システム英単語の第4章は必要?いらない?レベルは?MARCH/関関同立/旧帝大なら必要






30秒で読めます。

システム英単語の第4章は必要?捨てる?

 

受験生
シスタン4章はとても難しいですが、必要でしょうか。
シスタン4章が必要かどうかは、志望校のレベルで決まるよ!詳しく解説していくね!
先生

 

システム英単語の4章のレベル/難易度

 

システム英単語の4章の単語は、章の初めに「入試における頻度は低いが、英語の雑誌を読みたい人、将来は英語の関係の仕事に就きたい人におススメ。入試英語と実用英語の橋渡しになる」と書かれています。

これを見ると入試での出題頻度はかなり低く、あまり必要が無いと感じるかもしれません。

しかし実際はMARCHや関関同立、国公立レベルになってくると、シスタン4章の単語が出てくることは珍しくなくなってきます。

MARCH/関関同立以上のレベルの大学を目指すのであれば、シスタン4章はマストといっても過言ではないでしょう。

私も受験生の時にMARCHや早稲田の過去問を解いた際に、語彙力の強化が必要だと感じ、シスタン4章に取り組みました。

シスタン4章の英単語は確かにレベルは高いですが、大学受験を超えるほどの難易度ではないですし、覚えるに越したことはありません。

>>早稲田大学の卒業生が語る!最強の英語の勉強法はこちら

 

システム英単語の4章に取り組む前に

 

英単語は基礎的なものほど、英語の文章の中で良く登場します。

これは日本語でも同じですが、小学校~中学校の時に習ったような語句を使わずに文章を書くことはできません。

基礎単語の方が重要ですから、まずはシスタンでいえば、シスタンBasicやシスタンの1~3章の単語を完璧に覚えてください。

多くの受験生は少しでも成績を伸ばしたいと考え、どうしても難しい単語ばかりに手を出してしまいがち。

しかし成績を上げるためには基礎から完璧に固めていくことが大切なので、それを忘れてはいけません。

どんどん先へと進んでいっても、ほとんどの単語がうろ覚えになってしまう可能性があるので、注意してください。

>>センター試験が廃止!3分でわかる共通テストの解説はこちら

 

システム英単語の4章の単語の覚え方

 

第4章には1度も見たことが無いような、難しい単語がたくさん収録されています。

他の章と比べると、暗記に苦労する人もかなり多いかと思います。

まず考えてほしいのが、「なぜ第4章の単語を難しいと感じるのか」というところ。

英単語はアルファベットを組み合わせたものですから、長さが変わらなければ、難しいも簡単もないはずですよね。

難しいと感じる最大の理由は「その英単語になじみが無いから」なんです。

 

これまでの人生の中で自然と目にしてきた[apple][desk]などの単語は、自然と頭に入っていますよね。

それと同じで、触れた回数が少なければ少ないほど、ニガテだと感じる可能性が高いんです。

ですからシスタン4章の単語を覚えるときは、とにかく触れる回数を増やすようにしてください。

 

最初から暗記しようとしても頭に入ってこないですし、すぐに忘れてしまいます。

1回の暗記にかける時間は10秒、20秒で良いので、とにかく回数を繰り返していきます。

すると「覚えにくいな」という意識が少しずつ薄れていき、自然と暗記できるようになっていくでしょう。

音声も活用して、音読なども取り入れていくと、違った角度から覚えられるので、より覚えやすくなります。

 

難しい単語は忘れる可能性も高いので、必ずテストをして本当に覚えられているかを確認してください。

暗記カードを作っておくと、暗記の効率も上がりますし、テストもしやすくなるのでおすすめです。

>>入試までもう間に合わない!諦めたくない受験生はこちら

 

シスタン4章の英単語の必要性と覚え方まとめ

 

ポイント

・MARCH/関関同立以上のレベルを目指すならマスト

・まずは基礎単語を完璧にすることが大切

・4章の単語はとにかく触れる回数を増やして覚えよう


⇒センター試験が廃止!3分でわかる共通テストの解説はこちら

⇒時間がない!合格を諦めかけている受験生はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡

⇒【LINE講座!】受験の英語をLINEで相談したい受験生はこちら

>>30日で早慶・国公立の長文が読めるようになる方法はこちら

受験エキスパート
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。 英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。 浪人期に図書館にこもって研究し、 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発券し、偏差値を73まで上げ、早稲田大学に合格。 通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。 自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。 開発した「独自の英語長文読解法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。 センター試験の英語の対策法も研究し、無料で公開している。


⇒センター試験が廃止!3分でわかる共通テストの解説はこちら























LINEで英語長文の読み方を教えています!


たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める方法


単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値70.4、全国22位まで登りつめました。
その具体的な「英語長文の読み方」を、LINEにてお伝えしています。
勉強や受験に関する相談も受け付けています!



Copyright© 大学受験の偏差値上がる勉強法 , 2020 All Rights Reserved.