超効率大学受験独学勉強法まとめブログ

速読古文常識&マドンナ古文常識217の使い方と勉強法【センター早稲田に必要?】


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

128秒で読めます。

古典常識は大学受験に必要??

 

 

古文が読めないし、とりあえず速読古文常識かマドンナ古文常識でもやってみようかな・・・

と考えていませんか?

古文常識は、あなたの志望校や、あなたのタイプによって必要か否かが決まります。

必要でない場合は、古文常識の勉強をするのは非常に効率が悪いと言えます。

効率の悪い勉強をしていては、もちろん志望校に合格することはできません。

最短距離で志望校に合格するために、「あなたに古文常識が必要かどうか」について書いていきます。

 

>>あなたは天才?凡人?「勉強センス診断」はこちら

 

 具体的な古文の勉強法

 

大学受験の古文を勉強するときは、一般的に「単語」と「文法」を勉強します。

それらを勉強してから古文を読むと、文章中の50%程度の内容が理解できるようになります。

読み取った基本的50%程度と、残りの50%を推測しながら、「解く」ことに重点を置きます。

推測能力が高い受験生は、これ以上知識を入れなくても、過去問演習を繰り返していくことで

読解力を身に付け、しっかりと得点率を上げていくことができます。

 

また、単語や文法さえ吸収できていれば、誰でも合格点が取れる大学もあります。

なので、まずは過去問演習をしてみて、合格点が取れたり、「このまま勉強していれば合格点に達する」

という感覚がつかめたりしたら、古文常識などの追加知識を吸収する必要はないのです。

 

自分に何が足りないのか見極める

 

逆に言えば、そういった状況にない受験生は、何かを変えなければ合格点に達することはありません。

その「何か」を明確にしたときに、それが古文常識であったならば、絶対に古文常識を勉強する必要があります。

しかし、それが単語が抜けていたり、文法が理解できていなかったりといった原因であった場合は、それらの復習をしなければいけませんね。

なので、速読古文常識や、マドンナ古文常識が必要かどうかは、あなたのタイプや志望校によって変わると言えるのです。

 

あなたは今日、まずは1度志望校の古文を解いてみてください。

それが最短距離で志望校に合格する第一歩になります!

現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で
誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法
を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。

開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。

⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら



無料で、英語 長文が読める勉強法を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める勉強法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値77.7、全国4位まで登りつめました。
その具体的な勉強法を、100名限定・無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。













-大学受験 古文の対策と勉強法

合わせて読みたい記事!



⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら