【大学受験エバースタディ】~大学受験の勉強法~

早稲田大学商学部の世界史の傾向と対策&勉強法【商学部世界史】


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

352秒で読めます。

早稲田大学商学部の世界史で8割取る対策&勉強法

 

早稲田大学商学部の世界史の傾向と対策&勉強法【商学部の世界史】

早稲田大学商部の世界史の傾向

 

問題構成については大問4題小問が50題です。

試験時間は60分ですので、1題あたり約1分強という計算になります。

とは言え、論述問題には相応の時間が必要ですので、それ以外の49題は1分弱で解答しなければなりません。

 

問題形式は次の通りです。

100字の論述問題が1題語句記述が13題となっていいます。

残りは正誤問題が20題記号選択問題が13題で例年安定しています。

選択問題のうち、年代整序が1~3ほどで必出です。

出題される地域は、欧米に比重がかかっています。

さらにアメリカ史が頻出するのが特徴です。

ただし、大問で中国史が必ず1題出題され、小問では欧米と中国以外の地域も幅広く出題されますので注意してください。

時代については古代から現代まで幅広く出題されますが、大問で現代史、それも直近の出来事まで出題されることがあります。

分野別では、学部の性格上、経済史が多く出題されます。

たとえば、2013年度大問2「中世・近世のヨーロッパ交易史」、2014年度大問4下線部14「ECSC」、2015年度大問1「世界に流通した中国陶磁器」、2016年度大問4「自由貿易の歴史」、2017年度大問3「アメリカ合衆国における政治経済」などです。

 

難易度としては、教科書レベルを超えた難問が散見されます。

ただし大半は教科書内容の応用レベルで、全体として難易度は高めです

 

早稲田大学商学部世界史の対策&勉強法

 

対策&勉強法①論述問題は現代史に注意

 

事項・事柄の内容説明や歴史的意義を問う設問が多いですが、時事問題をからめた問題が出題されることがあります。

上記のように、アメリカ史が出題されることもしばしばです。

たとえば、2017年度大問4下線部14「1970年代の世界的な経済危機」がそうです。

現代史もアメリカ史も学習が手薄になりがちなので注意しましょう。

 

対策としては、まず通史を現代まで学習を終わらせることです。

基本は教科書ですので本文をよく読むのはもちろんですが、側注または脚注、写真や地図・図版のキャプションにも目を通しておいてください。

次いで簡潔に要点をまとめて100字以内で収める訓練をすることです。

そのために100字程度の論述問題を数多くこなしましょう。

とくに字数超過には気をつけてください。

0点にされるかもしれません。

 

対策&勉強法②正誤問題・語句記述はきめ細かな学習を

 

上述しましたように、正誤問題は全50題中20題と比率が高く、そのうえ難問が出題されることがあります。

とくに文化史では難問が出題されます。

たとえば、2017年大問2問K「スコットランドを代表する学問や技術」を問う設問、大問3問F「カリフォルニアに関する説明」がそうです。

文化史も学習が手薄になりがちですので、学習を怠らないようにしましょう。

語句記述問題についても、やや詳細な設問が出題されることがあります。

たとえば、2017年大問4空欄2「カント」・空欄3「クーデンホフ=カレルギー」がそうです。

とは言え、大半は教科書レベルの出題ですので、それを取りこぼさないようにしましょう。

こちらも本文だけではなく、側注または脚注、写真・図版のキャプションもきちんと読み込んでおかなければなりません。

また、語句を間違って覚えないように、何より本番では間違って書かないように、日頃から訓練しておいてください。とくに漢字の書き間違いは即×ですので注意しましょう。

 

対策&勉強法③年代整序に慣れておこう

 

年代整序は、解くのにどうしても時間がかかります。

2013年度に3題出題されましたので要注意です。

年号は覚えなければなりませんが、出来事がどのように起こったかという流れをまず把握しておきましょう。

事項を学習するとき、語句の丸暗記ではなく、前後関係もおさえておくことです。

手間はかかりますが論述にも役立ちますので、やってみてください。

 

対策&勉強法④時事問題に目配りしておこう

 

2017年度大問4のように、直前2016年のイギリスのEU離脱を受けたと思われる出題がなされることがあります。

ただし、EU自体は2002年度と2014年度にも出題されていますので、テーマとしては頻出です。

また、2017年度大問3L「カリフォルニア州に本拠を置いていない会社」のように、一般教養の問題では、というような設問が出されることもあります。

日頃から、新聞やニュース番組に触れておくようにしましょう。

 

対策&勉強法⑤苦手分野をつくらないようにしましょう

 

上記しましたように、欧米史に比重のかかった出題傾向にあります。

とはいえ、中国史は必出ですし、2017年度は出題がなかったもののイスラーム史東南アジア史が出題されることもありますので、抜けのない学習が必要です。

繰り返しますが、現代史と文化史は後回しになりがちです。

通史は早めに終わらせるなど、計画的に学習するように心がけてください。

 

過去問を解くことがとても重要です。

上記のEUもそうですが、2016年度大問3問F「アメリカ連合規約」の設問は2013年度大問3問Fにほとんど同じでした。

さらに、商学部はもちろんのこと他学部の過去問もできる限り解くようにすると良いでしょう。

また直前の対策として、文学部以前に試験が実施された学部の問題を入手して解くことも有効です。

似たような問題が出題されることがあります。

本年度は商部の試験日が2/21ですから、文化構想学部(2/12)と国際教養学部(2/13)、法学部(2/15)、文学部(2/17)、人間科学部(2/18)、教育学部(2/19)、政治経済学部(2/20)の問題を解くことが可能です。



⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら




大和@受験講師
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。
開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。
⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら



無料で、英語 長文の読み方を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める方法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値77.7、全国4位まで登りつめました。
その具体的な「英語 長文の読み方」を、無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。










3:58 PM