基本からわかる英語リーディング教本のハイレベルな使い方&勉強法






基本からわかる英語リーディング教本の使い方&勉強法

 

基本からわかる英語リーディング教本

基本からわかる英語リーディング教本の特徴

 

基本からわかる英語リーディング教本は英文法英単語英熟語などを、英文読解に活かす、いわば懸け橋となる参考書です。

暗記事項を吸収しただけでは、まだ「感覚的」にしか英文を読めていません。

それを「論理的」に読めるようにしていくためにあるのが基本からわかる英語リーディング教本です。

 

基本からわかる英語リーディング教本のレベル

 

英文読解への架け橋となる参考書なので、英文法英単語英熟語などの暗記事項は一定のレベルまで吸収してから取り組んでください。

ある程度暗記事項は勉強したはずなのに、英語長文が読めないんだよなぁ・・・

という受験生にぴったりの参考書です。

具体的に言えば、センター試験レベル以上の英語長文がうまく読めない受験生向けです。

 

基本からわかる英語リーディング教本の使い方&勉強法

 

どんなに素晴らしい参考書を使っても、使い方と勉強法が間違っていると逆効果になってしまうこともあります。

限りある時間を無駄にしないために、基本からわかる英語リーディング教本の正しい使い方と勉強法をお伝えします。

 

1文1文を読めるようにする使い方&勉強法

 

まず英語長文が読めるようになるためには、1文1文を読めるようにする必要があります。

そこでSVOCM(文構造)といった基本的な分構造を理解していきましょう。

テキストに沿って例題を解いていくわけですが、一番初めに例文にSVOCM(文構造)を振ってください。

自分の手で振る作業はもちろん大変ですが、この作業が最も重要です。

目で見て「わかったつもり」になってしまうことは非常に危険です。

 

そして自分で振った文構造が間違っていないかも含めて、解説をじっくりと読んでください。

あくまで英語長文が読めるようになること」がゴールであるという事を忘れてはいけません。

このゴールのために自分が基本からわかる英語リーディング教本でどのように勉強しなければいけないかを考えながら進めていってください。

>>浪人する人は必見!私が自宅浪人で早稲田大学に合格した話

 

英文法力を読解力へと進化させる使い方&勉強法

 

今まである程度英文法を勉強してきたと思いますが、あくまで英文法単体の勉強になってしまっていたはずです。

文法問題にはそれなりに答えられるけど、長文を読んでいて活かされている感じがしない。

という悩みは多くの受験生が抱えています。

ここを乗り越えられるかどうかが、難関大学に合格する受験生と落ちる受験生の差になってきます。

 

基本からわかる英語リーディング教本の中に出てくる英文法の解説は、英文を読むための英文法力をつけるために書かれています。

ですので一読して終わらせるのではなく、解説を読んで理解したらもう一度例題を解きなおしてください。

その際に解説の内容が読解に活きていることを意識しながら解いてください。

そうすると英文法力が少しずつ読解力へと進化していきます。

 

基本からわかる英語リーディング教本が終わったら?

 

基本からわかる英語リーディング教本が完璧になり、1文1文の英文が読める感覚が身についてきたら、長文読解へと進みます。

ただし難しい英語長文に手を付けてもまだ読めません。

ですのでセンター試験の英語長文を読んでみてください。

解く必要はないので初めはゆっくり、構造を理解しながら1文1文を全訳して読み進めていってください。

そうすると「読める!」という感覚が沸いてきます。

後はこのスピードを上げていけば良いのです。

 

基本からわかる英語リーディング教本の使い方&勉強法まとめ

 

基本からわかる英語リーディング教本を完璧に勉強し、長文読解に活かせるようになればセンターレベルの英語長文はかなりスムーズに読めるようになります。

それ以上に難しい英語長文は、更に「推測力」が必要になります。

 

・1文1文は読めているんだけど、文全体の趣旨が分からない

・難しい英単語や構文が出てきて、訳せなくなってくる

・文構造も難しくなり、SVOCMが振れなくなってくる

 

早稲田慶應MARCH・難関国公立の長文を読んでいるとこういった悩みが出てくるようになります。

私の「英語長文専用勉強法」にはこれらを克服し、難関大学の英語長文を乗り越えるポイントを記載しています。

もちろんゼロから、まずはセンター試験レベルの英語長文が読めるようになる勉強法も詳しく書いています。

興味のある方は是非参考にしてみてください。

 

>>英語長文専用勉強法の詳細はこちら


⇒センター試験が廃止!共通テストの英語はここが変わる

⇒浪人する人は必見!私が宅浪で早稲田大学に合格した話

⇒【1カ月で】英語の偏差値が30上がった勉強法はこちら

⇒早稲田大学の合格者が語る!最強の英語の勉強法はこちら


>>浪人生は必見!宅浪で早稲田大学に合格した話


>>早稲田大学の合格者が語る!最強の英語の勉強法はこちら

受験エキスパート
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。 英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。 浪人期に図書館にこもって研究し、 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発券し、偏差値を73まで上げ、早稲田大学に合格。 通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。 自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。 開発した「独自の英語長文読解法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。 大学入学共通テストや英検、TEAPの対策法も研究し、無料で公開している。


⇒知らなきゃマズい!新しい英語の勉強法はこちら



























センター試験廃止で、全ての大問が英語長文に変更!


旧センター試験が廃止され、大学入学共通テストでは全ての問題が英語の文章を読む問題に変わりました!


模試や過去問を解いても、英語の長文が全然読めない・・・。
英語長文の重要度がさらに上がった今、長文を攻略できなければ志望校には合格できないといっても過言ではありません。

私が受験生の時に、1ヶ月で英語長文をスラスラ読めるようにしたトレーニング方法をお伝えしています!
1ヶ月で40前後だった偏差値が、70を超えるようになり、模試の全国ランキングにも掲載されました。
その勉強法を詳しく解説しています!
勉強や受験に関する相談も受け付けています!



Copyright© 大学受験の偏差値上がる勉強法 , 2020 All Rights Reserved.