英文和訳演習入門/基礎/中級/上級の難易度と使い方&勉強法【センター~東大京大早慶レベル】


英文和訳演習の評判/評価と使い方&勉強法

英文和訳演習入門/基礎/中級/上級

 

英文和訳演習の特徴

 

英文和訳演習はその名の通り、和訳の勉強をするための問題集です。

短めの文章の中の1~数文を訳すものなので、単なる英文和訳ではなく、実践に近い形式で演習ができます。

故伊藤和夫氏が執筆しているという事もあり、少し堅苦しいイメージ。

英語が苦手な受験生が取り組むと、投げ出したくなってしまうこともあるかもしれません笑

 

私は英文和訳演習を、和訳問題が頻出の国公立を志望する受験生だけでなく、全ての受験生に勉強してほしいと思っています。

なぜなら和訳の演習をするという事は、「英文が正確に読めているか」を確認する作業になるからです。

単語を拾って、なんとなくフィーリングで英文を読んでいると、テーマや文構造が難しくなるにつれて、理解できなくなっていきます。

だからこそ早い段階で、「英文を正確に読む」練習を繰り返すことが大切なんですね。

>>1ヶ月で早稲田慶應・難関国公立の英語長文がスラスラ読めるようになる方法はこちら

 

英文和訳演習のレベル

 

入門篇→高校基礎レベル

基礎編→センター試験レベル

中級編→中堅国公立/早慶上智レベル

上級編→東大京大レベル

 

どのレベルも想定しているよりも難しく、苦戦することもあるでしょう。

そこで「自分は、英文をフィーリングで読んでいたかもな」、「英文を正確に読むって、実はこんなに難しかったんだ」と分かってもらえるはずです。

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

 

英文和訳演習の使い方&勉強法

 

ステップ①問題を解こう

 

まずは問題を解いていきましょう。

ペンを使って、ノートに自分の手で訳を書き出してください。

頭で訳を思い浮かべるだけでは、「どこが間違っていたか」を正確に確認できませんからね。

 

和訳のコツは、下線部だけで答えを出そうとしないこと。

文章の一部分を訳させるという事は、「文脈をしっかり理解できているか」も問われているんです。

もし1文の精読を問うだけで良ければ、文章の中から出題する必要はありませんからね。

英文和訳演習を勉強する際にも、英文をしっかりと理解して、そのうえで下線部を訳すようにしましょう。

 

また分からない語彙や、分からない文があった時も、絶対に答えや辞書を見てはいけません。

英文を読んでいるときや、和訳問題を解いているときに、分からない部分は当たり前のように出てきます。

その際に自分で「推測」する力が大切なんです。

分からない部分を推測できるようになれば、和訳の得点力が上がるだけでなく、難しい英語長文も読めるようになっていきます。

必ずしも正確に推測できなければいけないわけではなく、同じニュアンスの訳を推測できるかがポイントです。

>>偏差値が1ヵ月で40から70に!私が実践した「たった1つのワザ」はこちら

 

ステップ②答え合わせをしよう

 

正確に訳せているかを、解説を読んで確認しましょう。

「なぜこの訳が正解なのか」を深く理解することが大切です。

より精読力を上げるために、下線部だけでなく、全ての文の訳を理解してください。

ゴールは、「答えを見なくても、全文をしっかり訳せる」ところです。

 

ステップ③スキマ時間に英文を読もう

 

訳せるようになった英文を、スキマ時間に読みましょう。

下線部だけでなく、文章全体を読んでくださいね。

「読み方を復習しながら」英文を読んでいくことで、英文を読む力が磨かれていきます。

通学時間や寝る前など、空いた時間を活用してくださいね。

 

英文和訳演習が終わったら?

 

英文和訳演習が終わったら、下記のレベルの長文にチャレンジしてください。

 

入門篇→高校基礎レベル

基礎編→センター試験レベル

中級編→国公立/早慶上智レベル

上級編→東大京大レベル

 

例えば基礎編を終えたら、センター試験の長文を解くという流れです。

英文和訳演習で学んだ精読力を発揮して、英文を読んでいく感覚をつかんでください。

 

私は配点がものすごく大きい英語長文を攻略したことで、1ヵ月で偏差値40から70を超えるようになり、早稲田大学に合格できました。

その時に実践した英語長文の読み方、トレーニング方法を知りたい方は下のリンクをご覧ください。

>>1ヶ月で早稲田慶應・難関国公立の英語長文がスラスラ読めるようになる方法はこちら!

 

英文和訳演習の使い方&勉強法まとめ

 

・和訳することで、精読力が身につく

・下線部だけで考えずに、文章全体をヒントにしよう

・訳は必ずノートに、ペンを使って書き出そう

・分からない部分があっても、自力で推測するトレーニングをしよう

 

>>英語長文がスラスラ読めるようになる、最強の読解法はこちら

>>1ヶ月で早稲田慶應・難関国公立の英語長文がスラスラ読めるようになる方法はこちら





⇒【秘密のワザ】1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた方法はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【速読】英語長文を読むスピードを速く、試験時間を5分余らせる方法はこちら









この記事も読まれています

1

私は受験生の時に、全国記述模 試で22位にランクインし、早稲田大学に合格しました。 そして自ら予備校を立ち上げ、偏差値30台の受験生を難関大へ合格させてきました。 早稲田大学卒という学歴があるため、今 ...

2

大学受験の勉強を始めるときに誰もが思うのが、「受験勉強って、何をすれば良いの!?」ということ。 「勉強を頑張るぞー!!」という気持ちはあっても、どう動けばよいか分からない。 そして少しずつ熱も冷めてし ...

3

大学受験の勉強、いつから本気出そうかな。 いつから受験勉強を始めれば、志望校に合格できるんだろう。 私も高校2年生の時、こんなことをいつも考えていました。筆者 高校がさほど頭の良いところではなかったの ...

4

模試の結果が返ってきて、良ければもちろん嬉しいですし、悪いとやる気がなくなってしまいますよね。 私が受験生の時も、模試の返却はビッグイベントで、結果を見るときはとても緊張したことを覚えています。 受験 ...

5

赤本の使い方と復習ノートの作り方!いつから何年分解く? 受験生受験勉強と言ったら赤本ですけど、いつから解くのか、どうやって復習するか全然分からないです・・・。 「赤本」は受験勉強の中で、合否に1番関わ ...

6

インターネットでは「ニッコマは超余裕」なんて書き込みを、目にすることが多いです。 私が受験生の時も「日東駒専は滑り止めにしよう」と、少し見くびってしまっていました。 現役の時の受験の結果はMARCH1 ...

7

志望校を決めるときに、国公立大学にするべきか私立大学にするべきか、悩みますよね。 少し学力の高い高校だと「国公立大学は私立大学よりも優れている」、「国公立大学を目指すべきだ」という先生方も多いです。 ...

Copyright© 予備校PISTA , 2020 All Rights Reserved.