【高校生向け】TEAPのリスニングの対策&勉強法!傾向と難易度・レベル、おすすめ参考書も


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

242秒で読めます。

TEAPのリスニングの対策&勉強法

 

TEAPのリスニングの傾向と難易度

 

TEAPのリスニングは50分と時間も長く、問題量も多いです。

難易度もそれなりに高く、リスニングの対策を日ごろからしていない方にとっては、ほとんど聴き取れない可能性があります。

また問題もテンポよくどんどん進んでいくので、情報を素早く処理して次の問題へ移っていかなければいけません。

試験の直前に対策するだけでは歯が立たないので、普段の勉強から常にリスニング力を鍛えることを意識し、なおかつTEAPの問題にもたくさん触れておきましょう。

ひねったような問題は出題されていないので、問題の形式に慣れたうえで、音声をきちんと聴きとれれば、高得点を狙えます。

>>英語の偏差値が40から70に上がる方法、知りたくないですか?➡

 

TEAPのリスニング/Part1A-Bの対策法

 

PartはAとBとCに分かれています。

Aは対話形式で、Bはナレーション。

どちらも短めの音声に対して1つの設問が用意されていて、正しい選択肢を選ぶ問題。

この問題の難しい点は「設問が書かれていない」ところ。

音声を聴いているときに設問をまだ知らないので、何が問われるか分かりません。

ですからポイントを絞って音声を聴くというのが難しいです。

 

対策としては「先に選択肢に目を通し、設問や話の流れを予想する」こと。

4つの選択肢に目を通すと、選択肢に共通するポイントが見えてきます。

例えば「彼女は試験に合格した」「彼女はコンテストで優勝した」等という選択肢があれば、「彼女はなぜ喜んでいるのですか?」というような設問が用意されていそうですよね。

ここを予想して音声を聴くだけでも、かなり正答率が上がります。

PartBはナレーションである分、サーっと音声が流れていってしまう可能性があるので、集中力を切らさないことがとても大切です。

>>あなたは天才?凡人?「勉強センス診断」はこちら

 

TEAPのリスニング/Part1Cの対策法

 

Part1C流れてくる音声を聴き、話に合ったグラフや表を選ぶ問題。

この問題は先にグラフや表を見て、それぞれの違いを整理します。

例えば「1と2はこの数値が50%だけど、3,4は30%になっているから、この辺が狙われそうだな」と予想するなど。

後はグラフや表にも目を通しながら音声を聴き、選択肢を削っていってください。

 

TEAPのリスニング/Part2の対策法

 

Part2は1つの問題につき3つの設問があり、それぞれ答えを選ぶ形式。

1セットの音声に3つの設問があるため、整理して聴いていかないと1問も分からなくなってしまう可能性もあります。

Part2はPart1よりも音声も長く、集中力も必要ですし、問題にも十分に慣れておかなければいけません。

 

音声が流れる前に設問に目を通し、何が問われるかを確認してください。

ただ設問を3つを頭に入れた状態で音声を聴くと、設問の内容が徐々に頭から抜けてしまいます。

設問を3つつなげて1本のストーリーとして理解するようにすると、設問の内容を忘れにくくなります。

基本的に設問は音声の流れと並行になっています。

 

問1「彼の成績について先生はなんといっているか」

問2「先生は原因を何だと言っているか」

問3「先生は生徒に何を提案しているか」

 

という設問があったとします。

この時は「まず初めに先生が生徒の成績について何かを言って、それから原因を予想している。おそらく成績は悪かったんだろうな。最後に改善策を提案してあげるっていう流れだな。」という風にストーリーを作れば、話の流れも推測できますし、設問も忘れにくくなります。

 

TEAPのリスニングの対策&勉強法まとめ

 

TEAPのリスニングはそう簡単に対処できる問題ではありません。

試験の対策をするのはもちろんですが、それ以上に日々の勉強が大切になってきます。

少しでも多く英語の音声に触れて、英語を聴きとる力を伸ばしていきましょう。

>>英語の偏差値が40から70に上がる方法、知りたくないですか?

>>60秒でできる!あなたの勉強センス診断はこちら





⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡
受験エキスパート
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。
開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。


⇒【天才?凡才?】60秒勉強センス診断はこちら!
⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら➡

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡



無料で、英語 長文の読み方を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める方法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値70.4、全国22位まで登りつめました。
その具体的な「英語 長文の読み方」を、無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。







6:44 PM