきます。

時間制限も厳しくないので、1文1文を丁寧に読んでいくことが大切です。

そのためには、精読力を鍛えなければいけません。

精読力とは、1文1文の文構造をしっかり理解し、正しく読んでいく力。

自分でペンを使って文構造を振る作業を繰り返すことで、無意識のうちに文構造を把握できるようにしていきましょう。

詳しいトレーニング方法は、「精読力を鍛える!スラッシュリーディングのやり方」をご覧ください。

 

また首都大学東京の英語長文は文量が多いので、文章の全体像を把握し、筆者の主張をとらえていかなければいけません。

1パラグラフ読むごとに一息おいて、読み切ったところまでのストーリーを整理しましょう。

「第1パラグラフはこんなことを言ってて、第2、3パラグラフはその具体例を挙げているなー」というような感じ。

そして「筆者は何を伝えたくて、この文章を考えたんだ?」という事を常に考えながら読んでください。

詳しいトレーニング方法は、「論理的に文章を読もう!パラグラフリーディング」をご覧ください。

 

内容一致問題の対策法

 

首都大学東京の英語長文の内容一致問題は、2択のものがメイン。

正しいか間違っているかが判断できればOK。

そう考えると簡単そうに感じますが、逆に難しいんです。

2択となると選択肢が「正しくない」理由が細かく、文章の一部分に言及しているものも多くなり、判断が難しくなります。

首都大学東京の英語長文は長いですから、読み終わった後に内容一致問題を見ると、「え、どれも正解に見える・・・」となってしまうでしょう。

読み直しをしなければいけなくなり、時間が足りなくなる。

そうならないように、1パラグラフ文章を読むごとに、内容一致問題を解いてください。

内容が頭にバッチリ入った状態で内容一致問題を解けるので、時間も短縮できますし、正答率も上がりますよ。

 

下線部を説明する問題の対策法

 

首都大学東京の英語長文では、下線部が引かれた語句を説明させたり、和訳させたりする問題が頻出。

こういった問題を解くコツは、下線部だけで問題を解こうとしないこと。

下線部の前後はもちろん、長文全体のストーリーがヒントになることも多いです。

 

また選択肢がある問題については、先に選択肢を見ずに、自分で内容を推測しましょう。

選択肢を先に見てしまうと、選択肢に引っ張られてしまい、正しい判断がしにくくなってしまいますからね。

 

英訳問題の対策法

 

首都大学東京の英訳問題は、有名な構文が使われることが多いです。

構文を例文ごと覚えて、有名な構文を使った文をたくさん書けるようにしておきましょう。

そうすれば近年出題されている、並び替え型の英作文にも対応できるようになります。

まずは首都大学東京の対策をする前に、基本的な英作文と並び替え問題を対策しておきましょう。

>>例文暗記がカギ!英作文の対策法はこちら

>>こんなに簡単に解ける!並び替え問題の対策法はこちら

 

首都大学東京の英訳問題は、英文の中の1文が日本語になっていて、その文を英語に直す形式。

コツは先に英文をすべて読んで、ストーリーを理解してから英訳をすること。

文章の中の1文ですから、前後の文脈を読み取り、日本文を深く理解することが大切です。

日本文は「なんだか訳しにくそうだなぁ」と感じる、少しひねられた文になっていますから、文脈をもとにわかりやすく直しましょう。

あとは噛み砕いた日本文を、英語に書き換えればOK。

 

首都大学東京の英語の対策&勉強法まとめ

 

首都大学東京の英語は、センター試験と形式が大きく異なります。

センター試験の対策をしつつ、2次試験も見据えた勉強をしておきましょう。

ゴールをセンター試験ではなく、もう1つ2つ上のレベルに設定して、日ごろから勉強してくださいね。

 

>>安定して合格点を取る!最強の過去問演習法はこちら

>>首都大学東京の英語長文がどうしても読めない方はこちら



⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら




大和@受験講師
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。
開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。
⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら



無料で、英語 長文の読み方を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める方法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値77.7、全国4位まで登りつめました。
その具体的な「英語 長文の読み方」を、無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。










4:19 AM