【東北大学の物理】傾向と対策&勉強法!理系学部の物理(歯/医/薬/理/工/農)


▶1ヶ月で英語の偏差値が43から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

東北大学の物理で合格点を取る対策

 

東北大学の物理の傾向と対策&勉強法

 

東北大学の物理の傾向と難易度

 

は前期試験のみ実施され、前期試験の物理は大問3題で構成されており、試験時間は化学および物理の2科目で150分となっています。

解答は全て記述形式です。

 

特徴の一つは、小問どうしの関連性がある誘導形式の問題になっているという点です。

そのため、小問どうしの関連性に気づき問題を解き進めていくことができれば、最後まで問題を解ききる事が出来ます。

つまり、他大学の問題と比較して、解答の方向性で悩むことは少ないと言えます。

また、もう一つの特徴としては、証明問題や図示させる問題が多いということです。

そのため、例年、問題によっては解答の記述量がやや多くなる傾向があります。

 

出題範囲は、力学、電磁気および波動、これら全般となっています。

問題の難易度は標準的なものがほとんどです。

しかしながら、標準的な問題であるからこそ物理の思考力を丁寧に問う良質な問題が多く、論理的思考力が要求されることに加え、計算量が多めであるため、速く正確に解く力が求められます。

しかし、毎年ではないものの難易度の高い問題が出題されることがあるため、標準的な問題が解けるだけではだけでは太刀打ちできず、応用力や発想力が問われる問題もあります。

>>1ヶ月で早稲田慶應・難関国公立の英語長文がスラスラ読めるようになる方法はこちら

 

東北大学の物理の対策&勉強法

 

対策&勉強法①基本事項を使いこなす

 

東北大学の物理攻略には、基本事項を理解し、標準的な問題、また応用が利く思考力が必要です。

基本事項の理解とは、全般において物理の概念を理解していること、定理を理解し使いこなせることが求められます。

特に、東北大学では基本事項を問われる問題が少しではあるが出題されることがあるため、基本事項をきっちり理解しておく必要があります。

教科書を利用すれば基本事項の理解はできますが、公式等を丸暗記しようとするのではなく、なぜこうなるのか、なぜこのように論理展開していくのかを理解しながら進めていきましょう。

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

 

対策&勉強法②記述型標準問題の演習

 

基本事項が正しく身についたら、問題演習を行いましょう。

問題集は、2次標準レベルのものを選ぶとよいです。

意識してほしいのは、数多くの問題演習をこなすということです。

東北大学の傾向として、思考力計算力を問う問題が多いため、根気強い対策が求められます。

計算量が多い問題や思考力が必要な問題は煩わしいと感じるかもしれませんが、得点を伸ばすためには絶対に必要な過程です。

計算過程を省略して解説を読んで何となくわかった状態になることが一番危険ですので、東北大学を目指す場合は、腰を据えて自分自身の手でたくさん計算量を積んでください。

 

対策&勉強法③答案作成練習

 

前述した通り、東北大学の問題はすべて記述問題です。

したがって、答えだけでなく、答えに至るまでの思考プロセスを試験管である大学の先生にわかるように記述する必要があります。

これが出来なければ、いくら正しい答えが導けていたとしても、得点はもらえません。

また、東北大学の物理は文字式による解答がほとんどですので、この答案作成練習が欠かせません。

途中で書きミス等があると後々響いてくるため、丁寧に答案を作成し、その都度確認していくことが重要になります。

自分が理解しやすいように、文字を綺麗に整理することが、下記ミスを無くすことにも繋がります。

 

対策&勉強法④過去問演習で総仕上げ

 

ある程度思考力や計算力が身についてきたら、東北大学の物理の問題を実際に解いてみましょう。

小問どうしの関連性を考えて解答することを意識し、出題傾向やクセをつかみましょう。

最低でも直近の5年分は解いておきましょう。

手元にもっと問題があれば10年分は解いてもいいです。

得点がもらえる答案作成の練習という側面も忘れないでください。

何度も解いて思考力や計算力を養うと同時に、文字式の整理の仕方も自分なりに決めておくと本番でも確認が楽になります。

東北大学の物理を攻略し、合格を勝ち取ってください。



▶1ヶ月で英語の偏差値が43から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら


⇒【秘密のワザ】1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた方法はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【速読】英語長文を読むスピードを速く、試験時間を5分余らせる方法はこちら









この記事も読まれています

1

私は受験生の時に、全国記述模 試で22位にランクインし、早稲田大学に合格しました。 そして自ら予備校を立ち上げ、偏差値30台の受験生を難関大へ合格させてきました。 早稲田大学卒という学歴があるため、今 ...

2

大学受験の勉強を始めるときに誰もが思うのが、「受験勉強って、何をすれば良いの!?」ということ。 「勉強を頑張るぞー!!」という気持ちはあっても、どう動けばよいか分からない。 そして少しずつ熱も冷めてし ...

3

大学受験の勉強、いつから本気出そうかな。 いつから受験勉強を始めれば、志望校に合格できるんだろう。 私も高校2年生の時、こんなことをいつも考えていました。筆者 高校がさほど頭の良いところではなかったの ...

4

模試の結果が返ってきて、良ければもちろん嬉しいですし、悪いとやる気がなくなってしまいますよね。 私が受験生の時も、模試の返却はビッグイベントで、結果を見るときはとても緊張したことを覚えています。 受験 ...

5

赤本の使い方と復習ノートの作り方!いつから何年分解く? 受験生受験勉強と言ったら赤本ですけど、いつから解くのか、どうやって復習するか全然分からないです・・・。 「赤本」は受験勉強の中で、合否に1番関わ ...

6

インターネットでは「ニッコマは超余裕」なんて書き込みを、目にすることが多いです。 私が受験生の時も「日東駒専は滑り止めにしよう」と、少し見くびってしまっていました。 現役の時の受験の結果はMARCH1 ...

7

志望校を決めるときに、国公立大学にするべきか私立大学にするべきか、悩みますよね。 少し学力の高い高校だと「国公立大学は私立大学よりも優れている」、「国公立大学を目指すべきだ」という先生方も多いです。 ...

Copyright© 予備校PISTA , 2020 All Rights Reserved.