【センター~早稲田慶應レベル】青チャート式の使い方と勉強法!

この記事は39秒で読めます。

青チャートで”数学を武器にする”勉強法!

 


数学の参考書として、数十年前の受験生から現在に至るまで、最も有名で最も知られているのが、この青チャートでしょう。

本書は、上手く使えばとてつもなく良い参考書になりますし、下手に使えば全く効果が上がらないどころか、数学のモチベーションを失わせ、数学嫌いを増やしてしまう危険も併せ持っています。

 

青チャートのレベル

 

使用する受験生のレベル

 

使い方次第ではどのレベルの受験生でも適していますし、使い方を誤ればどのレベルの受験生であってもNGです。

下記で申しますように、

青チャートは、対象とする方々の学力レベルよりも、その使い方が重要です。

ただ、大まかなレベルを申し上げるならば、教科書の基本例題程度が出来るレベルの方々から、河合塾の全統記述模試偏差値65程度の方々までの受験生が主な対象、と言えるでしょう。

 

到達レベル

 

この1冊の問題をおおよそ完答出来るようになれば、教科書の基本問題レベルから、地方旧帝国大学の入試レベルまで対応出来ます。

例題以外の問題もやれば、地方~中堅の国公立医学部医学科でも大丈夫でしょう。

ちなみに文系受験生であれば、どこの大学でも青チャート「のみ」でOKな程、万能です。

 

青チャートの特徴

 

本書が、なぜ長年にわたって人気の参考書なのか?

それは、先程も申しましたように、

“この1冊で、教科書の基本レベルから地方旧帝国大学レベルまで対応出来てしまうから”

 “応用問題・入試問題を解く為に基本的な「解法テクニック」が一通り全て網羅されていているから”(「青チャートでは足りないから他の問題集で基本知識を補わなければいけない」という事はありません。)

 

この2点でしょう。

これこそが、本書の最大の特徴です。

 

青チャートの最強の使い方!

 

基本的には「例題全てを完答出来るように」というのが目標です。

 

青チャートでは、「応用問題・入試問題を解く際の「定石・基本的解法テクニック」を習得する事が目的ですから、解き方を知らなかったら答えをどんどんみてOKです。

1問に10分も15分も考えなくて構いません。

それどころかむしろ、

例題を見て、一瞬で解法が思い浮かばなかったら「即」答えを見て、解き方の道筋を理解して、最終的には「この問題ではこういう方針だ」という事を覚える事を私はお勧めします。

なぜならば、知らなければ解けない(知っているか知らないかで決まる)ため、時間をかけてウンウン考えていても仕方がないからです。

 

つまり、青チャートという参考書は、「基本解法テクニックの解法辞典」のような書、そういった位置づけであると思って下さい。

この、「辞書のようなつくり」こそが、万能である一方で、使用する方々の心を中途で折らせてしまう要因にもなっています。

 

(※余談)

先述しました、青チャートの「辞書的つくり」が苦手な方々には、

・坂田アキラの**が面白いほどわかる(とける)本  (KADOKAWA/中経出版)

・スバラシク面白いと評判の初めから始める数学 (マセマ)

・細野真宏の数学がよくわかる本 (小学館)

などの講義型参考書をお勧めします。

 

ちなみに私の一押しは

坂田アキラの~~が面白いほどわかる(とける)本  (KADOKAWA/中経出版)です。

レイアウトに癖はありますが、非常に分かりやすい解説をされています。

これらの参考書は、網羅性という点では青チャートに劣りますが、講義型ですのでモチベーションは保ちやすく、数学の苦手意識克服にはおすすめです。

青チャートの解説の「行間」にあたるような説明もなされており、「青チャートへのつなぎ」「青チャートの補完」といった利用をするのもよいでしょう。

 

青チャートが終わったらどうするべき??

 

基本的な解法テクニックは全て習得していますから、すぐに志望校の過去問に取り掛かっても構いませんし、間に演習書を挟んでも構いません。

演習書のおすすめを挙げますと、

・理系数学の良問プラチカ (河合出版)

・やさしい理系数学 (河合出版)

・数学 **問題精講 (旺文社)

などがあります。

 

ちなみに、青チャートからつなげる参考書として有名な書として「1対1対応の演習 (東京出版) 」があります。

この参考書は“演習書であると同時に、上級解法集”としての意味合いが強くあります。

つまり、「1対1対応の演習」から更に高難易度の、「新・数学スタンダード演習」「新数学演習」、あるいは、河合出版の「やさしい理系数学」「ハイレベル理系数学」などにつなげるための書ですので、「1対1対応の演習以上のレベルを目指す」方々にお勧めします。

【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら


【天才?凡才?】勉強センス診断はこちら


【1カ月で習得】難関大学の英語長文がスラスラ読める読解法はこちら


大和@受験講師

投稿者の記事一覧

現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で「誰でも早慶の長文がスラスラ読める読解法」を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。

関連記事

  1. 【センター試験を完璧に】白チャート式のレベルと偏差値が上がる使い…
  2. 松田の数学1・A/2・B典型問題Type100のレベルと評価と使…
  3. 【東大京大東工大レベル】評判の良いやさしい理系数学の難易度と使い…
  4. 難易度の高いFocus Goldの使い方と勉強法!【早稲田慶應レ…
  5. 【センター8割レベル】黄チャートの使い方と勉強法!例題だけで偏差…
  6. 【新課程】早稲田慶應大学レベルを攻略する数学ⅢC(数ⅢC)の勉強…
  7. 評価の高い数学重要問題集(文系理系)の難易度と使い方&勉強法【東…
  8. 【早稲田・慶應大学レベル】新課程・数学ⅡB(数ⅡB)の勉強法!

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

ピックアップ記事

ピックアップ記事

ピックアップ記事

ピックアップ記事

ピックアップ記事




各大学で8割を超える対策法!

志望校の過去問を徹底分析した最強の対策法を伝授!これで8割越えは間違いなし!狙え特待生!

各教科で偏差値70を超える勉強法!

文系科目も理系科目も、全ての教科で偏差値70超えを目指す!勉強法から参考書の使い方まで!

不安スッキリ!大学受験Q&A!

受験に対する悩みや不安をスッキリ解決!これで受験勉強に集中できる!