拓殖大学の英語の対策&勉強法!推薦&一般の英語の傾向と難易度も






拓殖大学の英語の対策&勉強法

拓殖大学の英語

拓殖大学の英語の傾向と難易度

 

拓殖大学では学校長推薦試験(公募)、全国統一試験、2月試験、3月試験など色々な日程が用意されています。

どの日程も英語の試験に大きな差はなく、問われる内容は「長文」「語彙」「会話」「文法」の4つがメイン。

問題の難易度は基礎~標準レベルで、難しい内容はあまり出題されていません。

応用的な勉強に手を出す必要は無く、とにかく基礎・基本を完璧に固めることが何よりも大切です。

>>拓殖大学の英語で合格点を取る方法、知りたくないですか?➡

 

拓殖大学の英語長文の対策法

 

拓殖大学の英語長文は読みやすいものが多いので、1文1文をしっかりと理解できていれば問題なく読み進められるでしょう。

1文1文を精読する力を磨くことだけを考えて、長文の勉強に取り組んでください。

長文の中では語彙や文法、発音・アクセントなど様々な知識を問われるので、このあたりも対策しておかなければいけません。

 

空所補充問題の解き方

 

空所補充問題は空所の前後だけで考えず、文脈を理解することが大切。

選択肢を見る前に空所に入る語句を推測し、それから一番近い選択肢を選ぶようにしましょう。

自力で推測してから選択肢を見ることで、回答の精度が上がります。

 

下線部と同じ意味の語句を選ぶ問題の解き方

 

下線が引かれた語句と同じ意味の選択肢を選ぶ問題は、語義と文脈の両方をヒントにして解いてください。

こちらも先に選択肢を見る前に、語義と文脈から大まかな意味を推測してから選択肢を見ましょう。

語句の意味が分からなかったとしても、推測力が磨かれていれば正解できる可能性は十分にあります。

 

拓殖大学の会話問題の対策法

 

会話問題は空所補充型になっているケースが多いです。

会話の定型句を覚えているかというよりは、会話のストーリーを理解できているかを問われる傾向にあります。

会話文を読む際には登場人物の心情や雰囲気をリアルに想像しながら、臨場感を持って読み進めていくことが大切です。

ストーリーを理解していく中で空所にぶつかった時に、選択肢を見る前に自分で「こんな文が入りそうだな」と推測してください。

それから選択肢を見て、一番近いものを選んでいきましょう。

 

拓殖大学の英文法の対策法

 

英文法はオーソドックスな空所補充形式。

特にひねった問題はなく、キチンと文法を勉強していれば問題なく高得点が取れるでしょう。

講義形式の参考書で文法を理解し、問題集などでアウトプットしてください。

問題集はNextStageなど有名なものを1冊で良いので、とにかく完璧になるまで繰り返して取り組むことが大切です。

 

整序問題並び替え問題は)、まず初めに組み合わせられる選択肢を合体させて、選択肢を減らします。

それから「文の構造」を組み立てていきましょう。

SVOCや修飾部などを、文のルールにのっとって正しく組み立てていきます。

最後に残りの空所を文意から補充していけば、意外と簡単に回答できるはずです。

 

拓殖大学の英語の傾向と対策まとめ

 

ここまでお伝えした通り、拓殖大学の英語は基礎・基本の問題がほとんどです。

問題の形式もオーソドックスなので、基礎が固まっていれば安定して合格点が取れます。

常に「基礎の抜けがないか」を確認しながら、勉強を進めていってください。

>>拓殖大学の英語長文がどうしても読めない受験生はこちら


⇒センター試験が廃止!3分でわかる共通テストの解説はこちら

⇒浪人する人は必見!私が宅浪で早稲田大学に合格した話

⇒【1カ月で】英語の偏差値が30上がった勉強法はこちら

⇒早稲田大学の合格者が語る!最強の英語の勉強法はこちら


>>浪人生は必見!宅浪で早稲田大学に合格した話


>>早稲田大学の合格者が語る!最強の英語の勉強法はこちら

受験エキスパート
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。 英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。 浪人期に図書館にこもって研究し、 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発券し、偏差値を73まで上げ、早稲田大学に合格。 通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。 自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。 開発した「独自の英語長文読解法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。 大学入学共通テストや英検、TEAPの対策法も研究し、無料で公開している。


⇒知らなきゃマズい!新しい英語の勉強法はこちら



























センター試験廃止で、全ての大問が英語長文に変更!


旧センター試験が廃止され、大学入学共通テストでは全ての問題が英語の文章を読む問題に変わりました!


模試や過去問を解いても、英語の長文が全然読めない・・・。
英語長文の重要度がさらに上がった今、長文を攻略できなければ志望校には合格できないといっても過言ではありません。

私が受験生の時に、1ヶ月で英語長文をスラスラ読めるようにしたトレーニング方法をお伝えしています!
1ヶ月で40前後だった偏差値が、70を超えるようになり、模試の全国ランキングにも掲載されました。
その勉強法を詳しく解説しています!
勉強や受験に関する相談も受け付けています!



Copyright© 大学受験の偏差値上がる勉強法 , 2020 All Rights Reserved.