【東大理三英語】東京大学理科三類の英語の傾向とレベル/難易度!対策&勉強法


東京大学理科三類の英語で合格点を取る対策&勉強法

 

東大理3

東京大学理科三類の英語の傾向

 

まずは東京大学理科1類,2類の対策法をご覧いただき、基本的な勉強法をご確認ください。

そのあとでこちらの記事で理科3類の対策法をご覧ください。

東京大学理科1類の英語の対策&勉強法法はこちら

 

理科3類入試において、英語は決して落とせない科目です。

理科1,2類は正直「点の取りやすいリスニングで30点+ライティングをミス無く無難にこなして15〜20点+他の点をかき集めて10〜15点」の計60点程度でも、他教科で十分巻き返せるのが現状です。

ただ理科3類に関して言えば、この考え方は捨てるべきです。

なぜなら理科3類受験者のほとんどが英語で高得点を狙ってくるからです。

英語は単語を含め積み重ねてさえいれば点を取れるという側面も大きく、その点中高一貫教育を受けていた受験生や浪人生は確実に英語で点をかき集めてきます。

理科3類は特に有名私立高校からの受験が多いという特徴もありますから、英語は「高得点を期待できる」ではなく「高得点でなくてはいけない」教科です。

その点から考えると理科3類に関して言えば、安定して80〜90点(これ以上は帰国子女以外でもまれだと言われています)を叩き出せるようになることが必要となります。

>>1ヶ月で早稲田慶應・難関国公立の英語長文がスラスラ読めるようになる方法はこちら

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

 

東京大学理科三類英語で高得点を叩き出す対策&勉強法

 

もちろん理科1,2類同様に簡単な英文の読み書きやリスニングを総合的に鍛えるのがベースの勉強法ですが、理科3類受験者に関しては、「英語の小説を何冊か読む」ことをオススメします。

過去問を分析して分かる通り東大英語においては大問2,3のライティング・リスニングは比較的点が取りやすく、大問1,4は毎年難易度の変化も形式の変化も少ない、過去問慣れが高得点につながる問題となっています。

実際これらは地力で対処できる局面も多いので、とにかく形式にさえ慣れてしまえば高得点が期待できるでしょう。

 

ただ大問5に限っては毎年予測がつきませんし、分量や難易度も年によってまちまちです。

それに加えて小説は地の文の中に突然登場人物の感情が放り出されていたり、登場人物がたくさんだったりすることもあります。

しかし日常の英語の勉強や一般的な参考書では、小説の対策はできません。

どの問題文もだいたい論説文やエッセイだからです。

だからこそ、思い切ってまとまった小説を1冊でもいいので読んでみてください。

1冊読むとなると登場人物も多く、表現も様々で、あなたの知らない語もたくさん登場するでしょう。

オススメは「ハリーポッター」シリーズです。

このシリーズなら日本語でストーリーを知っている人も多いのに加え、表現も中身も参考になるものばかりです。

読めば読むほど、あなたの英語力は「総合的に」鍛えられていくんです。

 

東京大学理科三類英語の対策&勉強法まとめ

 

もしかすると「本を読め!」というだけではアドバイスになってないよ、と感じる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし東大英語において、本質的に対策が遅れやすく、得点が安定しないのはやはり大問5なんです。

一般的な問題集で練習して地力が付いてきた受験生なら大問1〜4はなんとか乗り越えられますが、大問5が普段の学習で自然と対策できている、ということはめったにありません。

だからこそ馬鹿らしく思えても、一度「小説を読む」というのを実践してほしいと思います。

小説慣れは英語の点数の安定、ひいては理科3類合格に大きく近づくための第一歩なのです。





⇒【秘密のワザ】1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた方法はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【速読】英語長文を読むスピードを速く、試験時間を5分余らせる方法はこちら









この記事も読まれています

1

私は受験生の時に、全国記述模 試で22位にランクインし、早稲田大学に合格しました。 そして自ら予備校を立ち上げ、偏差値30台の受験生を難関大へ合格させてきました。 早稲田大学卒という学歴があるため、今 ...

2

大学受験の勉強を始めるときに誰もが思うのが、「受験勉強って、何をすれば良いの!?」ということ。 「勉強を頑張るぞー!!」という気持ちはあっても、どう動けばよいか分からない。 そして少しずつ熱も冷めてし ...

3

大学受験の勉強、いつから本気出そうかな。 いつから受験勉強を始めれば、志望校に合格できるんだろう。 私も高校2年生の時、こんなことをいつも考えていました。筆者 高校がさほど頭の良いところではなかったの ...

4

模試の結果が返ってきて、良ければもちろん嬉しいですし、悪いとやる気がなくなってしまいますよね。 私が受験生の時も、模試の返却はビッグイベントで、結果を見るときはとても緊張したことを覚えています。 受験 ...

5

赤本の使い方と復習ノートの作り方!いつから何年分解く? 受験生受験勉強と言ったら赤本ですけど、いつから解くのか、どうやって復習するか全然分からないです・・・。 「赤本」は受験勉強の中で、合否に1番関わ ...

6

インターネットでは「ニッコマは超余裕」なんて書き込みを、目にすることが多いです。 私が受験生の時も「日東駒専は滑り止めにしよう」と、少し見くびってしまっていました。 現役の時の受験の結果はMARCH1 ...

7

志望校を決めるときに、国公立大学にするべきか私立大学にするべきか、悩みますよね。 少し学力の高い高校だと「国公立大学は私立大学よりも優れている」、「国公立大学を目指すべきだ」という先生方も多いです。 ...

Copyright© 予備校PISTA , 2020 All Rights Reserved.