【筑波大学の世界史 】対策&勉強法!傾向と難易度も!社会/人文/生命環境/情報/人間学部








36秒で読めます。

筑波大学の世界史で合格点を取る対策&勉強法

 

筑波大学の世界史の傾向と対策&勉強法

筑波大学の世界史の傾向と難易度

 

全体的な出題傾向として、時代区分は古代史〜近現代史までまんべんなく出題されています。

古代・中世・近代・現代から1問ずつの年も多く、バランスよく出題されているといえるでしょう。

地域もヨーロッパ・アジア・イスラーム世界とマイナーな地域が出ることはほとんどなく、歴史の王道と呼ばれる地域や事象が問題として出題されています。

制限時間120分大問4問の出題となっており、問題は全て400文字の記述式です。

大問1つに対して、問題文と4〜5個の指定語句が提示されています。

指定語句は全て使用することになっています。

設問に登場する指定語句は、教科書の太文字レベルのものが多く、用語集などにも重要語句として説明されているものがほとんどです。

稀に使用に困る語句が見受けられることもありますが、基本的には連関するものが指定語句として採用されています。

オーソドックスな問題文で、分野も政治史や経済史、文化史など様々な分野から出題されています。

比較的文化史は少なめですが、政治史と経済史をセットで論じる問題など近年は複合的な問題も増えてきています。

 

出題される語句のレベルは、教科書にも登場するものがほとんどのため、標準レベルです。

ただし、範囲が古代〜近現代まで幅広いため、難易度は高めといえるでしょう。

何より、400文字の文章を制限時間内に、4問解かなければならず、120分の制限時間は余裕があるとはいえません。

問題内容も平易なものですが、事項の前後関係や歴史的出来事の因果関係などを全て把握しておかなければならず、問題に対する準備も必要といえるでしょう。

数世紀にわたる歴史的状況を説明しなければならないので、世界史の全体像を知っておかなければならない点では、難易度はかなり高いといわざるを得ません。

>>英語の偏差値が40から70に上がる方法、知りたくないですか?➡

 

筑波大学の世界史の対策&勉強法

 

対策&勉強法①首尾一貫した文章

 

400文字の論述問題で得点となる部分は以下の通りです。

①設問に対して400文字以内で書けているか。(最低でも8割以上書けているか)
②指定された語句を正しく説明できているか。(教科書レベルの平易な説明が書けているか)
語句と語句の因果関係を把握し、正しく年代順に使用できているか。

まず、①については、いきなり400文字もの首尾一貫した文章を書くのは難しいので、短めの論述を解くことで少しずつ慣れていきましょう。

40文字や80文字といった短い論述を繰り返して、400文字の論述のネタになるパターンをストックしていきます。

一定程度ストックができたら、400文字の論述にチャレンジしてみましょう。

過去問や類似の問題を解いたら、先生に採点をしてもらうのが最適です。

最初は時間を気にせず、じっくり取り組み、問題に慣れたら、時間内にできるかどうかタイムトライアルを実施しておくと本番で慌てずに済みます。

>>入試までもう間に合わない!諦めたくない受験生はこちら

 

対策&勉強法②指定された語句を正しく説明

 

②については、指定された語句は教科書に出てくる太文字部分なので、太文字部分を洗い出し、教科書の説明を合わせて覚えると良いでしょう。

覚える際は、用語集などで調べる習慣をつけ、何度も書いたり音読することで記憶に定着させます。

教科書の文章は、実は平易でコンパクトな文章表現なので、論述の際は教科書の書き方を意識すると得点につながります。

 

対策&勉強法③戦争や社会情勢の変化の流れをつかむ

 

③については、戦争の経過や社会情勢の変化などが問われることが多いです。

資料集などの流れ図や図表などで、日頃から時代の推移などを押さえて置くようにしましょう。

例えば、イスラームの政治の変化が問われた場合、「ムハンマド」「ムアーウィヤ」「ハールーン=アッラシード」「トゥグリル=ペグ」「サラディン」と語句が指定されていた場合、

ムハンマドの時代:ムハンマド

正統カリフの時代:

ウマイヤ朝の時代:ムアーウィヤ(創設者)

アッバース朝の時代:ハールーン=アッラシード(最盛期)

セルジューク朝の時代:トゥグリル=ペグ(創設者)

アイユーブ朝の時代:サラディン(創設者)

時代区分と人名が正しく対応させられるよう、漫然と流れを押さえるだけでなく、簡易的な図を自分で書いてみると整理できます。

筑波大学の試験は、各時代別にバランスよく出題されており、他大学で近現代の出題が増えている昨今、古代史の比率が高いのが特徴です。

重点的に古代史の流れを押さえておくと得点アップにつながるでしょう。


↑のボタンから友達追加をして頂ければ、「無料」で私が英語の偏差値を40から、70.4まで上げた勉強法をお教えします!
このLINEアカウントに登録して、自動的に料金が発生することは一切ございません。

⇒センター試験の英語で「満点」を狙う回答テクニックはこちら

⇒時間がない!合格を諦めかけている受験生はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡

⇒【無料LINE講座!】受験英語を無料で教わりたい受験生はこちら

>>30日で早慶・国公立の長文が読めるようになる方法はこちら

受験エキスパート
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。
開発した「独自の英語長文読解法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。
センター試験の英語の対策法も研究し、無料で公開している。






⇒今日から使える!センター英語の回答テクニックはこちら



































【無料】LINEで英語長文の読み方を教えています!


たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める方法


単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値70.4、全国22位まで登りつめました。
その具体的な「英語長文の読み方」を、無料でLINEにてお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。


↓の「友達追加」を押した後、「追加」を押してください。
【登録者限定!】無料でセンター試験の英語で満点を取る回答テクニックもプレゼント中!


Copyright© 大学受験の偏差値が上がる勉強法 , 2019 All Rights Reserved.