【大学受験エバースタディ】~大学受験の勉強法~

英文和訳問題の勉強法と対策のコツ!東大・早稲田大学・青山学院の解き方


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

355秒で読めます。

英文和訳問題の勉強法と対策のコツ!東大・早稲田大学・青山学院の解き方

 

英文和訳問題の勉強法と対策のコツ!東大・早稲田大学・青山学院の解き方

 

大学受験で頻出の、英文和訳問題。

配点が高いうえに、自分で書かなければいけないから、嫌いなんだよなぁ・・・

そう思っている受験生も、多いと思います。

 

配点が高いのに、時間をかけてしっかりと対策している受験生は、意外と少ないんです。

パッと見ると、難しそうな問題なので、みんな対策を嫌がってしまうんですね。

もしかしたら、あなたもその一人かもしれませんね。

 

さあ、今日限りで、英文和訳問題の対策から、目を背けるのを終わりにしましょう笑

英文和訳問題を、あなたの得意分野にする勉強法をお伝えしていきます。

みんなのニガテ分野を、あなたの得意分野にして、周りの受験生と一気に差をつけちゃいましょう!

>>英語の偏差値が40から70に上がる方法、知りたくないですか?➡

 

英文和訳問題を得意分野に!勉強法とコツ

 

英文和訳問題の勉強法ステップ①基礎知識を覚える

 

英文和訳問題は、英文の中でもやや難しい文を、日本語に訳させるというものです。

英文は単語・熟語・文法が組み合わさって、成り立っています。

つまり基本的な単語や熟語、文法を知っていないと、英文和訳問題と戦う以前の問題になってしまうんです。

ですからまずは、戦闘準備として、基本的な知識はインプットしておきましょう。

>>あなたは天才?凡人?「勉強センス診断」はこちら

 

英文和訳問題の勉強法ステップ②SVOCを振れるようにする

 

知識をインプットしたら、その知識を使って、英文を訳していきます。

英文を訳す際には、文の骨格をとらえる必要があります。

文の骨格=SVOCをとらえ、それから骨格に付随されている修飾部分を訳していくようなイメージです。

 

文の骨格を捉えるためには、まずは5文型を理解しなければいけません。

第一文型、第二文型、第三文型、第四文型、第五文型。

これらを、自分で見分けられることはもちろん、どれがSでVでOでCでM(修飾部分)なのかを、判別できるようになりましょう。

 

おすすめの参考書は、「英文解釈の技術」です。

SVOCを、自分で理解できるようになります。

知識に加えて、SVOCを自分で見分けられる技術が身に付けば、英文和訳問題ともしっかりと戦えますよ。

 

基礎&英文解釈の技術100の効果抜群の使い方&勉強法 基礎&英文解釈の技術100の特徴 英文解釈の技術は、英文読解に必要となる構文を把握する

 

英文和訳問題の勉強法ステップ③試験で満点がもらえるようにする

 

英文を訳せるようになったら、それを試験で得点がもらえる形で、アウトプットしていく練習をしましょう。

英文和訳問題は記述式ですから、キズがあると減点されてしまいますからね。

 

英文和訳問題のコツは2つあります。

・ヒントを最大限に活用すること

・Google翻訳のように、機械的に翻訳しないこと

です。

 

ヒントを最大限に活用すること

 

英文和訳問題の多くは、文章の中の1文を訳させるものです。

1文単体を訳させる問題よりも、文章中の1文をピックアップして、訳させる問題が多いんです。

これはなぜかというと、和訳力を問うとともに、文章の流れを読み取れているかも試したいからです。

1文単体を訳せる能力だけでなく、文章の流れを読み取る能力もある受験生の方が、大学側も欲しいですからね笑

ですので該当の1文だけで見るのではなく、そこまでの流れやそれ以降の流れも考慮し、和訳のヒントにしてください。

 

和訳しようと思ったら、分からない単語が入って、全然わからない・・・

 

なんてこともあると思います。

基本的に英文和訳問題は、むしろこういうケースの方が多いんです。

なぜ難しい単語が入れこまれているかというと、それは「推測力」を問うため。

問題の作成者も、分からない単語があることは、承知の上で聞いている場合もあるんです。

その単語を知らなくても、文章の流れから推測して、訳せるかどうか。

自分で考えて、推測する力を求められているんです。

知らない単語が出てきたからといって諦めるのではなく、文章中からヒントをかき集めて、推測しましょう。

 

Google翻訳のように、機械的に翻訳しないこと

 

Google翻訳のように、機械に翻訳をさせると、不自然な訳になりますよね。

 

It is very dangerous to cross a busy street before the light turns green.

光が緑色に変わる前に忙しい通りを渡ることは非常に危険です。

 

こちらはドラゴンイングリッシュから抜粋した、1つの例文です。

Google翻訳機の訳は、なんだか変だと思いませんか?

英語を無理やり直訳すると、このようになってしまいます。

翻訳機にかけたような訳を作っても、得点はもらえません。

 

「採点者の人が読んでも、すんなりと理解できる訳を作る」ことを意識しましょう。

先ほどの例で言えば、「信号が青に変わる前に、交通の多い通りを渡るのは、とても危険だ。」です。

翻訳をするのではなく、あくまで日本語に置き換えるというイメージを持ってください。

直訳するのではなく、「日本語であったら、どう伝えるか」を考えて、訳を作りましょう。

 

英文和訳問題の勉強法と対策のコツまとめ

 

・まずは基本的な知識をインプットしよう

・文の骨格をとらえられるようにしよう

・該当の1文だけを見るのではなく、ヒントをかき集めて回答しよう

・Google翻訳機のように、機械的に翻訳しないようにしよう

 

【英作文/和文英訳の勉強法】例文暗記がコツ!大学受験の対策法。
【英作文/和文英訳の勉強法】例文暗記がコツ!大学受験の対策法。 大学受験の英作文(和文英訳)、苦手意識を持っているのはあなただけではありません。 受

 

>>英語の偏差値が40から70に上がる方法、知りたくないですか?

>>60秒でできる!あなたの勉強センス診断はこちら





⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡
大和@受験講師
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。
開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。


⇒【天才?凡才?】60秒勉強センス診断はこちら!
⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら➡

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡



無料で、英語 長文の読み方を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める方法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値70.4、全国22位まで登りつめました。
その具体的な「英語 長文の読み方」を、無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。







6:49 AM

人気記事一覧