【大学受験】友達やライバルとの人間関係について!学校や予備校/塾で喧嘩になる?






148秒で読めます。

友達やライバルとの人間関係について

 

大学受験の勉強をしていると、友達との人間関係が悪くなってしまうこともありますよね。

お互いの成績を意識しあってると、特に喧嘩の原因になってしまうケースが多いです。

友人やライバルと切磋琢磨しながら頑張っていくには、どう考えていけば良いのでしょうか。

私なりの考えをまとめてみましたので、ぜひご覧ください!

 

友達との喧嘩は百害あって一利なし

 

受験のことで友達と喧嘩をしたり、仲が悪くなってしまったりするのは、当然ですが百害あって一利なし。

大切な友達との縁が切れてしまう可能性もありますし、あなた自身も大きなストレスを感じるでしょう。

受験勉強において勉強以外の悩みを持ってしまうと、成績も中々伸びていきません。

ですから「受験を成功させるためには、人間関係を良好にすることがとても大切」だということを、頭に入れておいてください。

人間関係が良くなればあなたにとっても、その周りの人にとっても、受験を成功させる大きな要因になります。

>>早稲田大学の卒業生が語る!最強の英語の勉強法はこちら➡

 

自分のゴールを明確にすれば、人間関係が良くなる

 

お互いの成績を過剰に意識してしまうと、どうしてもぎくしゃくしてしまいます。

ですからあなた自身のゴールをきちんと設定して、それを達成することだけを考えるようにしましょう。

具体的には「志望校の過去問で合格点を取れるようにする」ことが最も信頼度の高い結果であり、これをクリアできれば志望校に合格できる確率は高いといえます。

「偏差値」「他人の成績」など余計なことをあまり考えず、過去問で合格点を取ることだけを考えて勉強に取り組んでみてください。

そうすれば人間関係に限らず、多くの悩みが消えていくでしょう。

>>入試までもう間に合わない!諦めたくない受験生はこちら

 

友達の結果は、あなたには変えられない

 

どんなに友達やライバルの成績が良くても、あなたの合否には一切影響はありません。

そしてあなたがどんなに願っても、他人の成績を動かすことはできません。

つまり他者の成績のことを考えるのは、全くもって無駄なことでしかないんです。

自分の力で動かせない事柄について考えても、勉強の妨げになってしまうだけ。

他者の成績がどうなっても、それは「自分では変えることのできない現実」であると割り切って、自分の勉強に集中しましょう。

 

友達やライバルとの人間関係まとめ

 

・人間関係がぎくしゃくしてしまうと、お互いの成績に悪影響が出る

・志望校の過去問で合格点を取ることだけを考えて、勉強を進める

・他人の成績は、変えることができない現実だと受け止める


⇒センター試験が廃止!3分でわかる共通テストの解説はこちら

⇒時間がない!合格を諦めかけている受験生はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡

⇒【LINE講座!】受験の英語をLINEで相談したい受験生はこちら

>>30日で早慶・国公立の長文が読めるようになる方法はこちら

受験エキスパート
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。 英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。 浪人期に図書館にこもって研究し、 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発券し、偏差値を73まで上げ、早稲田大学に合格。 通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。 自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。 開発した「独自の英語長文読解法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。 センター試験の英語の対策法も研究し、無料で公開している。


⇒センター試験が廃止!3分でわかる共通テストの解説はこちら























LINEで英語長文の読み方を教えています!


たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める方法


単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値70.4、全国22位まで登りつめました。
その具体的な「英語長文の読み方」を、LINEにてお伝えしています。
勉強や受験に関する相談も受け付けています!



Copyright© 大学受験の偏差値上がる勉強法 , 2020 All Rights Reserved.