早大&慶大でるでる英語一問一答の評判と使い方&勉強法!評価や難易度/レベルも






330秒で読めます。

早大&慶大でるでる英語一問一答の評価と使い方

早大でるでる英語一問一答

受験生
早慶を受験する予定なのですが、文法での失点が多くて・・・。何かおススメの問題集はありますか?
早慶過去問から抜粋した、英文法の問題集があるよ!特徴や使い方を詳しく解説していくね!
先生

 

早大&慶大でるでる英語一問一答とは

 

河合塾から出版されている、早稲田大学と慶應義塾大学に特化した文法の問題集。

早大バージョンと、慶大バージョンの2冊が出版されています。

どちらも早稲田大学と慶應義塾大学の過去問からピックアップした文法の問題が、1,000問も収録されています。

どの学部から出題されたかが、全ての問題に記載されているので、「お!政経の問題解けたぞ!」という感じにモチベーションも上げながら解き進められるでしょう。

 

過去に出題された問題は、同じ大学の異なる学部で登場することもありますし、学部は違っても傾向はある程度似てきます。

ですから早稲田大学や慶應義塾大学を志望するのであれば、大量に英文法の問題を解くことで、点数の底上げを狙えるんです。

もちろん早慶だけでなく、併願校の英文法の問題にも活かされます。

 

早大&慶大でるでる英語一問一答は1,000問も収録されているのにコンパクトサイズで、持ち運びもできるようになっています。

その分、解説はかなりあっさりしているので、自分で理解していく力も必要です。

>>早稲田大学の卒業生が語る!最強の英語の勉強法はこちら➡

 

早大&慶大でるでる英語一問一答のレベル/難易度

 

早慶過去問から抜粋されているので、難易度はそれなりに高いです。

英文法はきちんと理解していて、NextStageなど文法の総合問題集は1冊、完璧にマスターしているくらいが目安。

解説は詳しくないので、文法を理解できていない状態で解いても、ほとんど分からないまま問題だけを解いていくことになってしまいます。

答えの丸暗記になってしまうので、効果は期待できません。

早大&慶大でるでる英語一問一答に取り組む前に、文法の基礎はガッチリと固めておきましょう。

>>入試までもう間に合わない!諦めたくない受験生はこちら

 

早大&慶大でるでる英語一問一答を解く前に

 

注意ポイント

この問題集は過去問からの抜粋で、1,000問も収録されているので、かなりの文法問題に触れることになります。

つまり初見で過去問演習をしても、早大&慶大でるでる英語一問一答で解いた問題に出会う可能性が、かなり高いわけです。

そうなると過去問演習の精度が落ちてしまう可能性もあるので、その点は注意が必要です。

私が受験生であれば、自分の志望学部の過去問演習はある程度取り組んでから、最後の点数の底上げに早大でるでる英語一問一答を活用します。

>>センター試験が廃止!3分でわかる共通テストの解説はこちら

 

早大&慶大でるでる英語一問一答の使い方/勉強法

 

まず入試や模試など、目標の日までの日数から逆算して、1,000問終えるには1日何問解かなければいけないか、明確にしてください。

問題量がとても多いですから、ノルマを決めておかないとなかなか終えることはできません。

コンパクトな問題集なので、持ち歩いてスキマ時間も活用していくと良いでしょう。

 

「問題を解く→解説を読む」という流れで、クイズのように進んでいきます。

ミスした問題には必ずチェックをつけておいて、後で復習できるようにしておいてください。

100問で1セットと考えて、100問ずつ完璧にして、次のセットへと進んでいくと、抜け目なく力をつけられます。

10セット目まで完璧になったらもう一度、ミスした問題だけを総復習して、終了です。

1,000問全てを完璧にできたころには、相当な英文法の力がついているでしょう。

 

早大&慶大でるでる英語一問一答の使い方まとめ

 

ポイント

早慶の過去問から、1,000問の文法が収録されている問題集

・コンパクトサイズである分、解説はかなり少ない

・文法の基礎を固めてからでないと、難易度に対応できない

・ミスした問題はチェックをつけて、完璧にマスターしよう


⇒センター試験が廃止!3分でわかる共通テストの解説はこちら

⇒時間がない!合格を諦めかけている受験生はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡

⇒【LINE講座!】受験の英語をLINEで相談したい受験生はこちら

>>30日で早慶・国公立の長文が読めるようになる方法はこちら

受験エキスパート
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。 英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。 浪人期に図書館にこもって研究し、 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発券し、偏差値を73まで上げ、早稲田大学に合格。 通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。 自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。 開発した「独自の英語長文読解法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。 センター試験の英語の対策法も研究し、無料で公開している。


⇒センター試験が廃止!3分でわかる共通テストの解説はこちら























LINEで英語長文の読み方を教えています!


たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める方法


単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値70.4、全国22位まで登りつめました。
その具体的な「英語長文の読み方」を、LINEにてお伝えしています。
勉強や受験に関する相談も受け付けています!



Copyright© 大学受験の偏差値上がる勉強法 , 2020 All Rights Reserved.