上智大学総合人間科学部社会福祉学科の英語の傾向と対策&勉強法


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら


⇒【天才?凡人?】3分勉強センス診断はこちら


この記事は322秒で読めます。

上智大学総合人間科学部 社会福祉学科の英語で8割を超えよう

 

上智大学総合人間科学部社会福祉学科英語

 

上智大学総合人間科学部社会福祉学科の英語の全体像

 

全体の基本情報

・時間 90分

・解答方式 マークシート式

・大問数8~10、小問数75程度

 

【近年の出題傾向】

 

大問数が例年は8題程度のところ、2016年度は10題と増加しましたが、小問数(総解答数)でみると例年と同じ75問となっています。

大問の種類を見ると、2016年度では長文読解問題が5題、会話文問題が3題、文法語法・語い問題が2題となっており、長文読解に重きがおかれています。

英文の量、問題数とも非常に多く、時間内に完答するだけでも大変なボリュームです。

求められる文法・語いの知識の水準も高く、質量ともにハイレベルの出題です。

 

【長文読解問題】

 

長文のテーマでみると時事問題や歴史、思想・宗教などの文化論、文体からみても評論、小説、エッセー、論説文など、非常に多岐にわたる英文が扱われています。

特にキリスト教や西洋史についての英文が出題されることがある点を意識しておく必要があります。

小問の中身をみると、内容把握を中心に、空所補充、誤りの指摘などの形式となっており、読解力に加えて文法語法・語いの知識についても総合的に問われています。

 

【英会話問題】

 

英会話形式の長文読解問題と、英会話の応答文とが出題されています。

英会話の内容は日常会話に加えて、演劇・ドラマの脚本などから出題されることもあります。

小問の形式は、会話の流れを把握した上での空所補充が主流です。

 

【文法・語法・語い問題】

 

「誤りのある箇所を指摘せよ」という設問が毎年出題されている他、空所補充、語句整序など様々な形式の出題となっています。

大問として出題されているのに加え、長文読解や会話文問題の中で総合的に問われている場合もあります。

語いについての問題でかなり難しいものが見受けられます。

 

オススメの参考書と勉強方法

 

長文読解問題への対策

 

入試ではかなりの速読力が必要となりますが、順序としては、まず1文1文をじっくり正確に読む力を鍛えることから始めましょう。

精読の力を鍛えるためにお勧めするのは、『大学受験スーパーゼミ 徹底攻略 英文解釈の技術』(桐原書店)のシリーズです。

3レベルありますが、一番上の『英文解釈の技術100』は相当に難しいので、英語が苦手な人には不向きです。

それより1ランク易しい『基礎英文解釈の技術100』をマスターするだけでも、かなりの力がつきます。

このシリーズは英文の構造が丁寧に図で示されていますが、そういう構造を自分の頭で描けるようになれば、次に長文演習をどんどんやっていく段階に移ることができます。

 

精読と速読をバランスよく鍛えながら入試長文に取り組むためには、『大学入試 英語長文 ハイパートレーニング』(桐原書店)が良いテキストです。

レベル1が「超基礎編」、2が「センターレベル編」、3が「難関編」ですが、まずは1と2をじっくり学ぶことです。

他の問題集に移ってからも、この本で身につけた学習法を活用していくと、長文から多くのことを学びとり、精読と速読の両方をレベルアップさせることができるでしょう。

 

上記以外では、『やっておきたい英語長文』(河合出版)シリーズの300、500、700や、『英語長文レベル別問題集』(東進ブックス)のレベル3~5が、良問揃いで解説も詳しいのでお勧めです。

どの問題集を使うとしても、そこでふれる英文を通して、語いや構文など知識の面を強化することはもちろん、パラグラフの流れをつかんだり、大意の把握や、必要な情報を探したりといった「読み方」のトレーニングを重ねましょう。

 

非常に様々なジャンルの長文を読みこなすためには、日ごろの読書や新聞を読むことで背景知識を蓄えておくことも有効です。

特にキリスト教や西洋思想などについて、まず世界史や倫理の教科書、加えて『キリスト教入門』(岩波ジュニア新書)などに目を通して、キーワードとなる概念や人名・地名にもなじんでおきましょう。

 

英会話問題への対策

 

会話問題に特化した問題集を1冊仕上げておきましょう。

お勧めは、『英会話問題のトレーニング』(Z会)です。まずは会話文問題に頻出の重要表現をおさえることが基本です。

知識面を固めたら、あとは問題演習を通して、話題の転換に注意することや、発話の意図を推し量ることなど、英会話問題ならではの感覚を身につけましょう。

 

文法・語法・語い問題への対策

 

まず『Next Stage』(桐原書店)や『スクランブル英文法・語法』(旺文社)などの定評ある入試用参考書を、完璧になるまで仕上げることです。

どちらも500ページ前後の分厚い参考書なので、早めにスタートさせて、計画的に地道に学び続けることが大切です。

その上で、『スーパー講義 英文法・語法正誤問題集』(河合出版)に取り組んで、上智でよく問われる正誤問題への対策をしておきましょう。

⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら


⇒【天才?凡人?】3分勉強センス診断はこちら


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら


大和@受験講師

投稿者の記事一覧

現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で
誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法
を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。

開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。

関連記事

  1. 【総合政策学部英語】中京大学総合政策学部の英語で8割を超える対策…
  2. 【経済英語】獨協大学経済学部の英語の傾向と対策と勉強法!
  3. 【経済学部英語】青山学院大学経済学部の英語の傾向と対策用参考書
  4. 【総合数理学部英語】明治大学総合数理学部の英語勉強法&傾向と対策…
  5. 【経済学部英語】法政大学経済学部学部の英語の傾向と対策用参考書
  6. 【商学部英語】同志社大学商学部の英語の傾向と勉強法&対策用参考書…
  7. 【教育学部英語】名古屋大学教育学部の英語で8割を超える対策法
  8. 同志社大学グローバル地域文化学部の評判と英語の傾向と対策用参考書…

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

ピックアップ記事

ピックアップ記事

ピックアップ記事

ピックアップ記事

ピックアップ記事




各大学で8割を超える対策法!

志望校の過去問を徹底分析した最強の対策法を伝授!これで8割越えは間違いなし!狙え特待生!

各教科で偏差値70を超える勉強法!

文系科目も理系科目も、全ての教科で偏差値70超えを目指す!勉強法から参考書の使い方まで!

不安スッキリ!大学受験Q&A!

受験に対する悩みや不安をスッキリ解決!これで受験勉強に集中できる!