【理工学部合格勉強法】早稲田大学理工学部の英語の傾向と対策!


⇒【天才?凡才?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で習得】難関大学の英語長文がスラスラ読める読解法はこちら


この記事は410秒で読めます。

早稲田大学理工学部の英語で8割を取る勉強法

 

早稲田大学理工学部英語

 

早稲田大学理工学部の英語の特徴

 

試験時間は90分、大問は例年5つで配点は120点となっています。

問題は基幹・創造・先進に共通です。

また問題文も含めて全文英語となっています。

 

長文を主軸として小設問で文法や単語を問うような、英語の総合力を試される問題となっています。

長文のレベル自体は難しい訳ではありませんが、理工学部専用の問題ながらも理系分野のみならず、文系寄りの文章を読まされることもあり、多くの種類の英文を読み慣れていることが必要となってきます。

 

また上記のように問題文も英文になっていることに加え、少し変わった回答形式を求められる問題が出題される傾向があるため、早大受験生にとって過去問演習の重要性が高いことも特徴の一つです。

2ページ以上に渡る超長文が出題される傾向にはありませんが、問題文も含めて90分という試験時間中に読みこなす量としては少々多めであるので、しっかりと長文の速読力や読解力をつける必要があるでしょう。

 

文法や単語が問われる傾向にありますが、レベルとしては標準であるため他の受験生と差がつかないように磐石な文法・単語基礎力をつける必要があります。

 

早稲田大学理工学部の英語の勉強法

 

「長文読解演習に比重を置きつつ文法・単語力を適宜補っていく」という方針を念頭に置いて勉強を進めていきましょう。

 

受験勉強のとっかかりとして、まずは英語読解の基礎となる文法・語法力や単語力をつけていくのが良いです。

文法・語法は大学入試英語頻出問題総演習(英頻)やNext Stage英文法・語法問題といった問題集とForest総合英語といった参考書を併用して勉強を進めていくのがいいでしょう。

上記の問題集には入試において基本的かつ頻出である表現が詰まっています。

見知らぬ問題に出くわしたら、例文ごと覚えて身につけるようにしていきましょう。

文法事項の抜けは長文対策を行う際に後々致命的になってきます。

疑問点やわからない点は即座に参考書でもって確認しつつ問題をこなしていきましょう。

 

単語の暗記には速読英単語やシステム英単語といった単語と一緒に例文が記載されているものを必ず使うようにしましょう。

意味だけではなく、文章でもって確認することで定着力が増す為です。

派生語や対義語、類義語を同時に抑えることで飛躍的に単語習得量が増します。

単語暗記時にはこれらも辞書等で確認する癖をつけましょう。

 

上記の文法・単語の勉強に関して共通して言えることは、「必ず24時間以内に復習を行う」ということです。

新しい単語や表現を一度は覚えても、時間が経つことで必ず一定量は忘れてしまいます。

折角かけた暗記の時間を無駄にはしないように、何度も復習を行って記憶への定着をさせていきましょう。

 

文法や単語に同時並行して長文対策を行いましょう。

長文読解力をつけるには、まずは長文に対する苦手意識を取り去り、慣れることが必要です。

毎日色々な分野の英文を読む習慣をつけましょう。

 

洋書でも構いませんが、出来るならNewYork Timesといった、「文章がある程度長い」「様々な分野の文章が読める」「文章数が兎に角豊富」といったものを、基礎的な長文問題集に加えて教材として活用することが良いですね。

全文和訳若しくは要旨文が存在するものがベストです。

早大理工では物語文が出題される傾向が見られないため、なるべく評論形式の文章を読みこなしていくことが推奨されます。

 

長文を読む際に、以下のポイントに注意していきましょう。

・辞書をなるべく引かない

 

これは早稲田理工合格のための必須の力である文脈推察力を養うためです。

わからない単語や表現が出てきた時に、前後の文脈からこの文はどういう意味であるのかを自分で考えて文章を読んでみましょう。

文中の単語意味推定問題が出題される上に頼りになる注が殆どない早大入試では必須となる力です。

次第に知らない単語が出てきた時でもそこで読み止めてしまわずに、文脈を読み取ることで文章全体として意味を把握できるようになってきます。

この力は、次の速読力と合わさって時間が限られた上辞書が傍にない受験本番では絶大な力を発揮します。

 

・時間を計って読む

 

文章をいかに早く読めるかという速読力を養えます。

この時間内に無理矢理読み切るということはせず、自分がこの文章を読むのにどれぐらいの時間をかけかけているのか?を正確に把握出来るようにしましょう。

読了後、自分の頭の中でこの文章どんなことについて述べていたのか、という要旨を組み立てることを必ず行いましょう。

文章全体の流れを把握する力がつく上、英文をただ眺める時間にしなくて済みます。

 

一通り読み終えた後は辞書や文法書をつかって分からなかった表現や文をじっくりと読み解いてみましょう。

分からなかった部分は英文をノートに書き写し、辞書等で調べたことを書き込んでおくと後々復習する時に非常に便利です。

 

ある程度長文が読みこなせてきたら、必修英語長文問題精講などの問題集や早大模試で実戦形式の長文問題を解いていきましょう。

文章の流れが掴めれば、読解問題を解くことはそこまで難しくはないはずです。

この頃から決められた、若しくは自分で決めた時間に従って長文問題を解くように心がけてみましょう。

答え合せの際には和訳や要旨を読み、必ず自分が正しく文章の流れが追えていたかを確認するようにしましょう。

問題を間違えた場合、何かしらの文意を取り違えている場合が多いです。もう一度読み直し、意味を取り違えた文を復習するようにしましょう。

 

過去問演習を徹底して行う

 

受験間近になったら過去問演習を行いましょう。

早大英語がどんなレベルでどんな形式の問題が出る傾向にあるのか把握し、時間配分を決めるだけでも本番で精神的余裕が生まれてきます。

最低でも英語で書かれた問題文を一目見ただけでどのようなことが問われているのかわかるようにして本番に臨みたいですね。

早大の英語は癖があり、対策するには早大理工の過去問を解くのが一番良いですが、時間的に余裕がある場合他学部の英語や慶大薬学部の過去問を解き、演習としても良いかもしれません。

⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら


⇒【天才?凡才?】勉強センス診断はこちら


⇒【1カ月で習得】難関大学の英語長文がスラスラ読める読解法はこちら


大和@受験講師

投稿者の記事一覧

現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で
誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法
を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。

開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。

関連記事

  1. 【法学部英語】神戸大学法学部の英語で8割を超える勉強法
  2. 【社会学部英語】法政大学社会学部の英語の傾向と対策用参考書
  3. 【理工学部英語】明治大学理工学部の英語の傾向と対策&勉強法
  4. 駒澤大学グローバル・メディア・スタディーズ学部の評判!英語の傾向…
  5. 【理工学部攻略】慶應義塾大学理工学部の英語の傾向と対策&勉強法
  6. 【九大法学部英語】九州大学法学部の英語の傾向と対策&勉強法
  7. 【京大理学部英語】京都大学理学部の英語のハイレベルな対策&勉強法…
  8. 【経営学部英語】横浜国立大学経営学部の英語・総合問題の傾向と対策…

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

ピックアップ記事

ピックアップ記事

ピックアップ記事

ピックアップ記事

ピックアップ記事




各大学で8割を超える対策法!

志望校の過去問を徹底分析した最強の対策法を伝授!これで8割越えは間違いなし!狙え特待生!

各教科で偏差値70を超える勉強法!

文系科目も理系科目も、全ての教科で偏差値70超えを目指す!勉強法から参考書の使い方まで!

不安スッキリ!大学受験Q&A!

受験に対する悩みや不安をスッキリ解決!これで受験勉強に集中できる!