明治大学商学部の英語の対策と勉強法!傾向や難易度、時間配分も【明治商学部英語】


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

340秒で読めます。

明治大学商学部の英語で8割取る対策&勉強法

 

明治大学商学部英語

 

明治大学商学部の英語の傾向と難易度

 

試験時間は80分。

長文2題と、文法問題、フレーズの挿入問題が1題ずつの合計4題。

時間の制限はやや厳しめと言ったところで、息つく間もないくらいの厳しさではありません。

問題のレベルは易しい分、合格最低点が平均的に7割を超えているので、基本的な問題をいかに落とさないかがカギになってきます。

日ごろから基礎/基本を徹底的に固めることを意識して、勉強を進めていきましょう。

 

明治大学商学部の英語は基本的には4題ですが、傾向が変わりやすいのが1つの特徴。

試験問題が配られたらまず初めに、問題の構成を確認しましょう。

もし想定と違っていた場合は、最初に必ず時間配分を考えてください。

>>英語の偏差値が40から70に上がる方法、知りたくないですか?➡

 

大問1:英文法の対策法

 

大問1の英文法は、語彙力と文法力の両方が問われます。

基本的な単語と熟語と文法の3つをマスターしていれば、85%以上は狙えるでしょう。

特に「前置詞」が狙われる傾向にあるので、単語や熟語を覚える際には、セットの前置詞にも注意してください。

下記のリンクを参考に、単語と熟語、そして文法の基礎を固めてから、過去問演習をしましょう。

>>最速暗記!忘れない英単語の覚え方はこちら

>>前置詞がカギ!英熟語の暗記法はこちら

>>理解とアウトプット!英文法のハイレベルな勉強法はこちら

 

言い換え問題の対策法

 

例文に対して、同じ意味の文を選ばせる問題が出題されています。

この問題の解き方としては、「まずは選択肢を見ずに、例文を訳す」こと。

そして訳した内容と一番近い選択肢を選びましょう。

先に選択肢を見てしまうと、例文の内容と選択肢の内容が、ごっちゃになってしまいますからね。

>>あなたは天才?凡人?「勉強センス診断」はこちら

 

大問2:フレーズ挿入問題の対策法

 

大問2は、会話文を中心に、長めのフレーズを文中に挿入する問題。

会話特有の表現を知っていなければ解けないような問題は少なく、さほど対策は必要ありません。

過去問演習を繰り返せば十分でしょう。

 

解き方のコツとしては2点。

・文章の全体の流れを読み取ること

・空所に入りそうなフレーズを考えてから、選択肢を見ること

 

空所は比較的、文章の後ろの方に用意されているので、そこまでの流れを追っていくことが大切。

場合によっては、空所の後ろの内容がヒントになっていることもあります。

文章全体の流れを理解したうえで、空所を予測しましょう。

 

問題を解く際には、「先に空所に入りそうなフレーズを、日本語で予想する」ようにしてください。

やはり先に選択肢を見ると、まどわされてしまいますからね。

予想した内容に近い選択肢を選べばOKです。

 

大問3,4:長文の対策法

 

明治大学商学部の英語長文は、比較的易しめ。

長文のテーマも文構造も、とても読みやすいです。

ただ文章量がある程度長いので、長い文章を素早く正確に読むトレーニングをしておきましょう。

 

ステップとしては、「精読力」を鍛えてから、そのスピードを速くしていきます。

精読力を鍛えるためには、SVOCなどの文構造の把握が必須。

まずは1文1文の英文の、文構造をとらえられるようにしましょう。

おすすめは「英文解釈の技術シリーズ」。

ペンを使って何度も、文構造を書き込んでいきましょう。

そうすれば明治大学商学部の英語長文は、バッチリ読めるようになりますよ。

>>英文解釈の技術シリーズで、精読力を鍛える方法はこちら

 

1文の精読ができるようになったら、あとはたくさん長文を読んでいきましょう。

まずはセンター試験で8割以上、そして明治大学商学部の英語でも合格点を取れるよう、ステップアップしていってください。

スピードばかりを意識して雑に読むのではなく、「簡単な文は素早く、難しい文は立ち止まって」というメリハリのある読み方を身につけましょう。

そうすれば時間内に、明治大学商学部の英語長文を解ききれるでしょう。

 

内容一致問題の対策法

 

明治大学商学部の英語長文はオーソドックスな出題形式なので、特別な対策は必要ありません。

ただし内容一致問題だけは、少し注意しましょう。

文章量がとても多いので、文章を読み終えてから内容一致問題を解こうとすると、どれが正解かほとんどわからない可能性があります。

そうならないように、2つか3つほどパラグラフを読むごとに、内容一致問題を解いていってください。

文章の内容がバッチリ入った状態で内容一致問題に挑めるので、正答率も上がりますし、時間も短縮できますよ。

 

明治大学商学部英語の対策&勉強法まとめ

 

明治大学商学部の英語は、なによりも基礎を固めることが大切。

基礎問題は1つも落とさないというくらいの気持ちで挑まないと、目標となる75~80%には届かないでしょう。

明治大学に合格したい、偏差値を上げたいと思うと、どうしても難しい参考書にばかり目がいきがち。

そうならないように、常に足場を固めて、じっくり丁寧に勉強していくことを心がけてくださいね。

 

>>安定して合格点を取る!最強の過去問演習法はこちら

>>明治大学商学部の英語長文が、どうしても読めない受験生はこちら

>>英語の偏差値が40から70に上がる方法、知りたくないですか?

>>60秒でできる!あなたの勉強センス診断はこちら





⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡
受験エキスパート
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。
開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。


⇒【天才?凡才?】60秒勉強センス診断はこちら!
⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら➡

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡



無料で、英語 長文の読み方を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める方法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値70.4、全国22位まで登りつめました。
その具体的な「英語 長文の読み方」を、無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。







4:30 AM