英文精読へのアプローチは早慶レベル!使い方!太庸吉先生の評価・評判・口コミレビュー


英文精読へのアプローチ

太庸吉先生が手掛ける、英文読解の参考書「英文精読へのアプローチ」。

ここでは「英文精読へのアプローチの紹介」「参考書のレベル」「正しい使い方」の3つについて、詳しく解説していきます!

記事と筆者の信頼性

・筆者は模試の成績優秀者に掲載され、早稲田大学に合格

・予備校講師として、2,000人以上の受験生を指導

・参考書の中身を見ながら記事を執筆

>>1ヶ月で早稲田慶應・難関国公立の英語長文がスラスラ読めるようになる方法はこちら

 

英文精読へのアプローチとは

英文精読へのアプローチは英文解釈系の参考書で、和訳をする中で英文を読む力を鍛えていきます。

難しい英文を正確に読めるようにするためには、精読のトレーニングが必須で、そういった勉強ができる参考書です。

英語の文章全体を理解して、その中でも複雑な部分を和訳して、精読力を鍛えるという形式。

 

太庸吉先生の参考書ということもあり、お堅い感じで、楽し気に勉強できる感じではありません。

好き嫌いが分かれるので、中身を見てから取り組むかどうかを判断した方が良いでしょう。

>>1ヶ月で早稲田慶應・難関国公立の英語長文がスラスラ読めるようになる方法はこちら

 

英文精読へのアプローチのレベル

英文精読へのアプローチは大学受験の英文解釈系の参考書の中で、最も難しい部類に入ります。

早慶や東大・京大など難関大学を受験する人以外は、取り組んでもオーバーワークになってしまう可能性があるでしょう。

英語の偏差値が65を超えて、早慶や東大・京大の英語とも戦えるようになって、さらにワンランク登りたい人におすすめ。

初中級者の人が背伸びをして取り組むのはNGです。

一定のレベルの英文が読めないと解釈の勉強になりませんから、時間のムダになってしまいます。

>>1ヶ月で早稲田慶應・難関国公立の英語長文がスラスラ読めるようになる方法はこちら

 

英文精読へのアプローチの使い方

英語の文章を読み、和訳を書いて、解説を読むという流れで進んでいきます。

当然ですが下線部だけでなく、すべての英文をしっかりと読みこんでください。

その流れを理解したうえで、推測力も使いながら、下線部を訳していきます。

 

訳を書く際には必ず、ペンを使って紙に書き出すようにしてください。

何となく頭で訳してすぐに解説を見てしまうと、自分で訳を作る力が磨かれていきません。

記述式問題にニガテ意識がある人は特に、日ごろから書くトレーニングに取り組んでください。

 

訳を書く際に注意しなければいけないのは、「分からない部分は文脈から推測する」こと。

和訳を求められる部分は基本的に、文構造が複雑で訳しにくいケースが多いです。

だからこそそう簡単に訳せないので、文脈をヒントにしながら、分からない部分を推測しなければいけません。

 

訳を書き終えたら解説をじっくりと読んで、確認しましょう。

下線部だけでなく文章全体を、正しく訳せているかを確認しなければいけません。

訳せていない時は下線部だけが原因ではなく、その前後に原因がある可能性もあります。

最終的に下線部も含めて、すべての英文をスラスラ読めるようになるまでやりこんでください。

>>1ヶ月で早稲田慶應・難関国公立の英語長文がスラスラ読めるようになる方法はこちら

 

英文精読へのアプローチまとめ

ポイント

・難しい英文を正確に読むための参考書

・最後の一手として取り組もう

・自力で訳を紙に書き出すことが大事

・難しい英文も頭をひねって回答しよう


⇒【秘密のワザ】1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた方法はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【速読】英語長文を読むスピードを速く、試験時間を5分余らせる方法はこちら

   1ヶ月で英語の偏差値が70に到達

現役の時に偏差値40ほど、日東駒専に全落ちした私。
しかし浪人して1ヶ月で「英語長文」を徹底的に攻略して、英語の偏差値が70を越え、早稲田大学に合格できました!

私の英語長文の読み方をぜひ「マネ」してみてください!
・1ヶ月で一気に英語の偏差値を伸ばしてみたい
・英語長文をスラスラ読めるようになりたい
・無料で勉強法を教わりたい

こんな思いがある人は、下のラインアカウントを追加してください!




⇒【秘密のワザ】1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた方法はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【速読】英語長文を読むスピードを速く、試験時間を5分余らせる方法はこちら










この記事も読まれています

1

私は受験生の時に、全国記述模 試で22位にランクインし、早稲田大学に合格しました。 そして自ら予備校を立ち上げ、偏差値30台の受験生を難関大へ合格させてきました。 早稲田大学卒という学歴があるため、今 ...

2

大学受験の勉強を始めるときに誰もが思うのが、「受験勉強って、何をすれば良いの!?」ということ。 「勉強を頑張るぞー!!」という気持ちはあっても、どう動けばよいか分からない。 そして少しずつ熱も冷めてし ...

3

大学受験の勉強、いつから本気出そうかな。 いつから受験勉強を始めれば、志望校に合格できるんだろう。 私も高校2年生の時、こんなことをいつも考えていました。筆者 高校がさほど頭の良いところではなかったの ...

4

私は受験生の時に、全国記述模試で22位にランクインし、早稲田大学に合格しました。 そして自ら予備校を立ち上げ、偏差値30台の受験生を難関大へ合格させてきました。 もちろん模試は下の写真のように、ほとん ...

5

赤本の使い方と復習ノートの作り方!いつから何年分解く? 受験生受験勉強と言ったら赤本ですけど、いつから解くのか、どうやって復習するか全然分からないです・・・。 「赤本」は受験勉強の中で、合否に1番関わ ...

6

インターネットでは「ニッコマは超余裕」なんて書き込みを、目にすることが多いです。 私が受験生の時も「日東駒専は滑り止めにしよう」と、少し見くびってしまっていました。 結果として、現役の時は日東駒専には ...

7

志望校を決めるときに、国公立大学にするべきか私立大学にするべきか、悩みますよね。 少し学力の高い高校だと「国公立大学は私立大学よりも優れている」、「国公立大学を目指すべきだ」という先生方も多いです。 ...

Copyright© 受験の相談所 , 2021 All Rights Reserved.