東海大学の英語の傾向と難易度/レベル!合格点を取る対策法も


東海大学の英語の傾向

東海大学は医学部のみやや傾向が異なるため、ここでは「医学部以外」の英語について解説していきます。

>>東海大学医学部の英語の傾向と対策はこちら

東海大学の英語は「英語長文」「語彙・文法」「会話」の3つが、バランス良く出題されています。

やや珍しい傾向の問題も出題されていますが、ひねられた問題は少ないので、きちんと問題文を読んでいけば問題ありません。

英語長文は文章量がさほど多くなく、その他の問題も知識だけで回答できる問題がたくさんありますから、しっかりと基礎を固めておけば合格点を取ることができます。

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

 

東海大学の英語の難易度

東海大学の英語の難易度は易し目で、基礎・基本の問題が回答できれば高得点が取れるようになっています。

中学校レベルから、高校で習う内容まで完璧にすれば、間違いなく合格点を取ることができます。

しかし多くの受験生は、基礎をおろそかにして、背伸びをして応用的な対策をしてしまうので、なかなか合格点に到達しないんです。

「語彙」「文法」「読解」の3つをしっかりと基礎から固める、これだけでOKです。

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

 

東海大学の英語長文の対策法

東海大学の英語長文は全体的に、内容の理解を問う問題が多くなっています。

長文を読めていれば解ける問題がほとんどで、なおかつ配点が高いので、逆に言えば長文が読めていないと不合格になる可能性がかなり高くなります。

1文1文を正確に読めるように、日ごろからトレーニングに取り組みましょう。

 

設問は長文の流れに沿って作られていて、例えば1問目や2問目の設問の回答の根拠は、長文の冒頭に記載されているケースが多いです。

「設問を読む→答えを探しながら長文を読む→答えが見つかったら次の設問を読む」という流れで進めていくと、効率的に解き進められます。

>>1ヶ月で早稲田慶應・難関国公立の英語長文がスラスラ読めるようになる方法はこちら

 

正誤問題の解き方

東海大学の英語長文では、長文に関する英文が正しいか誤っているか、2択で判断する問題が出題されています。

2択だと易しく感じるかもしれませんが、2択だからこそ細かい部分まで問われるので注意が必要です。

長文を最後まで読んでから解こうとすると、細かい部分が頭から抜けてしまっていて、また長文を読み直さなければいけなくなります。

ですから長文のパラグラフを1つ読むごとに、選択肢に目を通して、判断できるものから解いていきましょう。

こうすればスピードも正確度も高められるのでおススメです。

>>1ヶ月で早稲田慶應・難関国公立の英語長文がスラスラ読めるようになる方法はこちら

 

東海大学の語彙・文法問題の対策法

語彙や文法の問題は全くひねりが無いので、基本を固めておけば問題ありません。

語彙は共通テストレベルまで暗記して、文法は基礎的な講義形式の参考書と問題集を1冊ずつ完璧にしておきましょう。

うろ覚えにせずに覚え切ることがとても重要で、これさえできれば高得点を取ることができます。

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

 

東海大学の会話問題の対策法

会話問題の中で「会話特有の表現」を問われることは少なく、会話の流れを読み取れていれば答えられる問題がほとんどです。

特別な対策は必要なく、日ごろから少し会話問題を解いておけば十分でしょう。

会話文を読む際には「情景や話者の感情を想像する」ことで、理解度が上がります。

設問部にぶつかったら、「自分だったらここで、どんな発言をするだろう」と推測して、その上で選択肢を見るようにしてください。

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

 

東海大学の英文の並び替え問題の対策法

4つの英文を正しい順番に並び替える問題。

この問題はまず初めに、「指示語」「接続詞」「代名詞」「副詞」などから、文法的な観点で順序を考えてください。

「2番には指示語があって、1番に固有名詞があるから、1→2の順番」など、明確に分かるケースも少なくありません。

これである程度絞ったうえで、文脈的な観点から整えていけば、スムーズに回答できるでしょう。

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

 

東海大学のグラフに関する問題の対策法

グラフとそのデータに関する英語の文章がセットになっていて、空所を補充する問題。

形式としてはやや珍しいですが、特段に対策をする必要はありません。

最初にグラフのタイトルと中身を見て、ざっくりと内容を頭に入れておきます。

その上で英文を読んでいき、グラフと見比べながら、空所を補充していくだけです。

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

 

東海大学の英語の対策法まとめ

ここまでお伝えした通り、東海大学の英語は「基礎固め」がカギになっていて、それ以外の対策は不要と言っても過言ではありません。

日ごろから基礎知識をうろ覚えにすることなく暗記して、基本的な英文は正確に読めるようにトレーニングを重ねていきましょう。


⇒【秘密のワザ】1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた方法はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【速読】英語長文を読むスピードを速く、試験時間を5分余らせる方法はこちら

   1ヶ月で英語の偏差値が70に到達

現役の時に偏差値40ほど、日東駒専に全落ちした私。
しかし浪人して1ヶ月で「英語長文」を徹底的に攻略して、英語の偏差値が70を越え、早稲田大学に合格できました!

私の英語長文の読み方をぜひ「マネ」してみてください!
・1ヶ月で一気に英語の偏差値を伸ばしてみたい
・英語長文をスラスラ読めるようになりたい
・無料で勉強法を教わりたい

こんな思いがある人は、下のラインアカウントを追加してください!




⇒【秘密のワザ】1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた方法はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【速読】英語長文を読むスピードを速く、試験時間を5分余らせる方法はこちら










この記事も読まれています

1

私は受験生の時に、全国記述模 試で22位にランクインし、早稲田大学に合格しました。 そして自ら予備校を立ち上げ、偏差値30台の受験生を難関大へ合格させてきました。 早稲田大学卒という学歴があるため、今 ...

2

大学受験の勉強を始めるときに誰もが思うのが、「受験勉強って、何をすれば良いの!?」ということ。 「勉強を頑張るぞー!!」という気持ちはあっても、どう動けばよいか分からない。 そして少しずつ熱も冷めてし ...

3

大学受験の勉強、いつから本気出そうかな。 いつから受験勉強を始めれば、志望校に合格できるんだろう。 私も高校2年生の時、こんなことをいつも考えていました。筆者 高校がさほど頭の良いところではなかったの ...

4

私は受験生の時に、全国記述模試で22位にランクインし、早稲田大学に合格しました。 そして自ら予備校を立ち上げ、偏差値30台の受験生を難関大へ合格させてきました。 もちろん模試は下の写真のように、ほとん ...

5

赤本の使い方と復習ノートの作り方!いつから何年分解く? 受験生受験勉強と言ったら赤本ですけど、いつから解くのか、どうやって復習するか全然分からないです・・・。 「赤本」は受験勉強の中で、合否に1番関わ ...

6

インターネットでは「ニッコマは超余裕」なんて書き込みを、目にすることが多いです。 私が受験生の時も「日東駒専は滑り止めにしよう」と、少し見くびってしまっていました。 結果として、現役の時は日東駒専には ...

7

志望校を決めるときに、国公立大学にするべきか私立大学にするべきか、悩みますよね。 少し学力の高い高校だと「国公立大学は私立大学よりも優れている」、「国公立大学を目指すべきだ」という先生方も多いです。 ...

Copyright© 受験の相談所 , 2021 All Rights Reserved.