【大学受験エバースタディ】~大学受験の勉強法~

滋賀大学の英語の対策&勉強法!傾向と難易度、参考書も【滋賀大学英語】


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

259秒で読めます。

滋賀大学の英語で合格点を取る対策&勉強法

 

滋賀大学経済学部の英語の傾向と対策&勉強法【経済学部英語】

 

滋賀大学の英語の出題傾向

 

全体的な傾向としては、大問が3題制限時間が90分という構成でほぼ毎年固定されています。
各大問の出題パターンは、順番の変化はあるものの、下線部和訳、長文読解、英作文の3題という形をとっています。

制限時間90分に対して読む英文量はあまり多くないので、センター試験で7~8割取れる人であれば時間的な心配はそれほど無いのですが、記述量が多いので、ある程度記述問題に慣れておく必要があるでしょう。

また、英文も和文も比較的砕けた、フランクな文体で出題されることもあるので、そういった文章にも触れておくといいでしょう。

>>英語の偏差値が40から70に上がる方法、知りたくないですか?➡

 

滋賀大学の英語の難易度

 

単語や構文のレベルとしては特別難しいものではなく標準的なのですが、明確な記述が求められるので、一つ一つの知識をしっかり深めておく必要があります。

標準レベルの単語帳は1冊全て頭に入れておきましょう。

また、年度によって問題のテイストがよく変わっているので、そういった意味では対策が練りづらいと言えるかもしれません。

パターンが変わっても対応できるように、基礎をしっかりと固めておきましょう。

>>あなたは天才?凡人?「勉強センス診断」はこちら

 

滋賀大学の英語の対策&勉強法

 

対策&勉強法①下線部和訳

 

1ページ分ほどの英文の中に下線部が3~4つほどあり、それを日本語に訳す、というものです。

読んで訳すだけと言ってしまえばそれまでなのですが、前後の文脈も考慮しながら適切な日本語をチョイスすることが求められます。

まずは単語や文法の知識をしっかりと固め、類義語や派生語にも気を配りましょう。

それから精読向けの問題集等を使って構造分析の練習をしておきましょう。

文型がしっかり把握できるようになったら、和訳の表現力も磨いていくといいでしょう。

2015年のように、手紙やメールといった日常的な題材を基に出題されたこともあります。

滋賀大学を受験する人であればセンター対策もすると思うので、センター試験の問4,5のような英文をしっかりと精読してみるのも勉強になります。

余裕のある人であれば、TOEICのpart7も参考になるかもしれません。

 

対策&勉強法②長文読解

 

オーソドックスな長文問題です。

ただ、選択式の問題は少なく、「下線部 thatの具体的な内容を答えなさい。」といったような内容理解を問う問題の比率が高いです。

年度によっては前置詞の穴埋め等が出題されたこともあるので、総合的な読解問題を扱った問題集を使って対策をするとよいでしょう。

また、日頃から指示語が何を指しているかということや、話の論理展開をメモしておく習慣をつけておくといいでしょう。(センター試験や私立の対策をする中でも意識的にやってみてください。)

 

対策&勉強法③英作文

 

基本的に和文英訳の形が多かったのですが、2017年は自由英作文が出題されました。

総合的に対策する必要があるでしょう。

単語や文法を覚えるのは当然なのですが、実際に自分で使える形で覚えておくことが大切です。

例えば、「search=探す」だけを覚えるのではなく、直後に目的語をとるか、前置詞を入れるのか、目的語を取るとしたら目的語は探す場所なのか、探す対象物なのか、といったことまで覚えておかないと小さな減点が積み重なってしまいます。(自信のない人は調べてみてください。)

 

また和文英訳でも自由英作でも共通して言えることなのですが、「英訳しやすい日本語」に言い換える習慣をつけておきましょう。

わかりにくいと思うので例を挙げます。

2015年の和文英訳問題、「日本の大学生は世界で一番勉強しないって言う人がいるんだけど」

これを英訳する時、細かい言い回しはあまり気にせずに意図だけを汲み取って、「何人かの人が言っている、日本の大学生は世界で一番勉強しないということを」と読み替えます。
そうすれば、「Some people say that ~」という構文で書き出すということは容易に思いつきます。

日本語→英訳しやすい日本語→英語

という順番で思考をめぐらす事で難易度がグッと下がります。

あとは時制や単数・複数などを考慮して書いていけば、大きな失点をする事は少なくなるでしょう。

自由英作でも同じことで、書きたいことを考えた後に、それを英訳しやすい日本語に言い換えることで一気に書きやすくなるでしょう。

>>英語の偏差値が40から70に上がる方法、知りたくないですか?

>>60秒でできる!あなたの勉強センス診断はこちら





⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡
大和@受験講師
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。
開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。


⇒【天才?凡才?】60秒勉強センス診断はこちら!
⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら➡

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡



無料で、英語 長文の読み方を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める方法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値70.4、全国22位まで登りつめました。
その具体的な「英語 長文の読み方」を、無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。







4:46 AM

人気記事一覧