高校世界史の大航海時代をわかりやすくまとめ!勉強法や地図や年表、航路の覚え方のコツ






421秒で読めます。

高校世界史の大航海時代の覚え方と問題の解き方

 

大航海時代には正と負の二つの側面があると言えます。

つまり、ヨーロッパから見た大航海時代と、アメリカ大陸から見た大航海時代です。

前者は簡単に言えば、農業中心の時代から商業中心の時代へと移り変わるきっかけとなった時代で、より豊かになっていくプラスの面です。

一方で、後者はヨーロッパからの侵略者によって元からあった文明が蹂躙され、ヨーロッパに支配されることになったマイナスの面です。

では、それぞれの側面から見た大航海時代を見てみましょう。

>>早稲田大学の卒業生が語る!最強の英語の勉強法はこちら➡

 

ヨーロッパから見た大航海時代

 

大航海時代の概要

 

⑴大航海時代の始まり

大航海時代が始まったのはヨーロッパ諸国の生活に香辛料が不可欠であったことが大きな要因です。

当時のヨーロッパは肉食が主流でしたが、現代のように冷蔵庫がなく、悪くなって匂いが出てきた肉に香りをつけるために香辛料を使用していました。

つまり、香辛料はヨーロッパの食生活に必要不可欠だったのです。

 

⑵オスマン帝国の存在

15世紀になるとオスマン帝国という巨大帝国が出現します。

オスマン帝国の出現によって、ヨーロッパはインドから陸路での香辛料の輸送ができなくなってしまいます。

そこで、ヨーロッパ諸国は自ら海に出て海路でインドまでのルートを開拓する必要が出てきました。

>>入試までもう間に合わない!諦めたくない受験生はこちら

 

インドを目指して…

 

まず、ポルトガルがまずインドを目指しました。

以下の人物は頻出ですので、名前と何をした人なのかを関連づけて覚えておきましょう。

エンリケ「航海王子」

バルトロメウ=ディアス…希望峰に到達

ヴァスコ=ダ=ガマ…カリカットに到達

また、勉強の際には白地図に地名と印をつけると覚えやすいです。

希望峰→カリカットとだんだんインドに近づいていく様子がよくわかりますよ!

>>一橋&慶應のダブル合格者が語る!世界史の正しい勉強ルートはこちら

 

インドの先には…

 

インドに到達したポルトガルはさらに東へ進んでいきます。

 

⑴アジアへの進出(16世紀

セイロン島へ到達→ゴア占領→マラッカ→モルッカ諸島→マカオの居住権を獲得→種子島へ来航→平戸へ到達

これらの地名も同様に白地図に書き込んでみてください。

だんだん東に向かって行き、最後には日本にたどり着くので、地図上で旅行をしている気分になりますよ!

>>センター試験が廃止!3分でわかる共通テストの解説はこちら

 

コロンブスの航海

 

ポルトガルに先を越されたコロンブスは、ポルトガルとは別ルートでアジアへ出発します。

ポルトガルはアフリカ大陸を廻って東に行ったのに対して、コロンブスは東に行きます。

当時の考え方では、キリスト教会が大きな力を持っており、地球は平面であるというのが一般的な考え方でした。

コロンブスはトスカネリの地球球体説を信じており、西に向かってもインドにたどり着くはずだと考え、西に向かいました。

現代に生きている私たちはヨーロッパ大陸から西に行けばアメリカ大陸に着くのは容易に想像できますが、コロンブスはインドに到着したと考えていたので、到着したサンサルバドル島を西インド諸島と命名し、現在でもそのように呼ばれています。

サンサルバドル島に到着(1492年)→西インド諸島と命名

 

航海士たちの冒険

 

コロンブスの航海後、多くの航海士達が新大陸へ探検しに行きます。

以下の人物は頻出ですので、人物名と何をしたかを関連づけて覚えておきましょう。

勉強法としては、到着地を白地図に書いて覚えると視覚情報として覚えることができるので、頭に入りやすいです。

カブラル…ブラジルに到着←ポルトガル人

アメリゴ=ヴェスプッチ…コロンブスが到着したのが新大陸であることを発見

バルボア…パナマ海峡を横断、太平洋へ到達

マゼラン…アメリカ大陸を南下→マゼラン海峡を回って太平洋へ→フィリピンへ到達→フィリピンで殺害

残った部下達がヨーロッパに帰ってくる←地球が丸いことの証明

トルデシャリス条約(1494年

ポルトガルとスペインの間で結ばれた条約で、東と西でポルトガルとスペインの取り分を分けるものです。

これによってアメリカ大陸はスペインの取り分となりますが、ブラジルはポルトガル人であるカブラルが発見したため、ポルトガルの取り分になりました。

 

アメリカから見た大航海時代

 

先住民の生活

 

インディアンの食生活…トウモロコシ、ジャガイモ、トマト

文化の違い…鉄がない、牛・馬がいない、車輪の文化ない←重いものを運搬できない?

 

メソアメリカ文明(中米)

 

⑴マヤ文明(前1000年頃〜16世紀

ユカタン半島に成立

ピラミッド状の神殿

マヤ文字、マヤ暦、20進法←高度の発展した文明

 

⑵テオティワカン文明(前1〜6世紀

太陽のピラミッド←車輪がなかったのにどうやって資材を運んだのか

アステカ王国(14〜16世紀

現在のメキシコに建国

首都:テノチティトラン(現在のメキシコシティ)

コルテス(スペイン)によって滅ぼされる

 

3、アンデス文明(南米)

インカ帝国(15〜16世紀

首都:クスコ

キープ←縄の結び方によって数字を表す

ピサロ(スペイン)によって滅亡

ポトシ銀山の発見→ヨーロッパの銀価格の下落

※エンコミエンダ制とアシエンダ制

よく受験生が間違えがちなのが、エンコミエンダ制とアシエンダ制です。

この二つの違いをしっかりと把握しておきましょう。

エンコミエンダ制:アメリカ大陸の先住民を強制労働させたもの。

ラス=カサス達の批判により衰退。

アシエンダ制:エンコミエンダ制に代わって普及してきたもの。

鉱山や都市に食料を供給するためのもの。

ラス=カサス…ドミニコ修道士

「インディオの破壊についての簡潔な報告」

 

高校世界史の大航海時代の概要と勉強のコツまとめ

 

大航海時代は場所に絡めた問題が多く出題されます。

白地図を駆使して場所と関連させて覚えて行きましょう。

その際、年号も合わせて記入しておくと、流れがよくわかるようになります。

人物名も多く出題され、名前も長いものもあります。しっかりと暗記しておきましょう。

音読をしながら覚えると人物名は覚えやすいですよ!


⇒センター試験が廃止!3分でわかる共通テストの解説はこちら

⇒時間がない!合格を諦めかけている受験生はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡

⇒【LINE講座!】受験の英語をLINEで相談したい受験生はこちら

>>30日で早慶・国公立の長文が読めるようになる方法はこちら

受験エキスパート
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。 英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。 浪人期に図書館にこもって研究し、 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発券し、偏差値を73まで上げ、早稲田大学に合格。 通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。 自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。 開発した「独自の英語長文読解法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。 センター試験の英語の対策法も研究し、無料で公開している。


⇒センター試験が廃止!3分でわかる共通テストの解説はこちら























LINEで英語長文の読み方を教えています!


たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める方法


単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値70.4、全国22位まで登りつめました。
その具体的な「英語長文の読み方」を、LINEにてお伝えしています。
勉強や受験に関する相談も受け付けています!



Copyright© 大学受験の偏差値上がる勉強法 , 2020 All Rights Reserved.