【東京工芸大学の英語】工学部&芸術学部の英語の対策&勉強法!過去問の傾向と難易度も








234秒で読めます。

東京工芸大学の英語の対策&勉強法

 

東京工芸大学の英語

東京工芸大学の英語の傾向と難易度

 

東京工芸大学の英語は英語長文会話、文法問題の3つがメイン。

どの問題も難易度はとても易しく、基礎的な問題ばかりです。

時間制限も60分と余裕があり、落ち着いて問題に取り組めるでしょう。

英語長文は問題数が多く、「できる」「できない」が大きく分かれてしまう部分です。

易しい長文は安定して読めるように、最低限の実力は身につけておいてください。

>>東京工芸大学の英語で合格点を取る方法、知りたくないですか?➡

 

東京工芸大学の英語長文の対策法

 

英語長文はテーマも分かりやすく、英文そのものも読みやすいです。

1文1文の易しい英文を確実に読めるようにしていけば、問題なく合格点が取れるでしょう。

設問も「文章が読めていれば解ける」ものばかりなので、英文をしっかりと読んでいくことにフォーカスしてください。

日ごろから精読のトレーニングをたくさん積んでいくことが、攻略のカギになります。

 

文章に関する問に答える問題の解き方

 

長文に関する問いに対して、正しい選択肢を選ぶ問題。

基本的に設問の順番は長文の流れと並行に進んでいます。

「設問を読む→答えを探しながら長文を読む→答えが見つかったら次の設問へ」と繰り返して、最後まで解き進めてください。

文章を読みながら解いていくことで、スピードと正答率が上がります。

 

内容一致問題の解き方

 

内容一致問題は2択式になっていることが多いです。

マルかバツかを選べばよいだけなので簡単そうに見えますが、意外と難しい問題。

2択になれば周りの受験生の正答率も上がりますし、さらに細かい部分まで問われるようになります。

最後まで長文を読み進めてから解こうとすると、細かい部分が頭から抜けてしまっていて、正解できない可能性もあるでしょう。

パラグラフを1つ読むごとに問題に目を通し、判断できるものからチェックをつけていってください。

そうすれば長文を読み終えた時には、正しく回答ができているはずです。

>>【無料】東京工芸大の英語の攻略法をLINEで教わりたい受験生はこちら

 

東京工芸大学の会話問題の対策法

 

会話問題はオーソドックスな空所補充型。

下線が引かれた部分の、意味が問われる問題も出題されています。

どちらも会話文の内容が理解できていれば、問題なく回答できます。

会話文を読む際には登場人物や雰囲気をイメージしながら、会話の流れを確実に追っていってください。

 

その途中で空所や下線部が出てきたら、問題に取り組んでいきます。

選択肢を見る前に「自分だったら、どんな発言をするかな?」と推測し、一番近い選択肢を選んでいきましょう。

先に選択肢を見てしまうと、どうしても先入観が入ってミスしやすくなってしまいますからね。

 

東京工芸大学の文法問題の対策法

 

文法問題は基礎的な内容ばかりなので、講義形式の参考書に取り組み、1冊問題集を完璧にしておけばそれでOK。

基本的な問題をいかに落とさず、得点できるかがカギになります。

文法問題では前置詞や接続詞、副詞なども問われているので、このあたりは日ごろから勉強をしておいてください。

また発音・アクセント問題が狙われることもあるので、こちらも対策が必要です。

日常的に発音に注意して語彙を覚えていくのがベストではありますが、さほど配点も高くないので、「関正生の英語の発音・アクセントプラチナルール」など発音・アクセント用の参考書を1冊勉強しておくのも良いでしょう。

 

東京工芸大学の英語の傾向と対策まとめ

 

ここまでお伝えしたした通り、東京工芸大学の英語は基礎問題がほとんどです。

応用問題の対策は必要ありませんので、とにかく日ごろから基礎固めを徹底してください。


↑のボタンから友達追加をして頂ければ、「無料」で私が英語の偏差値を40から、70.4まで上げた勉強法をお教えします!
このLINEアカウントに登録して、自動的に料金が発生することは一切ございません。

⇒センター試験の英語で「満点」を狙う回答テクニックはこちら

⇒時間がない!合格を諦めかけている受験生はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡

⇒【無料LINE講座!】受験英語を無料で教わりたい受験生はこちら

>>30日で早慶・国公立の長文が読めるようになる方法はこちら

受験エキスパート
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。
開発した「独自の英語長文読解法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。
センター試験の英語の対策法も研究し、無料で公開している。






⇒今日から使える!センター英語の回答テクニックはこちら























【無料】LINEで英語長文の読み方を教えています!


たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める方法


単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値70.4、全国22位まで登りつめました。
その具体的な「英語長文の読み方」を、無料でLINEにてお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。


↓の「友達追加」を押した後、「追加」を押してください。
【登録者限定!】無料でセンター試験の英語で満点を取る回答テクニックもプレゼント中!


Copyright© 大学受験の偏差値が上がる勉強法 , 2019 All Rights Reserved.