【高校生向け】TEAPのリーディングの傾向/難易度と対策&勉強法!時間配分や配点も






319秒で読めます。

高校生がTEAPのリーディングを攻略するための対策法

 

TEAPのリーディングの傾向/難易度

 

TEAPのリーディングは大きく分けると、「語彙」「文法」「読解」の3つ。

これら3つをバランス良く伸ばしていかないと、高得点は取れません。

難易度そのものはさほど高くなく、一般的な入試問題と大きな違いはありません。

ただ試験の制限時間がかなり厳しく、普段よりも「スピード重視」の意識をもって解いていかないと、解き終わらない可能性が高いです。

時間を測って実践問題集を何度も解き、どの問題にどれくらいの時間をかけられるか、体感しておきましょう。

>>早稲田大学の卒業生が語る!最強の英語の勉強法はこちら➡

 

高校生のTEAPの目標点

 

TEAPを高校生が利用する場合、300点が最初の目標になってきます。

300点は難関大学が求める、TEAPが利用できるボーダーラインといえます。

300点は英検2級レベルとなるので、準1級レベルとなる350点以上が取れれば、言うこと無しといった感じです。

ひと目で分かる!TEAPスコア一覧(英ナビ)」を参考に、得点の基準を見てみてください。

 

TEAPのPart1/語彙問題の対策法

 

時間配分の目安:9分

TEAPのPart1は、オーソドックスな空所補充形式の語彙問題。

語彙のレベルはさほど高くありませんので、受験用の単語帳を勉強していれば問題ないでしょう。

単語だけでなく熟語や副詞など幅広く語句を問われますので、このあたりもしっかりと覚えておいてください。

高得点を狙うのはもちろん、後のパートのために素早く解いていかなければいけません。

文法の問題は意外と時間を意識して解くことが少ないですが、日ごろからストップウォッチを使って、負荷をかけて文法を解くようにしてください。

そうすればスピードが上がって、TEAPという試験そのものに余裕を持って取り組めるようになるでしょう。

>>入試までもう間に合わない!諦めたくない受験生はこちら

 

TEAPのPart2A/グラフ問題の対策法

 

時間配分の目安:5分

グラフ問題は「設問で問われたことを、いかに素早く探し出せるか」がポイント。

この問題もとにかくスピーディに解いていきたいですから、設問で問われた部分を素早く見つけていきます。

「問題が解ければOK」という意識で、キレイに解こうとしないでください。

 

TEAPのPART2B/メール問題の対策法

 

時間配分の目安:10分

メール問題はまず設問を読み、「何を聞かれているか」を理解します。

設問には「名前」が書かれているケースが多いので、誰のことを聞かれているかを意識することが大切です。

選択肢を先に見てしまうと先入観が入ってしまいますので、読むのは設問だけです。

設問の答えを自分で考えながらメールを読んでいき、最後に自分の考えと一番近い選択肢を選ぶようにしましょう。

 

TEAPのPART2C/短文読解問題の対策法

 

時間配分の目安:15分

こちらの問題の解き方は、2Bのメール問題とほぼ同じ。

先に選択肢を見ずに、設問のみを見て問われているポイントを理解します。

そして答えを探しながら英文を素早く読み、最後に選択肢を選ぶという流れです。

 

TEAPのPART3A/長文の空所補充問題の対策法

 

時間配分の目安:15分

空所補充問題は「文脈の理解」が何よりも大切になります。

空所の前後だけで解こうとせず、文脈から「推測」していかなければいけません。

空所までの流れをしっかりと理解し、選択肢を見る前に自力で空所に入る語句を推測してみましょう。

それでもわからなければもう少し先まで読み進め、その内容もヒントに考えていきます。

最後に選択肢から、自分が推測した語句と一番近いものを選んでください。

 

TEAPのPART3BC/長文読解の対策法

 

時間配分の目安:18分×2セット

PART3Bと3Cはオーソドックスな長文読解。

長文にはタイトルがついているので、必ず先に目を通してください。

大まかなテーマを理解してから英文を読んだ方が、理解度は当然上がりますからね。

 

長文の流れと設問の順番は基本的に並行になっているので、問題を解きながら長文を読んでいきます。

「設問を読む→答えを探しながら長文を読む→答えが見つかったら次の設問へ」と繰り返していくと、スピーディかつ正確に解けるでしょう。

 

TEAPの対策&勉強法まとめ

 

TEAPはここまでお伝えした通り、スピードとの勝負になります。

難易度そのものはさほど高くないので、いかに問題演習をたくさんして、TEAPの形式に慣れたかが重要になってくるでしょう。

無意識に時間配分もキッチリできて、問題の解き方も体に染み込んでいるくらいまで、演習を繰り返してください。

そうすれば他の受験生よりも圧倒的に有利に、TEAPという試験に挑めるはずです。


⇒センター試験が廃止!3分でわかる共通テストの解説はこちら

⇒時間がない!合格を諦めかけている受験生はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡

⇒【LINE講座!】受験の英語をLINEで相談したい受験生はこちら

>>30日で早慶・国公立の長文が読めるようになる方法はこちら

受験エキスパート
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。 英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。 浪人期に図書館にこもって研究し、 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発券し、偏差値を73まで上げ、早稲田大学に合格。 通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。 自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。 開発した「独自の英語長文読解法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。 センター試験の英語の対策法も研究し、無料で公開している。


⇒センター試験が廃止!新しい英語の最強の攻略法はこちら

























LINEで英語長文の読み方を教えています!


たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める方法


単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値70.4、全国22位まで登りつめました。
その具体的な「英語長文の読み方」を、LINEにてお伝えしています。
勉強や受験に関する相談も受け付けています!



Copyright© 大学受験の偏差値上がる勉強法 , 2020 All Rights Reserved.