超効率大学受験独学勉強法まとめブログ

人気記事 大学受験全般のアドバイス

【赤本の使い方】最強の復習ノートの作り方!いつから、何年分解く?

投稿日:2017年5月12日 更新日:


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

448秒で読めます。

赤本で志望校合格!使い方と復習ノートの作り方

赤本の使い方と復習ノートの作り方!いつから、何年分解く?

 

赤本ってなに??

 

赤本は教学社という会社が出版している、各大学の学部別・学科別の入試過去問題の事です。

大学の入試問題は、その大学に所属している教授が作成する傾向にあります。

基本的には同じ教授が、毎年問題の作成に携わります。

同じ人間が問題を作るからこそ、同じパターンの問題が出題されやすいです。

そのため赤本を解いていくと、問題の出題傾向や求められるレベルが見えてきます。

 

そして過去に出題されたのと同じような問題が、もう一度出題されるということも珍しくありません。

つまり赤本は受験生にとって、宝の山なのです。

やればやるほど問題形式に慣れていき、点数が取れるようになっていくのです。

 

赤本と青本の違いってあるの?どっちが良いの? Q.赤本と青本って違いはあるんですか?使うならどっちが良いですか? A.青本の方が解説が詳しいことが多いです。

 

志望校に合格するための、赤本の使い方

 

赤本の使い方①まずは最新の過去問に目を通す

 

受験勉強を始める前に、まずは志望校の最新の過去問に目を通しましょう。

この時はまだ解く必要はありません。

「志望校はこういう問題を出してくるんだな」というのを知ることで、ゴールが定まります。

 

例えば単語を書かせる問題が出題されないのであれば、単語を覚える際にスペルまで覚える必要はありません。

発音・アクセント問題が出題されないのであれば、発音記号に気を配らなくてOKですね。

このように、ゴールが定まっていると、必要な勉強だけに集中できるので、点数が上がりやすくなります。

そして何を勉強すれば良いかが明確になるので、勉強に迷いもなくなるでしょう。

 

赤本の使い方②試験本番と同じように解く

 

過去問の量は限られているため、1年分も無駄にできません。

試験本番と同じような気持ちで、そして自習室など集中できる場所で取り組みましょう。

勘に頼ったり、消去法を使ったりしても構いません。

1点でも多く点数を取るために、死に物狂いで問題を解いていきましょう。

 

赤本の使い方③合格最低点との差を知る

 

赤本には基本的に、合格最低点が掲載されています。

この点数に到達するためには、あと何が足りないのか。

どの部分に注力して勉強すれば、より点数が上がるかを考えましょう。

 

例えば合格最低点から50点も離れているのに、必死で漢字を勉強しても、絶対にその差は埋められません。

しかし英語長文を勉強すれば、50点以上、点数をあげられるかもしれません。

合格最低点に到達するためには、どこに重点を置いて勉強するべきか、必ず分析しましょう。

 

また基本的に、赤本に掲載されている合格最低点は、調整されているため若干低くなっていることが多いです。

真相は大学側しか知りませんが、今までの経験上、実際の合格最低点は、赤本の合格最低点よりも5%程度高い傾向にあります。

そのため、赤本の合格最低点より10%高い点数を取ることを目標にしていきましょう。

 

早稲田大学の得点調整・成績標準化の【計算式】を公開! 早稲田大学の受験生は、都市伝説のごとく、「得点調整」、「成績標準化」の噂を口にします。 ・早稲

 

赤本の使い方④復習ノートを作る

 

赤本を解いたら必ず、復習ノートを書きましょう。

復習ノートに書き込むポイントは2つです。

 

①覚えていなかった知識

②知らなかった解き方

 

この2つを必ずノートに書き込んでください。

例えば①の知らなかった知識は、特定の英単語を覚えていなくて問題が解けなかったパターンなどです。

この際には、その英単語を忘れないように、書き込んでおきます。

 

この時に大切なのは、「どうすればその知識を覚えておけたか」を考えることです。

特定の英単語を知らなかったのは結果であり、その原因は「難しい英単語を勉強していなかったから」、「覚えたはずの英単語が抜けてしまっていたから」というところにあります。

なのでその特定の英単語を覚えたからと言って、原因は一切解決されないのです。

だからこそ、その特定の英単語に目を向けるのではなく、「どうすればその知識を覚えておけたか」という原因を解決しなければいけないのです。

 

②の知らなかった解き方は、知識は頭に入っていたけれど、解き方を知らなかったパターンです。

例えば英文の中から不要文を削除する問題で、どれがいらない文かわからないとき。

基本的に不要文を削除する問題は、文章を読んでいく中で感じた「違和感」を手掛かりに解いていきます。

この「違和感」を感じた部分が、不要文である可能性が高いのです。

解き方を覚えることで、次回からは同じミスをしないようになります。

 

「覚えていなかった知識」と「知らなかった解き方」を復習ノートに書き込み、自分に足りないところをどんどん埋めていきましょう。

この作業を繰り返せば繰り返すほど、必ず点数は上がっていきます。

 

赤本の使い方⑤赤本を解く前に、必ず復習ノートを見る

 

赤本の復習ノートには、自分の足りない部分が山ほど書かれています。

この復習ノートを、赤本を解く前に見て、まだ足りない部分があったら赤本に取り組んではいけません。

自分に足りないところを全て埋めてから、新しい過去問を解きましょう。

そうするとまた新たに弱点が出てきますから、またその穴を埋め、再度赤本に挑みます。

この作業を繰り返すことで、出てくる弱点が少しずつ少なくなっています。

合格率が高くなっている証拠ですね。

 

赤本は何年分解けばいいの??

 

赤本は1年分でも多く解きましょう。

なぜならここまでで説明してきた通り、自分の弱点を知り、その弱点を埋めていかなければいけないからです。

この作業が1年でも多ければ、それだけ自分の弱点は少なくなるわけです。

何年分解けばよいなんてありません。

少しでも多く解きましょう。

 

また志望順位の高い大学は、他学部の過去問も解くことをオススメします。

学部間で問題が使いまわされることは珍しくありませんから、他学部の過去問を解くことで、志望学部の点数も上がります。

また同じ大学の問題は、学部が違ってもレベルや傾向が似ていることが多いです。

他学部の過去問を解き、その学部も併願で受験すれば、志望大学に合格できる確率はグッと上がりますよ。

 

赤本はいつから解けばいいの??

 

赤本を解くのは、合格最低点から、マイナス20%程度の点数が取れるようになってからです。

それまでは赤本と戦う、戦わない以前に、基本的な力が身についていません。

合格最低点から、マイナス20%程度の点数が取れるようになるまでは、基礎固めを徹底しましょう。

そうでないと何度赤本を解いても点数が安定せず、合格点は取れません。

赤本を全て解ききってしまった段階で、合格点が取れないとなると、もう打つ手がなくなってしまいます。

そうならないためにも、実力がしっかりと身についてから、赤本に取り組みましょう。

 

センター試験を受けないのもOK。私大志望がセンターを受ける意味 私大に行きたいなら、センター試験って、受けなくてもいいんじゃないかな?? でも周りのみんなは
センター英語の時間配分!解き終わらないなら時間配分を見直そう Q.センター試験の英語が解き終わりません。どうすれば良いですか? センター試験の英語は80分で

 

大和@受験講師

現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で
誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法
を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。

開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。

人気記事一覧

人気記事一覧

⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら



無料で、英語 長文が読める勉強法を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める勉強法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値77.7、全国4位まで登りつめました。
その具体的な勉強法を、100名限定・無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。













-人気記事, 大学受験全般のアドバイス
-, ,

人気記事一覧