【大学受験エバースタディ】~大学受験の勉強法~

【東北大学の英語】対策&勉強法!傾向や難易度も。難しい英作文も参考書で対策


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

317秒で読めます。

東北大学の英語で合格点を取る対策&勉強法

 

東北大英語

 

東北大学英語の傾向と難易度

 

東北大学の英語は基本的に、長文2題、会話1題、和文英訳1題の合計4題。

制限時間は100分なので、時間にはいくらか余裕があるでしょう。

記述問題がとても多く、「自分で考える力」が求められています。

深く理解し、考えて答えなければいけないので、国公立大学の中でもレベルの高い問題です。

 

文学部、法学部、経済学部、教育学部、

理学部、工学部、医学部、歯学部、薬学部、農学部

とたくさんの学部がありますが、どの学部も問題は共通です。

 

東北大学英語の対策&勉強法

 

大問1,2:長文の対策法

 

東北大学の英語長文を攻略するためには、1文1文をしっかりと精読しつつ、文章全体も理解していかなければいけません。

そうすれば和訳問題、内容理解問題の両方に答えられるようになります。

精読力をつけ、1文1文をしっかりと理解できるようにするためには、文構造を理解する必要があります。

「なんとなく」英文を読んでいるうちは、読めるようになりません。

詳しいトレーニング方法については、「精読力を鍛える!スラッシュリーディングのやり方」をご覧ください。

 

精読力が身についたら、今度は文章全体を理解していく力を身につけましょう。

具体的には、「文章全体の流れ」と「筆者の主張(文章の要点)」をとらえることです。

東北大学の設問は、自分で深く考えて答えなければいけないようになっているので、文章をしっかりと理解しなければいけないんです。

トレーニング方法は、「論理展開を追う!パラグラフリーディングのやり方」をご覧ください。

文章の流れを理解しながら読めれば、東北大学で頻出の指示語問題にも答えられるようになりますよ。

 

会話問題の対策&勉強法

 

東北大学の英語では、かなりの文量がある会話文が出題されます。

全体の4分の1ほどの配点が与えられている、重要な大問です。

ただし会話文自体の難易度はさほど高くなく、必要以上に会話文の対策をする必要はありません。

大切なのは、会話文に慣れておくこと。

東北大学の会話文は長いですから、流れについていかなければいけません。

「会話を実際に隣で聴いているようなイメージで読む」と、内容が頭に入りやすくなります。

「どこで、誰が、どんな雰囲気で」話しているのかを、リアルに想像して、楽しみながら読むクセをつけてくださいね。

 

会話問題の最後に英作文が出題されることが多いですが、文を読み始める前に、必ずチェックしましょう。

先に「英作文で何を問われるか」を頭に入れてから文章を読んでいくことで、英作文にかかる時間を短縮するためです。

 

内容一致問題は、たくさんの選択肢が用意されています。

細かい部分を示している選択肢も多いので、会話文を読み終わってから解こうとすると、また何度も読み直しをしなければいけなくなってしまうでしょう。

そうならないように、会話文を大まかに3等分して、3分の1読むごとに、選択肢に目を通してください。

その際に正解・不正解が分かる選択肢にはチェックをつけておけば、読み終わったころには何個かしか選択肢が残っていないはずです。

正答率も上がりますし、時間の短縮にもなりますよ。

 

大問4:英訳問題(英作文)の対策法

 

大問4は、日本語で書かれた文章の一部を、英語に直させる問題が出題されることが多いです。

英語に直すためにはまず、日本語での意味を完全に理解しなければいけません。

下線部の前後だけを読むのではなく、最初に日本語の文をすべて読んでください。

そして下線部を、自分で書ける単語や構文に置き換えてから、英文に直しましょう。

 

トレーニング方法は3ステップ。

①基本的な単語・熟語は書けるようにする

②とにかくたくさん例文を覚え、頻出の構文をインプットする

③英作文の問題をたくさん解く

 

特に大切なのは、例文をたくさん覚えること。

英作文で問われる「英文の型」はある程度決まっているので、型を詰め込んでおけば、あとはそれを頭から取り出すだけです。

英作文の詳しい対策法は、「例文暗記がカギ!英作文の勉強法」をご覧ください。

 

また名古屋大学では、東北大学と同じ形式の英訳問題が出題されています。

良い練習になるので、ぜひ使ってくださいね。

 

東北大学の英語の対策&勉強法まとめ

 

東北大学の英語は、英語を正しく理解し、なおかつ自分で考える力が必要になります。

点数を稼ぐための勉強ではなく、英語力と思考力を鍛えていくことが大切なんです。

鍛え上げた力は、受験が終わってからも大きな武器になりますよ。

 

>>安定して合格点を取る!最強の過去問演習法はこちら

>>東北大学の英語長文が、どうしても読めない受験生はこちら

 



⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら




大和@受験講師
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。
開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。
⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら



無料で、英語 長文の読み方を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める方法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値77.7、全国4位まで登りつめました。
その具体的な「英語 長文の読み方」を、無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。










10:53 AM