【大学受験エバースタディ】~大学受験の勉強法~

世界史のフランス革命の流れと覚え方!受験やテストを攻略!語呂合わせより理解がコツ


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

553秒で読めます。

高校世界史のフランス革命の流れと勉強法

世界史のフランス革命

フランス革命の流れ

 

なぜフランス革命が起こったのでしょうか。

原因は身分ごとに格差があり、そのことに国民が不満を持っていたこと。

フランス革命が起こる前のフランスの国民は第一身分(聖職者)、第二身分(貴族)、第三身分(平民)に分かれていました。

第一身分と第二身分は広大な土地を持っていたり、重要な官職を独占する権利を持っていたり。

一方で第三身分は広大な土地を持つことや官職につく権利がありませんでした。

それに税の負担もあり苦しい生活を送っていました。

さらに第一身分、第二身分、第三身分の中においてもそれぞれ格差がありました。

つまり第一身分(聖職者)の中でも格差があり、第二身分(貴族)の中でも格差があり、第三身分(平民)の中でも格差が。

重要なのでおさえておきましょう。

そのような状況下で、啓蒙思想(理性や科学的精神に基づいて合理的な知性を重んじ、無知を打破していこうとする批判的精神)が広がり、アベ=シェイエスが1789年『第三身分とは何か』で第三身分の権利を主張することになります。

したがって身分や職業などで分けられていたのを国家と市民直接結びつけようとするのがフランス革命といえます。

>>英語の偏差値が40から70に上がる方法、知りたくないですか?➡

 

フランス革命の流れ

 

三部会→国民議会→立法議会→国民公会→総裁政府→ナポレオンの統領政府の樹立という流れを抑えておきましょう。

フランス革命のスタートはバスティーユ牢獄で、終わりがナポレオンの統領政府樹立

次にこの流れをどう理解し、覚えていけばよいのかを勉強法とともに解説していきます。

>>あなたは天才?凡人?「勉強センス診断」はこちら

 

フランス革命の勉強法

 

このフランス革命をどう勉強していくかについてですが、まずは上の流れを覚えておきましょう。

頭の片隅に「フランス革命のスタートはバスティーユ牢獄で終わりがナポレオンの統領政府樹立」と入れておいてください。

その後に三部会、国民議会、立法議会、国民公会、総裁政府、統領政府を詳しく理解していくと定着させられます。

ベースは教科書ですが、教科書は難しく書かれているのでいろいろとややこしくなってしまうかもしれません。

なので骨組みと難しい用語の解説をこれから書いていくので、そちらを参照しつつ教科書を読んでいきましょう。

 

三部会のポイント

 

・フランスは当時イギリスと戦争をしていたため財政が厳しい状況でした。

・国王ルイ16世はこの財政危機を乗り越えるべくテュルゴーとネッケルを起用し改革を試みます。

・その改革内容が特権身分(第一身分・第二身分)に税を課すというものでした。

これに特権身分は猛反発をします。

今まで税を免除されていたのにそんなことされたらムカつくののは当然。

その結果三部会を招集することになります。

まとめると特権身分たちが税を課されることに反発をし三部会が招集されることになりました。

 

国民議会のポイント

 

・三部会が招集されたはいいものの、議決方法をめぐり特権身分と第三身分が対立しました。

とにかく特権身分と第三身分が対立したと覚えておいてください。

・第三身分はそれゆえに三部会から分離し、国民議会を結成します。

・国民議会は憲法の起草を始めましたが、国王と保守的な貴族は武力で議会を弾圧しようとします。

・この当時パンの値上がりがあり、民衆は苦しんでいました。

これに反発し民衆はパリにあるバスティーユ牢獄を襲撃します。

・国民議会は農村での暴動を抑えるため封建的特権の廃止、領主裁判権、教会の十分の一税が廃止されます。

 

※語句解説:封建的特権の廃止→収入に応じた納税を定め特権身分の免税の特権が否定されたことです。

要は特権身分の税の免除がなくなったということです。

領主裁判権→領主が自分たちのルールで農奴を裁くことができる権利です。

十分の一税→農民が教会に収穫や畜産物の約10%を収めるというものです。

 

・ラ=ファイエットが人権宣言を採択。

・国民議会が教会財産を没収しギルドの廃止、営業の自由を打ち出し度量衡の統一を打ち出します。要するに市民が求める改革です。

・一院制の立憲君主政を定め国民議会は解散。

・国王はヴァレンヌへ逃亡し国民の信頼を失います。

まとめると、三部会で特権身分と第三身分が対立し、国民議会が成立。

国民議会は封建的特権の廃止や領主裁判権の廃止、教会十分の一税の廃止など市民に根ざした改革を行いました。

 

立法議会のポイント

 

・立憲君主派と穏健共和主義のジロンド派の対立。流れを覚えるのが重要なので、まずは立憲君主派と穏健共和主義のジロンド派が対立したということを覚えてください。

・ジロンド派が政権を握り、オーストリアに宣戦。

・宣戦したはいいものの軍隊が弱小。オーストリア・プロイセン連合軍がフランス国内に侵入。

・パリの民衆と全国から集まった義勇軍がテュイルリー宮殿を襲い王権を停止。これが8月10日事件。

まとめると立憲君主派とジロンド派が対立し、ジロンドが政権を握り、オーストリアに宣戦

だが軍隊は弱小だったので戦意に欠けていた。

結果オーストリア・プロイセンがフランス国内に侵入し危機

義勇軍がテュイルリー宮殿を襲い王権を停止、というのが立法議会の主な流れをなります。

 

国民公会のポイント

 

・男性普通選挙で成立。

・王政の廃止、共和制の樹立が宣言される。

このことを第一共和政と言います。

・急進共和主義のジャコバン派が力を握りルイ16世を処刑。

注意:ジロンド派が穏健共和主義でジャコバン派が急進共和主義です。

ジロンド=穏健

ジャコバン=急進

立法議会 ジロンド派 穏健共和主義

国民公会 ジャコバン派 急進共和主義

まずはこの言葉を覚えましょう。

ちなみに国民議会はフイヤン派 立憲君主主義です。

ややこしくなりそうであればここはいったんすっ飛ばし、あとから見直しましょう

 

・イギリス首相ピットはフランスのこの革命がイギリス国内に波及することを恐れ第一回対仏大同盟をつくります。

フランスは全ヨーロッパを敵に回します。

・一方フランス国内でも農民の反乱がおきます(ヴァンデーの反乱)。

※語句解説:ヴァンデーの反乱→30万人規模の募兵に農民が激怒し、貴族や聖職者に率いられ起こした反乱です。

 

・国内国外においてフランスはピンチです。

ジャコバン派は危機を乗り越えるべくジロンド派を議会から追放します。

・一方で都市の民衆や農民の支持を得るための政策を実行します。

1793年憲法などが教科書に書かれてありますが、まず、ジャコバン派が民衆の支持を得る政策を実行したと覚えましょう。

・ジャコバン派ロべスピエールは公安委員会を中心に急進的な政策を強行。

反対派は処刑し恐怖政治を行う。

ややこしくなったら…:ジャコバン派は民衆の支持を集める政策を実行しつつ、反対派を処刑するなどの恐怖政治を行いました。

アメとムチの政策を実行したと考えれば理解しやすいです。

・結局、ジャコバン派はパリの民衆の支持を失い、1794年7月、テルミドールのクーデタでロべスピエールは処刑される。

まとめると、国民公会ジャコバン派はロべスピエールの下、恐怖政治を行い、民衆の支持を失い没落した、と覚えると知識に定着させることができます。

 

総裁政府のポイント

 

・ジャコバン派没落後、穏健共和派が有力になり1795年5人の総裁からなる総裁政府が樹立されます。

教科書には新憲法、制限選挙制などと書いてあると思いますが、「穏健共和派、5人、総裁政府」と押さえておきましょう。

・しかし有産市民(第三身分の中の上の身分)や農民は既に利益を得ていたので、社会の安定を望んでいました。

総裁政府に関しては上の2点を抑えておきましょう。

 

ナポレオンの統領政府樹立のポイント

 

ナポレオンが総裁政府の社会不安の中、軍事指導者として頭角をあらします。

・1796にオーストリア軍を破り、名声を高めます。

1798年にはエジプトに遠征をします。

・総裁政府は、イギリスがオーストリア・ロシアと第二回対仏大同盟を結びフランス国境を脅かすことにより、国民の支持を失います。

・ナポレオンはエジプト遠征から帰国後総裁政府を倒し、3人の統領からなる統領政府を立て、第一統領として独裁権を握ります。

これをブリュメール18日のクーデタといい、これにてフランス革命は終了します。

まとめると国民公会の後、総裁政府ができたが、イギリス・ロシア・オーストリアの第二回対仏大同盟により信頼を失う。

そんな中ナポレオンが登場し、頭角をあらわし、総裁政府を倒し、統領政府を樹立し、フランス革命終了

以上で終了ですが、ここまで書かれてあることを参照しつつ教科書を読むと知識と理解が深められるでしょう。

>>英語の偏差値が40から70に上がる方法、知りたくないですか?

>>60秒でできる!あなたの勉強センス診断はこちら





⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡
大和@受験講師
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。
開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。


⇒【天才?凡才?】60秒勉強センス診断はこちら!
⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら➡

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡



無料で、英語 長文の読み方を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める方法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値70.4、全国22位まで登りつめました。
その具体的な「英語 長文の読み方」を、無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。







7:15 PM

人気記事一覧