世界史・日本史・政治経済の山川用語集の使い方&勉強法【センター~早稲田レベル】


世界史・日本史・政治経済の力に、山川用語集で磨きをかけろ

 

山川用語集

早慶・難関国公立は世界史・日本史・政治経済といった選択科目の難易度がとても高いです。

難関大学の受験生はレベルが高いため、基礎的な知識は誰もが得点してきます。

だからこそ、ややマイナーな知識でどれだけ差をつけられるかが合格へのキーポイントとなります。

 

では重箱の隅をつつくような、嫌らしい問題を得点するためには、どうしたらよいのでしょうか。

そこで登場するのが、山川の用語集です。

ややマイナーな知識を吸収するのに、とても効果的です。

山川の用語集をしっかりと活用して、難関大学の受験生の中でも、世界史・日本史・政治経済が得意な受験生になっちゃいましょう。

>>1ヶ月で早稲田慶應・難関国公立の英語長文がスラスラ読めるようになる方法はこちら

 

特に早稲田大学は、山川の用語集と相性抜群!

 

特に早稲田大学の問題は、山川の用語集から出されているという噂が立つほど、用語集に掲載されている知識を問う問題が多いです。

私が受験生の時、市販の参考書はやりつくして、偏差値は常に70を超えていました。

それでも早稲田大学の赤本を解いてミスをしたとき、参考書を見返しても、ミスをした知識は載っていないことが多かったです。

ミスをした知識は、山川の用語集でしっかりと説明されていました。

そして入試本番でも、山川の用語集の知識で、3~4問ほどの難問をクリアしました。

おそらくこれらの問題は、ほとんどの受験生が得点できていなかったでしょう。

難関大学の中でも、特に早稲田大学を受験する方は、山川の用語集を今すぐ手に入れてくださいね。

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

 

山川の用語集は、短期間じゃマスターできない

 

山川の用語集は分厚く、情報量も膨大なので、直前期にこなせるようなものではありません。

しかし、過去問演習を始める直前にそこに気づく受験生が大半です。

できる限り早く山川の用語集を用意し、マイナーな知識を少しずつインプットしていく必要があります。

 

まずは基本的な知識を吸収してから、山川の用語集に取り組むべきでは??

と思うかもしれません。

実はマイナーな知識もセットで覚えておくことで、理解が深まり、記憶にも定着しやすくなります。

そういった点からも、できる限り早く山川の用語集に取り組んだほうが、力はつきやすいと言えますね。

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

 

山川用語集で難関大学を完全攻略する使い方&勉強法

 

山川の用語集は、辞書として使おう

 

難関大学の問題は、山川の用語集の細かい説明からも出題されることが多くあります。

山川の用語集の説明まですべて覚えようとしても、量が膨大すぎるのでまず不可能です。

そのため、新しく出会った知識が出てきたときに、辞書として使うことをオススメします。

その際に、その知識の細かい説明までできるだけ理解するようにしましょう。

一字一句間違えないように覚えるというよりは、理解をさらに深めるといった意識で取り組んでください。

そうすれば、内容不一致問題のわずかなキズまで見つけられるようになります。

 

山川の用語集の中で、新しい知識に出会ったらチェックをつけよう

 

山川の用語集は細かい説明が多いですから、新しい知識にもたくさん出会うことになるでしょう。

それを1つ1つすべて覚えるのは難しいですから、出会うたびに、マーカーでチェックを入れておきましょう。

チェックを入れた部分を、定期的に見直したり、模試や入試本番に復習したりすれば、完璧に覚えきらなくても、試験で得点できるようになります。

マイナーな知識に時間をかけすぎず、なおかつバッチリ得点するための作業ですので、ぜひマネしてみてくださいね。

>>偏差値が1ヵ月で40から70に!私が実践した「たった1つのワザ」はこちら

 

どんどん書き込んで、最強の用語集に進化させよう

 

模試や過去問を解くたびに、今まで出会ったことのない新しい知識を発見していくと思います。

その際には、山川の用語集にどんどん追記していきましょう。

一度問題として出題されている部分ですから、入試本番でも出題される可能性は十分にあります。

山川の用語集に、さらに知識を追加していけば、相当な量の知識が網羅できます。

ここまでできれば、難関大学の難問もバッチリ正解して、ほかの受験生と大きく差をつけられるでしょう。





⇒【秘密のワザ】1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた方法はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【速読】英語長文を読むスピードを速く、試験時間を5分余らせる方法はこちら









この記事も読まれています

1

私は受験生の時に、全国記述模 試で22位にランクインし、早稲田大学に合格しました。 そして自ら予備校を立ち上げ、偏差値30台の受験生を難関大へ合格させてきました。 早稲田大学卒という学歴があるため、今 ...

2

大学受験の勉強を始めるときに誰もが思うのが、「受験勉強って、何をすれば良いの!?」ということ。 「勉強を頑張るぞー!!」という気持ちはあっても、どう動けばよいか分からない。 そして少しずつ熱も冷めてし ...

3

大学受験の勉強、いつから本気出そうかな。 いつから受験勉強を始めれば、志望校に合格できるんだろう。 私も高校2年生の時、こんなことをいつも考えていました。筆者 高校がさほど頭の良いところではなかったの ...

4

模試の結果が返ってきて、良ければもちろん嬉しいですし、悪いとやる気がなくなってしまいますよね。 私が受験生の時も、模試の返却はビッグイベントで、結果を見るときはとても緊張したことを覚えています。 受験 ...

5

赤本の使い方と復習ノートの作り方!いつから何年分解く? 受験生受験勉強と言ったら赤本ですけど、いつから解くのか、どうやって復習するか全然分からないです・・・。 「赤本」は受験勉強の中で、合否に1番関わ ...

6

インターネットでは「ニッコマは超余裕」なんて書き込みを、目にすることが多いです。 私が受験生の時も「日東駒専は滑り止めにしよう」と、少し見くびってしまっていました。 現役の時の受験の結果はMARCH1 ...

7

志望校を決めるときに、国公立大学にするべきか私立大学にするべきか、悩みますよね。 少し学力の高い高校だと「国公立大学は私立大学よりも優れている」、「国公立大学を目指すべきだ」という先生方も多いです。 ...

Copyright© 受験の相談所 , 2020 All Rights Reserved.