横浜国立大学/横国の英語の対策法!レベル/難易度や傾向!長文や会話/自由英作文の勉強法


予備校講師である私が、実際に横浜国立大学の英語の過去問を解いて、対策法を解説していきます!
筆者

記事と筆者の信頼性

・筆者は模試の成績優秀者に掲載され、早稲田大学に合格

・予備校講師として、2,000人以上の受験生を指導

・横浜国立大学の過去問を実際に解きながら解説

 

横浜国立大学の英語の傾向

横浜国立大学の英語は長文会話に加えて、自由英作文が出題されています。

長文は和訳問題が中心になっているので、英文を正確に読む力と、記述力が必要です。

会話は空所補充問題がメインですから、会話の流れをしっかりと追っていきましょう。

自由英作文はメールに対して自分で返信を作る問題で、やや珍しいタイプです。

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

 

横浜国立大学の英語のレベル/難易度

全体的に傾向は安定していて、出題形式もオーソドックスなものが多いので、対策は立てやすいです。

全体的な難易度は標準的で、他の国公立大学とあまり変わりはありません。

制限時間も厳しくないので、落ち着いて問題を解けるでしょう。

背伸びをして難しい対策をしようとせず、基礎からしっかりと固めていくことが大切です。

>>1ヶ月で早稲田慶應・難関国公立の英語長文がスラスラ読めるようになる方法はこちら

 

横国の英語長文の対策法

横浜国立大学の英語長文は、和訳問題がメイン。

つまり「英文をしっかりと読めているか」を問われているんです。

時間制限はさほど厳しくないですから、焦らず正確に英文を読んでいきましょう。

1文1文の文の構造をしっかりと理解したうえで、正しく訳す練習をしてください。

>>横浜国立大学の英語長文が、どうしても読めない受験生はこちら

 

おすすめの参考書

英文解釈の技術シリーズ

英文解釈の技術シリーズは和訳問題を解く中で、精読力を鍛えられます。

下の写真のように、1文1文の構文の解説がとても詳しいです。

英文解釈の技術シリーズの中身

なんとなく英文を訳しているだけでは、和訳問題は得点できないので、トレーニングをしていきましょう。

文構造を書き込みながら訳していくと、より正確な訳を書けるようになります。

「超入門60」「入門70」「基礎100」「100」とレベルがありますが、基礎的な参考書からステップアップしてみてください。

 

文章の流れを理解しよう

和訳問題は下線部だけでなく、文章全体の流れを理解して訳していくことが大切。

横浜国立大学では指示語が狙われやすいので、英文の流れを追って、「指示語が何を示しているか」を常に意識してください。

また下線部には訳しにくい要素が含まれていることが多いですが、これも文脈をヒントにして推測していかなければいけません。

日ごろから難しい語句が出てきたときは辞書を引かずに、推測するトレーニングをしてみてください。

推測した語句と正しい語句の意味のズレを修正していくことで、推測力が鍛えられていきます。

>>横浜国立大学の英語長文が、どうしても読めない受験生はこちら

 

機械的に翻訳しない

和訳をする際には、「機械的な訳」にならないように注意してください。

文脈に合った自然な訳を書いて、採点者がスムーズに理解できるように心がけましょう。

ただ機械的に訳せばよいのではなく、日本語として分かりやすく伝えることが求められているんです。

>>横浜国立大学の英語長文が、どうしても読めない受験生はこちら

 

横国の会話問題の対策法

横浜国立大学の会話文は、語句の挿入問題。

会話の流れをしっかりと理解して、流れに合った語句を埋めることが求められます。

そのためにまずは、「会話のストーリーを理解する」ことを意識しましょう。

登場人物の雰囲気や心情を、リアルにイメージしながら読んでいくことで、会話文が読みやすくなります。

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

 

語彙力を鍛えよう

語句の挿入問題では、語彙力も問われています。

熟語も頻出なので、しっかりと対策してください。

MARCHレベルまではもちろん、余裕があれば早慶レベルまで語彙をカバーできれば言うこと無しです。

語彙はスペルまで気を付けて勉強を進めると、自由英作文にも活きてきます。

 

選択肢を見る前に推測しよう

会話の流れをしっかりと追っていき、空所にぶつかったら、選択肢を見る前に自力で推測してください。

推測した内容と一番近い選択肢を選ぶことで、より正確に回答できるようになります。

先に選択肢を見てしまうと、どうしても先入観が入って、ミスの原因になってしまいます。

横浜国立大学の過去問を解く中で、会話文や形式に慣れていきましょう。

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

 

横国の自由英作文の対策法

横浜国立大学の自由英作文は、課題となるメールの文に対して、自分で返信を作る問題。

「私はこんないいことがあったんだけど、あなたは今までの人生でどんな良い日があった?」と問われるなど、本当に友達とのやり取りでありそうな内容になっています。

まずは「日本語で自分の意見をまとめる」ことが大切。

いきなり英語で書こうとしてしまうと、どうしても質の低い意見になってしまいがちです。

英語でただ文章を書ければよいだけでなく、スジの通った意見を伝えることも求められています。

 

おすすめの参考書

英作文ハイパートレーニング 自由英作文編

おすすめの参考書は「英作文ハイパートレーニング 自由英作文編」。

英語の文章の書き方から、メール問題の回答例まで幅広くカバーされています。

「自由英作文が本当にニガテで、何も書けない」という人でも、力をつけられるようになっています。

 

日ごろから訓練をしておこう

メール問題のトレーニングは、日常生活の中でできます。

友達とラインをするときや、メールを送るとき、そして頭の中で物事を考えるとき。

「これは英語にしたら、どんな風に表現するんだろう」と考えてみてください。

その場で英語にするのが難しい表現は、スマホなどのメモ帳に書いておきましょう。

そして寝る前に、正しい英語の表現を調べて、メモ帳に追加してください。

この作業を繰り返していけば、日常的に使える英文のストックがどんどん増えていくので、横浜国立大学の自由英作文に強くなりますよ。

>>偏差値が1ヵ月で40から70に!私が実践した「たった1つのワザ」はこちら

 

横浜国立大学の英語の対策法まとめ

共通テストの英語を勉強する時から、横国の英語を解けるようにすることをゴールにしておきましょう。

早い時期から記述問題の対策をしていくことで、回答力が鍛えられます。

二次試験の方が難易度が高いので、上を目指して勉強を進めてください。

>>横浜国立大学の英語長文が、どうしても読めない受験生はこちら





⇒【秘密のワザ】1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた方法はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【速読】英語長文を読むスピードを速く、試験時間を5分余らせる方法はこちら









この記事も読まれています

1

私は受験生の時に、全国記述模 試で22位にランクインし、早稲田大学に合格しました。 そして自ら予備校を立ち上げ、偏差値30台の受験生を難関大へ合格させてきました。 早稲田大学卒という学歴があるため、今 ...

2

大学受験の勉強を始めるときに誰もが思うのが、「受験勉強って、何をすれば良いの!?」ということ。 「勉強を頑張るぞー!!」という気持ちはあっても、どう動けばよいか分からない。 そして少しずつ熱も冷めてし ...

3

大学受験の勉強、いつから本気出そうかな。 いつから受験勉強を始めれば、志望校に合格できるんだろう。 私も高校2年生の時、こんなことをいつも考えていました。筆者 高校がさほど頭の良いところではなかったの ...

4

模試の結果が返ってきて、良ければもちろん嬉しいですし、悪いとやる気がなくなってしまいますよね。 私が受験生の時も、模試の返却はビッグイベントで、結果を見るときはとても緊張したことを覚えています。 受験 ...

5

赤本の使い方と復習ノートの作り方!いつから何年分解く? 受験生受験勉強と言ったら赤本ですけど、いつから解くのか、どうやって復習するか全然分からないです・・・。 「赤本」は受験勉強の中で、合否に1番関わ ...

6

インターネットでは「ニッコマは超余裕」なんて書き込みを、目にすることが多いです。 私が受験生の時も「日東駒専は滑り止めにしよう」と、少し見くびってしまっていました。 現役の時の受験の結果はMARCH1 ...

7

志望校を決めるときに、国公立大学にするべきか私立大学にするべきか、悩みますよね。 少し学力の高い高校だと「国公立大学は私立大学よりも優れている」、「国公立大学を目指すべきだ」という先生方も多いです。 ...

Copyright© 予備校PISTA , 2020 All Rights Reserved.