【大学受験エバースタディ】~大学受験の勉強法~

【大学受験日本史】総理大臣&天皇の流れの覚え方まとめ!ゴロで出来事を暗記


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

313秒で読めます。

日本史の総理大臣・天皇の覚え方完全版

総理大臣&天皇の流れの覚え方

 

日本史の勉強において1つのテーマとなるのが、総理大臣や天皇の順番の覚え方。

総理大臣の就任の順番や天皇の即位の順序を覚えると、歴史の整理がつくというだけでなく、総理大臣・天皇の時代と照らし合わせて日本史を勉強できるようになり、知識の定着がしやすくなります。

覚える量が多いので、受験生にとっては挫折しやすいポイントの1つ。

総理大臣や天皇の暗記を攻略することで、周りの受験生と大きく差をつけていきましょう。

総理大臣・天皇を効率良く覚え、日本史の理解を深めるための勉強法について紹介していきます。

>>英語の偏差値が40から70に上がる方法、知りたくないですか?➡

 

総理大臣の覚え方・暗記法

 

総理大臣の覚え方①有名な出来事からつなげていく

 

総理大臣は、古代の日本から続いている天皇とは異なり、明治初期~現代までの比較的短い期間のみで、それぞれの内閣の間隔も短いです。

そのため「第一次世界大戦」や「世界恐慌」のような、自分がよく知っている大きな出来事と合わせて覚えましょう。

すぐに語呂合わせから入るのはおすすめしません。

歴史の流れがよくわからない状態でいきなり語呂で覚えても、かえって何を覚えているのかよくわからなくなってしまいますからね。

また語呂合わせだけだと、名前がまったく別の時代の内閣と混同する部分もでてきます。

そこでまずは大雑把に歴史の順序を理解し直していきます。

 

ノートなどに歴代の総理大臣を縦に書き並べて、その横にそれぞれの時代の最も大きな出来事を書いていきます。

できるだけ前後関係が明らかに分かるような歴史的出来事を選んで書いてみるとよいでしょう。

このように書き並べることで、その前後関係から総理大臣の順番を把握しやすくなります。

まれに就任してすぐに退陣してしまった内閣もありますが、そのような内閣に関しては重要度も低いので、無理に出来事を書き出さなくても問題ありません。

>>あなたは天才?凡人?「勉強センス診断」はこちら

 

総理大臣の覚え方②語呂合わせ

 

大体の日本史の流れがつかめたら、語呂合わせで覚えます。

一番有名なのが、初代総理大臣から順に名前の頭文字をとっていく覚え方です。

実際に昭和までの総理大臣まで並べてみると、

「いくやまいまい/おやいかさかさ/かやおてはたかやき/かわたはわい/さおひはこひあよことこす/ひしよかあよ/はいきいさたみふおすなた」

となります。

 

あとはこれを呪文のようにひたすら繰り返し唱えていきましょう。

リズムをつけて唱えると定着しやすいです。

最初のステップで全体の流れをつかんでいれば、このような無機質な音の羅列でも、どれが誰のことを言っているのかが分かるはずです。

 

天皇の覚え方・暗記法

 

天皇の場合、似通った名前の天皇が多いですし、たくさんいる分覚える必要のない天皇もいるので、語呂合わせや、ひとりひとり並べて呪文のように覚えるやり方はあまり向いていません。

そこで重要になってくる覚え方が、天皇以外の指導者とセットで覚えるというやり方です。

時代が広範囲なので、無理に順番を細かく覚える必要はありません。

 

日本史には後醍醐天皇などの一部の中央集権時代を除くと、必ずと言っていいほど、天皇とは別に大きな権力を持った人物が登場しています。

例えば推古天皇の時代には聖徳太子が活躍し、称徳天皇の時代には道鏡が実権を握りました。

そしてもちろん、鎌倉・室町・江戸時代には将軍が台頭していきます。

天皇の側近で力を伸ばした人物をつなげていき、それに付随させる形で天皇を覚えましょう。

天皇が直接統治をした時代より、他の実力者が政治を行った時代の方が多く、彼らを主体として覚えていくと歴史的出来事とつなげて考えやすいということです。

 

まずは実権を握った人物をノートなどに順に書き並べていき、その人物と天皇がどのような関係を持ったのか(摂政、関白、あるいは天皇に関わる事件など)をメモしていきましょう。

天皇と中心となった指導者を同時に並行させて覚えることができるため、記憶に残りやすくなります。

実権を握る人物の流れを覚えれば、天皇の変遷まで覚える必要はなくなります。

 

大切なのは、50~100年程度の塊に分けて覚えていくこと。

無理に日本史全体の必要な天皇を覚えようとすると、挫折してしまう可能性も高いです。

例えば「藤原家の繁栄」「北条氏の台頭」「院政の時代」などのトピックに分けて、塊として覚えていくとよいでしょう。

暗記をする際の苦痛が減るだけでなく、一つのストーリーとして覚えられるため、天皇の推移を理解しやすいというメリットもあります。

実際入試問題でもこのようなテーマごとに問われることが大半なので、テーマに合わせて天皇を覚えていけば、覚えたこともスムーズにアウトプットできるはずです。

>>英語の偏差値が40から70に上がる方法、知りたくないですか?

>>60秒でできる!あなたの勉強センス診断はこちら





⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡
大和@受験講師
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。
開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。


⇒【天才?凡才?】60秒勉強センス診断はこちら!
⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら➡

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡



無料で、英語 長文の読み方を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める方法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値70.4、全国22位まで登りつめました。
その具体的な「英語 長文の読み方」を、無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。







11:54 AM