【大学受験エバースタディ】~大学受験の勉強法~

大学別英語の対策と勉強法

【経済学部英語】青山学院大学経済学部の英語の傾向と対策と参考書勉強法


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

317秒で読めます。

青山学院大学経済学部の英語の対策&勉強法

 

 

青山学院大学はMARCHの一角を担う有名大学です。

文系キャンパスが都心に位置することもあり、非常に倍率が高くなています。

 

そして、「英語の青山」と言われるように、英語の難易度はMARCHの中でもトップレベルです。

基本的に英語は他の教科と比べて配点が1.5倍になっているので、難易度の高い英語を攻略できなければ、青学に合格することはまず無理だと言えます。

なので、この記事では、青山学院大学経済学部の英語を徹底的に分析します。

 

偏差値が足りなくても、徹底的に対策をすれば、合格ラインに滑り込める可能性は十分にあります。

しっかりと読んで、明日からの勉強につなげてください。

 

青山学院大学経済学部の対策&勉強法はこれ!

 

青山学院大学経済学部の英語は

長文1題

文法3題

会話1題

の計5題で構成されています。

制限時間は90分です。

 

時間配分は、

大問1…30分

大問2…10分

大問3…10分

大問4…20分

大問5…10分

見直し…10分

この時間配分がオーソドックスです。

時間には比較的余裕があります。

 

>>【たった1カ月で】難関国公立・早慶の英語長文がスラスラ読めるテクニックはこちら

 

大問1の対策用参考書と勉強法

 

英語長文は、さほど難易度は高くなく、時間にも余裕があります。

なので、正確に読んでいく力をつけておくことが大切になります。

 

そのために、「レベル別英語長文問題集」や「英語長文ハイパートレーニング」などの構文が詳しく解説してある問題集を使い、正確に構文が取れるようにしてください。

そうすれば、配点の高い英文和訳問題もしっかりと得点できるので、特別に対策する必要もありません。

必ず構文を把握しながら読んでいくことを忘れずに長文演習をしていれば、青学経済の長文は得点源にできるのです。

 

語彙問題は、非常にレベルが高いです。

知っていれば正解できるし、知らなければアウトです。

絶対にとれないような問題もいくつかあるので、ひたすら語彙力を上げるのは、全体的に見れば、非常に効率の悪い勉強です。

10問中7問取れれば大丈夫なので、システム英単語の3章+多義語までを完璧にしておけばバッチリです。

配点の低い問題の対策に時間をかけすぎないように注意しましょう。

 

大問2の対策用参考書と勉強法

 

大問2は英熟語の問題です。

こちらも英熟語の暗記に追われて、配点の高い大問をおろそかにしないようにすることが大切です。

速読英熟語は重要な英熟語のみが掲載されているので、1冊完璧にしておけば、この大問は大丈夫です。

他の熟語帳は出題頻度が非常に低いものも掲載されているので、効率が良いとは言えません。

 

大問3の対策用参考書と勉強法

 

この大問は、難問・悪問が非常に多く、時間をかけて対策をするのは時間の無駄だと言えます。

これまでの対策で勉強した語彙力で対応できないものについては、捨てて構いません。

対策できる参考書はないので、過去問を何度も解き、この大問に慣れることが一番の対策になります。

 

大問4の対策用参考書と勉強法

 

大問4は会話問題ですが、聞かれるのは会話の定型句ではありません。

なので、ここまでの対策がしっかりできていれば、新たに参考書を加えて対策する必要はないです。

会話問題は、シチュエーションを頭の中で思い浮かべながら、話を追っていくことが大切です。

そういった意識をもって何度も過去問を解くことが、この大問を攻略するカギになります。

 

大問5の対策用参考書と勉強法

 

大問5は整序問題です。

ここで問われるのは、語彙力に加え、「英文法」・「英語構文」の理解です。

 

まず初めに「なぜがわかる英文法の授業」で英文法を理解してください。

 

その次に、「NextStage」の文法の部分を解いてください。

その際に、定型句が問われるので、右ページもなるべく覚えるようにすることが大切です。

 

そして、「英語整序問題精選600」を解き、整序問題のコツをつかんでください。

(定型句は先にまとめて選択肢を減らす、先にSVOCなどの骨格を決めるなど)

 

最後に、過去問演習で青学経済の形式に慣れれば、この大問は完璧です。

 

青学経済学部対策と勉強法まとめ

 

ここまでの対策をしっかりしておけば、多少偏差値が足りなくても合格の可能性は十分にあります。

まずは今日から、この記事の内容を頭に入れて勉強を進めることで、青学合格がグッと近づきます。

一歩一歩確実に、合格へ近づくための勉強を続けていきましょう!

大和@受験講師
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で
誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法
を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。

開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。

人気記事一覧

人気記事一覧

⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら



無料で、英語 長文の読み方を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める方法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値77.7、全国4位まで登りつめました。
その具体的な「英語 長文の読み方」を、無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。













人気記事一覧