【大学受験エバースタディ】~大学受験の勉強法~

駿台予備学校に通った人の評判と口コミ!文系より理系におすすめ?浪人生は?


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

241秒で読めます。

駿台予備学校に通った人の評判と口コミ

駿台予備学校

※この記事は駿台予備学校に実際に通った方に執筆して頂いた内容です。

 

駿台予備学校の特徴

 

去年駿台予備学校に通っていました、理系大学の1年です。

駿台予備学校・京都校で浪人していました。

京都の駿台予備学校は京大が近いということもあって、京大向けのクラスがとても多いです。

私は京大を志望していたので、そこはすごくありがたいことでした。

ほかにも関関同立や阪大クラスも多かったです。

京大クラスが多いということは、それだけ京大専門の先生も多いです。

京大の教授とのつながりを持っている先生も多くおり、授業でいい情報を得られることもあります。

 

逆に関東圏の国公立大学や、早慶上智・MARCHを志望する受験生は東京の駿台予備学校に通った方が良いかもしれません。

九州や北海道など地方の大学を目指す受験生は、現地の駿台予備学校まで足を運んだ方が、よりピンポイントな対策ができるでしょう。

>>英語の偏差値が40から70に上がる方法、知りたくないですか?➡

 

駿台予備学校のクラス

 

駿台予備学校のクラスは、医学部志望のMS~MC、理系のSS~SF、文系のLS~LFまであります。

京都校ではSクラスはありませんでしたが、大阪校のように生徒数が多い校舎ではあると思います。

ちなみに私はSBクラスに在籍していました。

ここら辺は京大阪大志望の生徒が多いです。

東大志望も少しいました。

 

クラスは入学時に行われるクラス分けテストによって決められます。

ちなみにこのテストは全問マーク式。

形式はセンター試験に似ていますが、問題はそれなりに難しいです。

理系・文系ともに3教科の問題を解きますが、理系の国語は現代文のみです。

クラスによって担当の先生や受ける授業、テキストが変わるので、このテストはしっかり勉強して挑んだほうがいいです。

駿台予備学校では、上のクラスになればなるほど評判の良い先生に指導してもらえます。

もちろん下のクラスの先生も悪いというわけではありませんが、上のクラスでは難易度の高い内容を取り扱い、自前の問題を解かせたりする一方で、下のクラスでは基礎的な問題演習がメインになります。

クラス分けテストに向けて勉強して、少しでも良いクラスで授業を受けた方がモチベーションの向上にもつながるでしょう。

またこのクラスは模試の成績によっても変更があるので、上のクラスにはいれるように頑張ってください。

>>あなたは天才?凡人?「勉強センス診断」はこちら

 

駿台予備学校のメリット

 

駿台予備学校のメリットは、毎回の駿台模試が受けられること。

基本的に受験生は、自分が通っている予備校の模試を受けるケースが多いですが、駿台模試は受験する人数も多く精度も高いです。

駿台予備学校では記述模試やマーク模試、大学別の模試など色々な模試を受けられるので、常に進捗をチェックできます。

駿台予備学校に通っている受験生であれば、駿台模試は無料で受けられますので、大きなメリットと言えるでしょう。

 

駿台予備学校のデメリット

 

駿台予備学校のデメリットは、教室の設備がいまいちな点。

机が小さく、隣の生徒との間隔も狭く、休み時間にトイレに行くのも一苦労。

後ろの席の受験生の足が、自分の椅子に当たって集中力が途切れてしまう事もありました。

設備があまり整っておらずロッカーがないので、カバンを踏まれたりすることも。

また席によっては冷暖房が直撃し、凍えそうになることも笑

予備校の校舎の設備はさほど良くないと言えるでしょう。

 

駿台予備学校の評判と口コミまとめ

 

駿台予備学校は理系で、特に難関大学を志望する受験生におすすめの予備校です。

実際に京都大学を志望した、理系の私が言うのですから間違いないと思います笑

難関大学を志望するのであれば当然、上のクラスで授業を受けられるように頑張らなくてはいけません。

その強い気持ちがある受験生には、駿台予備学校が向いているでしょう。

>>英語の偏差値が40から70に上がる方法、知りたくないですか?

>>60秒でできる!あなたの勉強センス診断はこちら





⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡
大和@受験講師
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。
開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。


⇒【天才?凡才?】60秒勉強センス診断はこちら!
⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら➡

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡



無料で、英語 長文の読み方を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める方法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値70.4、全国22位まで登りつめました。
その具体的な「英語 長文の読み方」を、無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。







10:38 AM

人気記事一覧