超効率大学受験独学勉強法まとめブログ

【校風や違い】どっち?早稲田慶應W合格を狙ってはいけない!


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

131秒で読めます。

早稲田、慶応のW合格は狙えるのか?

 

早稲田大学と慶應義塾大学を両方狙っている受験生は意外と多いです。

実際、早稲田大学と慶應義塾大学をダブル合格する受験生もいます。

その結果として、自分の本当に行きたい大学を選んで、進学できるわけです。

しかし、早稲田大学と慶應義塾大学にダブル合格出来る受験生など、本当に一握りです。

 

>>【たった1カ月で】難関国公立・早慶の英語長文がスラスラ読めるテクニックはこちら

 

早稲田、慶応のW合格が難しいのはなぜか?

 

なぜなら、早稲田と慶應では、受験科目から大きく変わってくるからです。

文系であれば、早稲田の場合は国語であるのに対し、慶應は小論文です。

早稲田の国語は現代文・古文・漢文全てが私大最高峰の難易度を誇り、片手間の対策で太刀打ちできるようなものではありません。

その分、慶應大学は小論文1つであるため、対策にかける時間は少なくなります。

だからと言って、慶應大学が簡単であるかといえば、もちろんそんなことはありません。

慶應は実質2教科勝負となる為、英語と選択科目で要求される力が早稲田よりも高くなります。

当然、仮に早稲田と慶應にダブル合格したとしても、実際に進学できるのはどちらか1つです。

 

早稲田、慶応のW受験の意味とは?

 

文系は学部・学科が多く、何度も入試のチャンスがあるのに、ダブル受験をする意味は果たしてあるのでしょうか?

どちらか1つの大学に絞って、その大学に特化した勉強をしたほうが、早慶合格率は間違いなく高いです

 

しかし、理系の場合は、やや状況が異なります。

早稲田も慶應も理工系の学部の入試は1回限りです。

そのため、この1回の入試でこけてしまうと、早慶には合格できなくなってしまいます。

少しでもチャンスを増やす為に、理系の受験生は、ダブル受験をするのも1つの手だと思います。

理系は入試科目もほぼ同じですので、ダブル受験をすることで、早慶への合格率をあげることが出来ます。

 

まとめると

 文系は早稲田か慶應のどちらかに絞る

理系はダブル受験

をすることで、早慶への合格率がグッと上昇します。

常に「どうしたら志望校への合格率が上がるか」を考えながら、勉強に励んでください。

現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で
誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法
を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。

開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。

⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら



無料で、英語 長文が読める勉強法を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める勉強法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値77.7、全国4位まで登りつめました。
その具体的な勉強法を、100名限定・無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。













-大学受験全般のアドバイス

合わせて読みたい記事!



⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら