英単語ターゲット1900のパート3/1500以降は必要?いらない?MARCHや早慶、国公立志望は?






30秒で読めます。

ターゲット1900のパート3/1500以降は必要?

 

受験生
ターゲット1900のパート3以降は、かなり難易度が高いから必要ないと聞いたのですが、どうでしょうか。
たしかに受験生の時は、私もその話は聞いたことがあったよ!実際はどうなのか、詳しく解説していくね!
先生

 

1500以降はたしかに、重要度は落ちる

 

英単語は基礎的なものほど長文の中で良く出てきますし、逆にレベルが上がれば上がるほど、出てくる頻度は少なくなります。

英語の長文の中で良く使う単語ほど最初の方に習うので、基礎的な英単語が覚えられていないと、英語の文章は理解できません。

ですからターゲット1900のパート3以降の英単語に比べれば、ターゲット1200や1400、パート1,2の英単語の方が重要度は高いです。

限られた期間の中で勉強をしなければいけないので、まずは基礎~標準レベルの英単語をガッチリと固めておきましょう。

>>早稲田大学の卒業生が語る!最強の英語の勉強法はこちら

 

パート3以降の英単語も入試では頻出

 

ではターゲット1900のパート3以降の英単語は必要ないのかといえば、そんなことはありません。

このくらいのレベルの英単語であれば、大学入試ではそれなりに出てきますし、勉強しておいた方が良いです。

特にMARCHや関関同立以上の私立大学、国公立大学を目指す受験生は、ターゲット1900のパート3以降も暗記しておきましょう。

大学のレベルが上がればそれだけ難しい英単語も出てくるようになりますし、設問で直接的に狙われることもあります。

もちろん基礎的な英単語の方が重要ではありますが、パート3まで終えられるようにスケジュールを組んで、勉強を進めていってください。

>>センター試験が廃止!3分でわかる共通テストの解説はこちら

 

パート3以降を勉強するか迷ったら

 

入試までの期間が短く、ターゲット1900のパート3以降を勉強するか迷った場合。

まずは志望校や併願校の過去問を解いて、自分の弱点を明確にしてください。

そして1点でも点数を上げるために必要な勉強が何かを分析し、そこに特化して勉強していきましょう。

難しい英単語のインプットが必要だと感じれば、ターゲット1900のパート3以降を勉強する。

逆に英文法に弱点があれば、パート3以降を捨てて、文法に特化して進めていくというのも1つの手です。

単純に「やるかやらないか」ではなく、志望校に合格するためには何が最も効率的な勉強かを考え、取り組んでください。

 

逆に入試まで時間のある高校1,2年生の方であれば、ターゲット1900のパート3以降を捨てるという選択肢はありません。

入試でそれなりに出てくる英単語ですから、あえて飛ばすメリットは無いので、暗記するようにしましょう。

>>入試までもう間に合わない!諦めたくない受験生はこちら

 

パート3以降の英単語の覚え方

 

ターゲット1900のパート3以降の英単語は難易度が高く、覚えにくいと感じる方も多いでしょう。

今まで目にした回数が極端に少ない英単語ばかりなので、どうしても暗記しにくいと感じてしまうわけです。

ですからまずは「暗記するぞ!」と意気込みすぎずに、軽くで良いのでとにかく触れる回数を増やしてください。

どんどん目にする回数を増やしていくと、自然と馴染みが出てきて、「覚えにくいな」という感覚が薄れていきます。

そこから徐々に本格的な暗記に入っていくことで、暗記する難易度が下がります。

入試本番まで何回も触れるようにしていけば、長期記憶に定着していくでしょう。

 

ターゲット1900の1500以降の英単語の情報まとめ

 

ポイント

・基礎単語の方が優先順位は高い

・1500以降も取り組むに越したことはなく、特に難関大学の志望者は必要

・入試まで時間が無ければ、何を優先して勉強するか考えよう

・難しい英単語は触れる回数を増やして、暗記の抵抗を無くそう


⇒センター試験が廃止!3分でわかる共通テストの解説はこちら

⇒時間がない!合格を諦めかけている受験生はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡

⇒【LINE講座!】受験の英語をLINEで相談したい受験生はこちら

>>30日で早慶・国公立の長文が読めるようになる方法はこちら

受験エキスパート
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。 英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。 浪人期に図書館にこもって研究し、 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発券し、偏差値を73まで上げ、早稲田大学に合格。 通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。 自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。 開発した「独自の英語長文読解法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。 センター試験の英語の対策法も研究し、無料で公開している。


⇒センター試験が廃止!3分でわかる共通テストの解説はこちら























LINEで英語長文の読み方を教えています!


たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める方法


単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値70.4、全国22位まで登りつめました。
その具体的な「英語長文の読み方」を、LINEにてお伝えしています。
勉強や受験に関する相談も受け付けています!



Copyright© 大学受験の偏差値上がる勉強法 , 2020 All Rights Reserved.