超効率大学受験独学勉強法まとめブログ

ビジュアル英文解釈の効果的な使い方と勉強法!PDFのやり方も【東大京大レベル】


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

257秒で読めます。

ビジュアル英文解釈で東大京大レベルを目指す使い方&勉強法

 

ビジュアル英文解釈

ビジュアル英文解釈の特徴

 

ビジュアル英文解釈の形式は

最初に焦点をまとめ、それに沿った問題を解く。最後に架空の生徒を交えながらミスをしやすい場所を見直していく。

といった初学者にも親しみやすい参考書になっています。

 

この参考書の特徴は名前の通りです。

様々な絵を載せ、イメージしやすくしてくれているのが特徴になります。

はしがきの一文を拝借すると『授業が見える』といったコンセプトがあるようです。

つまり、英語を「視覚的にとらえよう」としたのがこの参考書になります。

 

また、何より凄いのは「英語の考え方」を一変させるところにあります。

この参考書では『英語は左から右へ、上から下へ』と言っています。

帰り読みなんて言語道断!

そういった間違えた英語の勉強をしていると、高みを目指せないと言う注意喚起も乗っているので、スランプ気味の方にもオススメの参考書でしょう。
>>【たった1カ月で】難関国公立・早慶の英語長文がスラスラ読めるテクニックはこちら

 

ビジュアル英文解釈レベル

 

対象となる受験生のレベル

 

ビジュアル英文解釈はpart1とpart2がありますが、二つの対象とするレベルにかい離があるため、気をつけましょう。

それぞれの対象としている受験生は次のようになります。

 

part1⇒偏差値45~55

part2⇒偏差値60以上

 

続編だからと言って、part1が終わったらすぐにpart2へと移ると、かえって効率の悪い勉強法になってしまいます。

part1を終えたら更に学力を伸ばし、part2に移るといった使い方をしましょう。

 

到達レベル

 

ビジュアル英文解釈の到達レベルは、part1・part2それぞれ以下の通りです。

 

part1⇒センター8割、MARCH

part2⇒早慶、上智、上位国立、医学部

 

つまり、ビジュアル英文解釈を通して使用することで、ここまでの幅広いレベルに対応しているわけです。

part2まで正しい使い方と勉強法でしっかりと完璧にすれば、早慶・難関国公立レベルの英文読解力が身につきます。

 

ビジュアル英文解釈の最強の使い方&勉強法

 

ビジュアル英文解釈は暗記するようなものではなく、あくまでも『理解』を促す参考書になります。

時々、「英文を訳して、英訳で確認するだけ」といった勉強法をしている人がいますが、これはとても効率が悪いです。

ここで推奨する効率の良い使い方と勉強法は次のようになります。

 

・一周目は英文をコピーして全訳してみる。<研究>は熟読すること。
・二周目から黙読で英文を訳す。全部訳せても、もう一度<研究>を確認。
・三周目からは流し見で、つっかえた部分だけ<研究>を確認。

 

最終的に、全ての文章をスラスラ訳せるようになり、なおかつ研究の知識が自分のものになっていればよいわけです。

一周目でちんぷんかんぷんだったとしても、最終的に完璧になっていれば大丈夫です。

勉強する際は「絶対に理解する」といった意気込みを忘れないでください。

 

ビジュアル英文解釈が終わったら??

 

冒頭でお伝えしたように、ビジュアル英文解釈はpart1とpart2に分かれています。

part1とpart2の間には大きなレベルの差があるので、part1を終えたら新たに2冊の参考書を追加することをオススメします。

それらの参考書で実力を引き上げてから、part2へと進んでいくという使い方を心がけましょう。

 

英単語帳

 

単語帳なの?と疑問を抱いた人も多いでしょうが、part2では文法のレベルも上がりましたが何より英単語のレベルが上がっているからなんです。

知らない形容詞がいっぱいの状態では効率の悪い勉強法になってしまいます。

上手く繋げるためには、高いレベルの英単語を吸収してからのほうが良いです。

 

英文読解の透視図

 

本当に高度な英文を取り扱っている参考書になるため、東大・京大を目指さない限り、必要ないかと思われます。

多くの方は、part2を終えた時点で、長文問題集や過去問に移行してみてください。

ただ、どうしても東大と言った最難関大学に行きたい場合、英文読解の透視図をお勧めします。

現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で
誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法
を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。

開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。

⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら



無料で、英語 長文が読める勉強法を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める勉強法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値77.7、全国4位まで登りつめました。
その具体的な勉強法を、100名限定・無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。













-大学受験 英語長文の対策と勉強法

合わせて読みたい記事!



⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら