【大学受験エバースタディ】~大学受験の勉強法~

ビジュアル英文解釈part1/part2の使い方と勉強法!PDFのやり方も【東大京大レベル】


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

56秒で読めます。

ビジュアル英文解釈のハイレベルな使い方&勉強法

 

ビジュアル英文解釈の効果的な使い方と勉強法!PDFのやり方も【東大京大レベル】

 

ビジュアル英文解釈の特徴

 

そもそもなぜ「ビジュアル英文解釈」という名前なのでしょうか。

英文解釈という言葉に、「ビジュアル」という言葉がくっつくのは、なんだか不思議な感じがしますよね。

この「ビジュアル」とは、「視覚的に訴えるもの」という意味で、参考書の中で実際に講義を受けているような感覚で学んでもらおうというコンセプトがあるんです。

既に亡くなっている伊藤和夫先生の講義を、実際に受けているような感覚で学べるなんて、ありがたいですよね。

 

ビジュアル英文解釈には生徒も登場するので、楽しみながら勉強が進められます。

イラストも多く、英語を視覚的にイメージしやすくなっています。

 

ビジュアル英文解釈の一番の目的は、「英語を自信を持って読めるようにする」こと。

 

・英語をなんとなく左から右へ、フィーリングで読んでしまっている

・ちょっと英文が難しくなると、とたんに読めなくなる

英単語英文法は勉強したけれど、なぜか英文が読めない

 

こんな受験生にピッタリの参考書が、「ビジュアル英文解釈」。

「英文はこうやって読むんだ」というルールを確立して、どんな時でもそのルールに沿って英文が読めるようになります。

>>英語の偏差値が40から70に上がる方法、知りたくないですか?➡

 

ビジュアル英文解釈レベル

 

対象となる受験生のレベル

 

ビジュアル英文解釈はpart1とpart2があります。

part1に比べて、part2は大きく難易度が上がります。

 

part1⇒センター試験レベル

part2⇒難関私大・難関国公立レベル

 

part1が終わったらすぐにpart2へと移れるかというと、そうではありません。

part1を終えたらセンター試験レベルの問題をたくさん演習し、センター試験で最低でも8割以上は取れるようにしましょう。

それからpart2に取り組むことで、英語の力を最大限に引き上げられますよ。

>>あなたは天才?凡人?「勉強センス診断」はこちら

 

ビジュアル英文解釈の最強の使い方&勉強法

 

「英文を訳して、訳を確認するだけ」といった勉強法をしている人がいますが、これでは力はつきません。

英文の仕組みを深く理解して、英文の読み方が今までより良くなるようにしましょう。

そのためには、下記の手順でビジュアル英文解釈を進めていきましょう。

 

ステップ①焦点を読もう

 

まずは焦点を読んで、英文を読むうえで大切なルールをインプットしましょう。

暗記ではなく、しっかりと理解することが大切です。

英語長文を読むときに、ルールを1つ1つ思い出していたらキリがありませんよね。

深く理解することで、無意識に英文を読めるようにしなければいけないんです。

 

ステップ②例文を読もう

 

ある程度の文量がある例文が載っていますので、それをしっかりと読み込みましょう。

本当は全訳を書き出せれば一番良いですが、分量が多いのでちょっと大変です。

時間をかけても良いので、じっくり味わいながら、焦点で勉強したことも活用しながら読んでください。

そして「ここはちょっと分からないなぁ」という文には、必ずチェックをつけておきましょう。

分からないまま終わらせてしまったら、ビジュアル英文解釈に取り組んでいる意味がなくなってしまいますからね。

 

「ビジュ英を勝手に補足するブログ」さんで、ビジュアル英文解釈の例文の文構造を全て解説してくださっています。

全ての文に自分でSVOCや修飾を書き込んで、「ビジュ英を勝手に補足するブログ」さんのPDFで確認するという作業をすれば、はるかに高いレベルの力が身に付きます。

英文のルールを学ぶだけでなく、英文を1文1文読んでいく力が身に付きます。

本当におススメなので、ぜひやってみてください。

 

>>「ビジュ英を勝手に補足するブログ」さんの解説PDFはこちら

 

ステップ③研究を読もう

 

研究は例文の詳しい解説です。

ここをしっかり読みましょう。

特にチェックをつけた文については、「なぜこの訳になるのか」を論理的に理解してください。

次に同じ構造の文が出てきたときには、絶対に読めるようにしましょう。

こうして1つ1つ読める文が増えていって、英語長文を読む力が上がっていきます。

 

ステップ④例文をスラスラ読めるようにしよう

 

全訳(大意)を参考に、例文をスラスラ読めるようにしましょう。

例文をスラスラ読めるようにすると、英文のルールを無意識に理解できるレベルに上がっているので、英語長文で同じルールを使った文が出てきても、バッチリ読めるでしょう。

ビジュアル英文解釈にはたくさんの例文がありますから、全ての英文がスラスラ読めるようになったら、相当な英語力が身についています。

英語長文を読んだ時に、「あれ!?読めるようになってる!」という感動を味わえるでしょう。

 

ビジュアル英文解釈part1が終わったら??

 

まずビジュアル英文解釈part1を終えたら、センター試験で8割以上を取れるようにしましょう。

 

ステップ①英単語英熟語英文法を学ぶ

ステップ②構文を取りながら英文を読めるようにする

ステップ③センター試験の過去問を演習する

 

ビジュアル英文解釈part1を終えたら、上記の3つのステップに沿って力をつけてください。

 

ステップ①ですが、センター試験レベルに必要な知識を、しっかりとインプットしましょう。

うろ覚えの状態になってしまっていると、英語長文を読み切る時間が足りなくなってしまいます。

英単語が出てきたら瞬時に意味が出てくるように、トレーニングを重ねてください。

 

>>最速!英単語の覚え方はこちら

>>英熟語はこれで完璧!英熟語が覚えられない方はこちら

>>中学レベルから英文法マスターへ!英文法の勉強法はこちら

 

ステップ②は、英語長文を読むうえで、1文1文をしっかりと読み込むトレーニングです。

文構造を理解したうえで英語長文を読めるようになると、さらにビジュアル英文解釈part1で学んだことが活きてきます。

 

>>精読力を鍛える!1文1文を理解して、長文を読む方法はこちら

 

ステップ③は、センター試験の過去問演習です。

今まで学んだことをフル活用して、何度も過去問を解きましょう。

最終的にセンター試験で8割を安定してとれるところを目指してください。

ここまでの力が付いたら、ビジュアル英文解釈part2へ進みましょう。

 

ビジュアル英文解釈part2が終わったら??

 

ビジュアル英文解釈part2が終わったら、同じ作業をより高いレベルで行いましょう。

 

ステップ①英単語・英熟語・英文法を学ぶ

ステップ②構文を取りながら英文を読めるようにする

ステップ③志望校の過去問を演習する

 

ここまでできれば、志望校の英語でも合格点が取れるようになっているはずです。

道のりは長いですが、英語を楽しみながら学んでいってくださいね。

 

ビジュアル英文解釈の使い方&勉強法まとめ

 

・ビジュアル英文解釈は、自信を持って英文を読めるようにする参考書

・ルールを理解して、例文をスラスラ読めるようにしよう

・part1が終わったら、センター試験で8割以上取れるようにして、part2へ

 

>>英語の偏差値が40から70に上がる方法、知りたくないですか?

>>60秒でできる!あなたの勉強センス診断はこちら





⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡
大和@受験講師
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。
開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。


⇒【天才?凡才?】60秒勉強センス診断はこちら!
⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら➡

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡



無料で、英語 長文の読み方を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める方法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値70.4、全国22位まで登りつめました。
その具体的な「英語 長文の読み方」を、無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。







8:35 AM