【大学受験エバースタディ】~大学受験の勉強法~

富山大学の二次試験の英語の対策&勉強法!傾向と難易度も【自由英作文】


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

249秒で読めます。

富山大学の二次試験の英語で合格点を取る対策

富山大学の二次試験の英語

 

富山大学の英語の傾向と難易度

 

富山大学の英語は、長文2題と短めの自由英作文が1題。

90分の時間内で3題しか問題がないので、時間には相当な余裕があります。

また長文もとても読みやすいので、全体的な英語の難易度は易しめと言えるでしょう。

ただ設問の全てが記述問題になっているので、深い理解と記述力が求められます。

マーク式の問題のみであるセンター試験の英語だけを対策していると、自力で答えを作り出すのは難しいでしょう。

センター試験の英語の対策と富山大学の二次試験の対策を、早いうちから並行で勉強しておくことが大切です。

>>英語の偏差値が40から70に上がる方法、知りたくないですか?➡

 

富山大学の英語長文の対策法

 

富山大学の英語長文和訳問題と、長文の内容を日本語で記述する問題がメイン。

両方の問題において大切なのは「文章全体のストーリーを理解する」こと。

和訳問題にしても論述問題にしても、該当部分のみを見て答えるのは難しいです。

該当部分だけを頼りに解こうとすると、例えば分からない単語が1つでもあったらそれだけで回答できなくなってしまいますからね。

文章全体の文脈をヒントにして、分からない部分を推測できるようにしましょう。

そのためには1文1文を「翻訳」する意識ではなく、1文1文をしっかりと精読し、文と文のつながり、パラグラフごとの流れ、そして全体の要点を理解することを心がけてください。

文章全体のストーリーを理解できれば、和訳問題や論述問題の難易度がグッと下がりますよ。

また富山大学のでは指示語や代名詞を明確になっていない部分が問いになっているケースが多いので、やはり文脈を追っていくことが大切です。

>>あなたは天才?凡人?「勉強センス診断」はこちら

 

和訳問題の対策法

 

和訳問題に答える際に注意しなければいけないのは、翻訳機にかけたような訳を作らないようにすること。

翻訳機能を使って英語を日本語に直すと、ちょっとおかしな日本語が出来上がることがありますよね。

単語や文法を1つ1つルールに当てはめて、無理やり日本語に直すから不自然な文になってしまうんです。

和訳問題に答えるときは直訳の意味だけでなく、文脈にぴったり合い、なおかつ自然な日本語を作るよう心掛けてください。

 

富山大学の自由英作文の対策法

 

富山大学の自由英作文は、年によって書く内容が大きく変わります。

自分の意見を述べる問題から、道案内をする問題まで。

色々な形式の自由英作文を解いて、どんな問われ方をしても答えられるようにしましょう。

1日1題の自由英作文を解くことを目標にして、解いた問題は全て、最終的に完璧な回答を作り上げてください。

完璧に書けるようになった問題のストックを1つずつ増やしていくことで、対応力が上がっていきます。

 

また自由英作文を書けるようにするためには、もちろん短文が書けなければいけません。

重要な構文を含んだ例文をたくさん暗記しましょう。

そうすれば後は単語や並びを少し変えることで、色々な文を書けるようになります。

 

また日ごろから頭の中で「これって英語で表現するとどうなるんだろう」と考えることで、表現できる内容が増えていきます。

「今日は疲れたから、家に帰ったらすぐに寝たいなー」と思ったら、それを英語にするにはどうしたら良いんだろう?と考えてみてください。

スマホにメモを残しておいて、寝る前に英語に直すと良いでしょう。

この作業を頻繁に行う事で、頭に思い浮かべて日本語がどんどん英語に直せるようになるので、英作文の力はもちろん、英会話の力も磨かれていきますよ。

 

富山大学の英語の対策法まとめ

 

富山大学の英語は記述力が求められますが、英語の難易度自体はさほど高くありません。

センター試験の英語がある程度解けるようになってきたら、早めに富山大学の英語の対策にも入りましょう。

記述問題を解くためにはマーク問題よりも深い理解が求められますから、より英語力が上がり、センター試験の得点率も上がるでしょう。

>>安定して合格点を取る!最強の過去問演習法はこちら

>>富山大学の英語長文が、どうしても読めない受験生はこちら

>>英語の偏差値が40から70に上がる方法、知りたくないですか?

>>60秒でできる!あなたの勉強センス診断はこちら





⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡
大和@受験講師
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。
開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。


⇒【天才?凡才?】60秒勉強センス診断はこちら!
⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら➡

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡



無料で、英語 長文の読み方を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める方法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値70.4、全国22位まで登りつめました。
その具体的な「英語 長文の読み方」を、無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。







12:02 PM