山形大学の英語の傾向と対策!二次試験のレベル/難易度【英語長文/要約/英作文】


山形大学の英語の傾向と対策

予備校講師である私が、実際に山形大学の過去問を解いて、詳しい対策法を解説していきます!
筆者

記事と筆者の信頼性

・筆者は模試の成績優秀者に掲載され、早稲田大学に合格

・予備校講師として、2,000人以上の受験生を指導

・山形大学の過去問を実際に解きながら解説

 

山形大学の英語の傾向と難易度

英語長文が一番のカギ

山形大学の英語は、英語長文を読んで、関連する問題に答えていく形で進んでいきます。

「英語の文章を正確に読める」ことが大前提になっていて、逆に長文を読めないとほとんどの設問に回答できません。

日ごろから英語長文のトレーニングは最優先に考えて、取り組んでいきましょう。

長文の内容を短く要約する問題が出題されることもあるので、文章全体を論理的に読む力が求められます。

オーソドックスな評論文だけでなく、手紙の形式の文章が出題されている年もあり、幅広いジャンルに対応できるように、色々な文章を読んでいくことが大切です。

>>1ヶ月で山形大学の英語長文がスラスラ読めるようになる方法はこちら

 

山形大学の英語のレベル

山形大学の英語長文は90分で長文が2題という形式が多く、時間の制限にはある程度の余裕があります。

そして英語長文の難易度もさほど高くないですし、国公立大学にしては記述・論述問題の割合も少ないです。

基礎・基本をしっかりと固めていれば、十分に合格点を狙えるので、背伸びをせずに基礎からステップアップしていきましょう。

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

 

山形大学の英語長文の対策法

英語長文の読み方について

山形大学の英語長文では要約問題や、内容を説明させる問題など、長文を論理的に理解する力が問われます。

長文をパラグラフごとに整理しながら、最後まで読み進める意識を持って取り組んでいきましょう。

パラグラフを1つ読んだら簡単な要約を日本語でメモして、次のパラグラフへと進んでいきます。

最後まで長文を読み終えたら、パラグラフごとの要約をつなげて、文章全体の要約文を作りましょう。

この作業を行うことで、文章全体を論理的に読めますし、要約問題などにも対応できるようになります。

要約のイメージは、下の図のような感じです。

英語長文の要約

>>1ヶ月で山形大学の英語長文がスラスラ読めるようになる方法はこちら

 

下線が引かれた語句の意味を答える問題

下線が引かれた語句と、同じ意味の選択肢を選ぶ問題が頻出。

この問題は下線部の前後だけで考えずに、文脈をヒントに解くことが大切。

そして「選択肢を見る前に、自力で意味を推測する」ことを強く意識してください。

推測したものと一番近い選択肢を選ぶことで、より推測の精度を上げることができます。

 

空所補充型の問題

空所補充型の問題も頻出で、こちらも「推測力」を使って解いていきましょう。

空所の前後だけでなく、文章全体の内容をヒントにして正解を導き出します。

選択肢を先に見ると先入観が入ってしまうので、自力で推測してから選択肢を見てください。

>>1ヶ月で山形大学の英語長文がスラスラ読めるようになる方法はこちら

 

和訳問題を解くポイント

和訳問題を解く際のポイントは、大きく分けて3つ。

和訳のポイント

①下線部だけを見て訳さない

②訳せない部分は推測する

③機械が作ったような訳を作らない

 

①下線部だけを見て訳さない

和訳問題は「長文の中で、その文がどのような訳になるか」を問われています。

下線部だけで見るのではなく、文章全体の流れに沿って、正しい訳を書いていきましょう。

長文の流れによって訳は少し変わってきますから、長文を深く理解して訳を書き出すことが大切です。

 

②訳せない部分は推測する

和訳を求められる部分は、簡単に訳せない語彙などが含まれているケースが多いです。

「この単語を知らないから、諦めよう!」とすぐに逃げてしまうと、いつまでも和訳問題は解けるようになります。

訳せる部分を先に訳して、分からない部分を補填するようにしましょう。

必ずしも満点をもらう必要は無く、1点でも多く稼げるように、最大限の努力をしてください。

 

③機械が作ったような訳を作らない

和訳問題を解くときに、下の写真のような「翻訳北作ったような不自然な訳」を書いてしまう人がとても多いです。

「長文の文脈を理解したうえで、自然な訳を書く」ことを意識してください。

機械に翻訳させるのではなく、人が訳すわけですから、人だからこそ作れる「自然な訳」を書くことが大切です。

不自然な訳を書いてしまうと、採点者の印象が悪くなってしまうことがありますからね。

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

 

山形大学の英語の傾向と対策まとめ

山形大学の英語はオーソドックスな形式で、英語長文がきちんと読めれば十分に合格点を狙えます。

長文の読解力を上げつつ、和訳問題や英作文など、配点が高い問題を正解できるようにトレーニングをしておきましょう。





⇒【秘密のワザ】1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた方法はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【速読】英語長文を読むスピードを速く、試験時間を5分余らせる方法はこちら









この記事も読まれています

1

私は受験生の時に、全国記述模 試で22位にランクインし、早稲田大学に合格しました。 そして自ら予備校を立ち上げ、偏差値30台の受験生を難関大へ合格させてきました。 早稲田大学卒という学歴があるため、今 ...

2

大学受験の勉強を始めるときに誰もが思うのが、「受験勉強って、何をすれば良いの!?」ということ。 「勉強を頑張るぞー!!」という気持ちはあっても、どう動けばよいか分からない。 そして少しずつ熱も冷めてし ...

3

大学受験の勉強、いつから本気出そうかな。 いつから受験勉強を始めれば、志望校に合格できるんだろう。 私も高校2年生の時、こんなことをいつも考えていました。筆者 高校がさほど頭の良いところではなかったの ...

4

模試の結果が返ってきて、良ければもちろん嬉しいですし、悪いとやる気がなくなってしまいますよね。 私が受験生の時も、模試の返却はビッグイベントで、結果を見るときはとても緊張したことを覚えています。 受験 ...

5

赤本の使い方と復習ノートの作り方!いつから何年分解く? 受験生受験勉強と言ったら赤本ですけど、いつから解くのか、どうやって復習するか全然分からないです・・・。 「赤本」は受験勉強の中で、合否に1番関わ ...

6

インターネットでは「ニッコマは超余裕」なんて書き込みを、目にすることが多いです。 私が受験生の時も「日東駒専は滑り止めにしよう」と、少し見くびってしまっていました。 現役の時の受験の結果はMARCH1 ...

7

志望校を決めるときに、国公立大学にするべきか私立大学にするべきか、悩みますよね。 少し学力の高い高校だと「国公立大学は私立大学よりも優れている」、「国公立大学を目指すべきだ」という先生方も多いです。 ...

Copyright© 予備校PISTA , 2020 All Rights Reserved.