早稲田大学の中で受かりやすい簡単な学部、穴場は?センター利用は入りやすい?






34秒で読めます。

早稲田大学にどうしても合格したいあなたへ

早稲田大学の中で受かりやすい簡単な学部、穴場

受験生
早稲田大学にどうしても合格したいのですが、入りやすい学部とか穴場とかってありますか?
早稲田大学には学部がたくさんあるから、学部ごとに難易度は変わってくるよ。穴場や狙い目の学部の情報を解説していくね!
先生

 

どうしても早稲田大学に入りたいあなた。

受かりやすい学部を探したり、センター利用も考えたりしているかもしれません。

そこで早稲田大学の卒業生である私が、受かりやすい学部や入試方法をお伝えしていきましょう。

 

早稲田大学の中で受かりやすい学部は?

 

文系学部を難しい順に並べると、以下のようになります。

 

政治経済学部

法学部

国際教養学部

商学部

社会科学部

文学部

文化構想学部・教育学部

人間科学部

スポーツ科学部

 

狙い目はやはり所沢にキャンパスがある、人間科学部スポーツ科学部

所沢キャンパスの学部に入っても、早稲田キャンパスの講義を受けることもできます。

週に3回ほど早稲田キャンパスに通っている人間科学部の方もいたので、大きな隔たりはないと言えるでしょう。

 

本キャンである早稲田キャンパスをメインにしたい受験生には、社会科学部、文学部、文化構想学部、教育学部の4つが狙い目。

早稲田大学はどの学部も英語の配点が高くなっていますが、文学部と文化構想学部、教育学部の国語国文学科は国語の配点が高いので、国語が得意な受験生におすすめ。

教育学部はほとんどの学科で全教科が同配点になっていて、英語の配点が高いと不安があるし、かといって国語が得意だというわけでもないバランス型の受験生は合格率が上がるでしょう。

 

理系学部は3つだけ。

先進理工学部が一番難しく、創造理工学部、基幹理工学部と続きます。

>>早稲田大学の卒業生が語る!最強の英語の勉強法はこちら➡

 

早稲田大学のセンター利用は入りやすい?

 

教育学部と理系学部以外は、センター利用での募集もあります。

ただ4~5教科・5~6科目の試験で、人間科学部やスポーツ科学部なら85%以上。

その他の学部であれば90%以上は取れないと、合格はかなり難しく、難易度はかなり高いです。

国公立大学を第一志望とする受験生の滑り止めとして、利用されることが多くなっています。

国公立大学と併願する受験生はぜひセンター利用での合格を狙いたいところですが、早稲田大学を第一志望で考えている受験生にはおすすめできません。

センター利用で不合格となってしまった場合、センターの対策ばかりをしていますから、他の私立大学にも合格できなくなってしまう可能性もありますからね。

国公立大学は広く浅く、私立大学は狭く深くと勉強法が大きく変わってくるので、注意しましょう。

>>入試までもう間に合わない!諦めたくない受験生はこちら

 

早稲田大学の入試問題を攻略するためには?

 

どうしても早稲田大学に合格したければまずは全教科、センター試験で85%以上取れるようにすること。

そしてMARCHレベルの入試問題で、合格点を取れるようにすることがスタートライン。

そこから徹底的に過去問演習をしましょう。

 

過去問を解く→ミスの原因を分析→穴埋め

 

このサイクルをひたすら繰り返すことで、早稲田の合格ラインと自分の差が、少しずつ埋まっていきます。

複数の学部でこの作業を行うことで、「早稲田の傾向」がなんとなく分かるようになってくるでしょう。

特に現代文なんかは、「こう問われたらこれが答えだ!」という法則のようなものが見えてくるので、研究すればするほど実力以上の力が発揮できるようになりますよ。

>>【LINE講座】早稲田に合格した私が、英語の攻略法を教えます

 

複数の学部を受験して、合格率アップ!

 

早稲田大学はどの学部も倍率が高いので、少しでも失敗してしまうと合格するのは難しいでしょう。

まだ問題が難しく、時間制限も厳しいので、大崩れしてしまうことも珍しくありません。

なので1つや2つに学部を絞るよりは、多くの学部を受験した方が合格率は上がります。

仮に1つの学部に絞ったところで、解ける過去問の量は決まっているので、特化して対策できるわけでもありません。

たくさんの学部の過去問を解いて研究した方が、「早稲田大学の傾向」を知れますし、演習量も増えるので、合格率は上がるでしょう。

早稲田大学にどうしても合格したいのであれば、たくさんの学部を受験するようにしてくださいね。


⇒センター試験が廃止!3分でわかる共通テストの解説はこちら

⇒時間がない!合格を諦めかけている受験生はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡

⇒【LINE講座!】受験の英語をLINEで相談したい受験生はこちら

>>30日で早慶・国公立の長文が読めるようになる方法はこちら

受験エキスパート
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。 英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。 浪人期に図書館にこもって研究し、 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発券し、偏差値を73まで上げ、早稲田大学に合格。 通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。 自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。 開発した「独自の英語長文読解法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。 センター試験の英語の対策法も研究し、無料で公開している。


⇒センター試験が廃止!新しい英語の最強の攻略法はこちら

























LINEで英語長文の読み方を教えています!


たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める方法


単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値70.4、全国22位まで登りつめました。
その具体的な「英語長文の読み方」を、LINEにてお伝えしています。
勉強や受験に関する相談も受け付けています!



Copyright© 大学受験の偏差値上がる勉強法 , 2020 All Rights Reserved.