トフルゼミナールの評判と口コミレビュー!授業料や料金は?レベルは高い?


『トフルゼミナール』入塾者の体験談

トフルゼミナール

※この記事は、実際にトフルゼミナールに入塾した方に執筆していただいたものです。

 

トフルゼミナールとは?

 

学習塾であるトフルゼミナールは他の塾とは大きく異なります。

トフルゼミナール(以下トフル)の強みは英語。

その強みである英語指導力を基盤に、海外大学進学のための授業も展開

さらにTOEICやTOEFLを専門に扱った授業もあり、社会人も受講しています。

>>1ヶ月で早稲田慶應・難関国公立の英語長文がスラスラ読めるようになる方法はこちら

 

トフルゼミナールの特徴

 

前述のように、英語指導に圧倒的なウエイトを置いていることが、この塾の特徴

ですので、他塾に比べて英語の授業のラインナップがとても充実しています。

「英語だけではなく、他の教科は?」と思う方も多いかもしれませんが、トフルゼミナールでは英語の他にも国語、日本史、世界史を扱っています。

数学や理科科目については扱っていないので、文系専門塾と言っても良いでしょう。

また外国語系の大学や国際系学部の専門授業が多く展開されており、そのような大学や学部に進む生徒が多い点も特徴です。

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

 

トフルゼミナールの雰囲気

 

トフルゼミナールは大手の塾である河合塾や駿台に比べて、少人数の授業が多いです。

私は現役時代に河合塾とトフルゼミナールに通っておりましたが、トフルゼミナール方が1クラスにおける受講人数が少なく、生徒と講師の距離が近いイメージがありました。

実例を挙げると、河合塾では最大100人以上が受講する授業もありますが、トフルゼミナールは多くて30人くらいで、ほとんどの授業は10人から20人程度。

また、大手に比べると校舎が小規模で、全体の生徒数も少ないため、塾のスタッフの方が名前を覚えてくれて、親身になって相談にのってくれたり、先生に質問に行きやすかったりと、かなりアットホームな印象でした。

 

トフルゼミナールの良い所、悪い所は

 

トフルゼミナールの良い所は、何と言っても国際系大学の専門コースや授業があるところ

専門の授業がある大学としては 東京外国語大学・国際教養大学・上智大学外国語学部、総合グローバル学部・立教大学異文化コミュニケーション学部 などです。

なかでも東京外国語大学と国際教養大学の専門コースを持っている塾はトフルゼミナールのみ

私は現役時代に東京外国語大学の専門コースに所属していましたが、この大学の入試はかなり特徴的で、個人で対策することは難しかったため、このコースで専門的な対策を出来たのはとても良かったです。

 

逆に悪い所としては経済的な負担が大きい点

取る授業にもよりますが、例えば河合塾で1つの授業(週1)を通年で受講した場合約10万円かかりますが、トフルゼミナールは1.5倍はかかります。

また小規模な塾であるため、塾内模試などの質が良くはありません。

そのため模試に関しては、河合模試や駿台模試を受けたほうが良いと言えるでしょう。

 

トフルゼミナールに入って成績の上昇は?

 

自分の話になってしまいますが、センター英語に関しては入塾時は160点でしたが、最終的には198点まで上がりました。

また、外大二次試験に関しても、週三回の外大専門授業により、過去問を解けば必ず合格最低点は取れるようになりました。

自分の代の外大コースは12人いましたが、最終的には外大を受けた人全員が合格

英語の成績上昇という点においては、間違いないでしょう。


⇒【秘密のワザ】1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた方法はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【速読】英語長文を読むスピードを速く、試験時間を5分余らせる方法はこちら

   1ヶ月で英語の偏差値が70に到達

現役の時に偏差値40ほど、日東駒専に全落ちした私。
しかし浪人して1ヶ月で「英語長文」を徹底的に攻略して、英語の偏差値が70を越え、早稲田大学に合格できました!

私の英語長文の読み方をぜひ「マネ」してみてください!
・1ヶ月で一気に英語の偏差値を伸ばしてみたい
・英語長文をスラスラ読めるようになりたい
・無料で勉強法を教わりたい

こんな思いがある人は、下のラインアカウントを追加してください!




⇒【秘密のワザ】1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた方法はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【速読】英語長文を読むスピードを速く、試験時間を5分余らせる方法はこちら










この記事も読まれています

1

私は受験生の時に、全国記述模 試で22位にランクインし、早稲田大学に合格しました。 そして自ら予備校を立ち上げ、偏差値30台の受験生を難関大へ合格させてきました。 早稲田大学卒という学歴があるため、今 ...

2

大学受験の勉強を始めるときに誰もが思うのが、「受験勉強って、何をすれば良いの!?」ということ。 「勉強を頑張るぞー!!」という気持ちはあっても、どう動けばよいか分からない。 そして少しずつ熱も冷めてし ...

3

大学受験の勉強、いつから本気出そうかな。 いつから受験勉強を始めれば、志望校に合格できるんだろう。 私も高校2年生の時、こんなことをいつも考えていました。筆者 高校がさほど頭の良いところではなかったの ...

4

私は受験生の時に、全国記述模試で22位にランクインし、早稲田大学に合格しました。 そして自ら予備校を立ち上げ、偏差値30台の受験生を難関大へ合格させてきました。 もちろん模試は下の写真のように、ほとん ...

5

赤本の使い方と復習ノートの作り方!いつから何年分解く? 受験生受験勉強と言ったら赤本ですけど、いつから解くのか、どうやって復習するか全然分からないです・・・。 「赤本」は受験勉強の中で、合否に1番関わ ...

6

インターネットでは「ニッコマは超余裕」なんて書き込みを、目にすることが多いです。 私が受験生の時も「日東駒専は滑り止めにしよう」と、少し見くびってしまっていました。 結果として、現役の時は日東駒専には ...

7

志望校を決めるときに、国公立大学にするべきか私立大学にするべきか、悩みますよね。 少し学力の高い高校だと「国公立大学は私立大学よりも優れている」、「国公立大学を目指すべきだ」という先生方も多いです。 ...

Copyright© 受験の相談所 , 2021 All Rights Reserved.