生物基礎問題精講の評判と使い方&勉強法【センター~国公立二次レベル】


生物基礎問題精講の使い方&勉強法

 

生物基礎問題精講

 

生物基礎問題精講は、生物を選択している受験生なら、誰もが知っているような有名な参考書。

なぜこれだけ長い間、受験生から愛されているか。

それは「成績を上げてくれるから」ですよね。

 

・生物基礎問題精講ってどんな参考書?

・生物基礎問題精講はどのくらいのレベル?

・成績をグンと上げるための使い方

の3点をお伝えしていきましょう。

生物基礎問題精講で生物の成績を上げたい受験生は、ぜひ読んでくださいね。

>>1ヶ月で早稲田慶應・難関国公立の英語長文がスラスラ読めるようになる方法はこちら

 

生物基礎問題精講の特徴とレベル

 

生物基礎問題精講は、標準レベルの良問を網羅した問題集です。

人気の秘密は、とにかく解説が詳しいこと。

そして重要な問題がそろっていること。

生物基礎と生物の両方の問題が掲載されているので、全て解けるようになった時には、生物の土台がガッチリ固まっているでしょう。

 

「基礎」という名前ですが、難易度は低くありません。

センター試験の対策用の参考書というよりは、私大や二次試験の対策に重点を置いた問題構成になっています。

センター試験の生物が7割以上取れるようになった受験生が、私大や二次試験の対策をする最初の一歩として最適の参考書です。

生物をほとんど勉強したことがない受験生が取り組むような参考書ではありませんので、注意してくださいね。

ワンランク下のレベルで、「生物入門問題精講」があります。

こちらを先に取り組んでおくと、基礎からガッチリと力をつけていけますよ。

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

 

生物基礎問題精講の最強の使い方&勉強法!

 

使い方ステップ①まずは知識のインプットを

 

生物基礎問題精講はあくまで問題集ですから、センター試験レベルの知識がインプットされていることが大前提です。

そのうえでアウトプット力をつけていくために、生物基礎問題精講を解いていきます。

「田部の生物基礎をはじめからていねいに」で生物基礎を、「生物合格77講」で生物を学んだうえで取り組めば、スムーズに問題と戦っていけるでしょう。

 

使い方ステップ②基礎問を完璧にしよう

 

生物基礎問題精講は「基礎問」と「実戦・演習問題」に分かれています。

まずは基礎問を解いて精講を頭に叩き込むことで、土台をガッチリ固めましょう。

その際に青字の語句は必ず覚えるようにしてください。

一問一答形式で丸暗記するのではなく、その語句を様々な角度から説明できるように心がけましょう。

基礎問を完璧にマスターしただけでも、偏差値が大きく上がるくらい、相当な手ごたえがあるはずです。

基礎問は全て、根拠を持って回答できるようになったら、次のステップです。

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

 

使い方ステップ③実戦・演習問題へ進もう

 

実戦・演習問題を解いていきましょう。

基礎問で身につけた力を最大限に発揮して、ガンガン問題を解いていきましょう。

実戦・演習問題は難しいので、初見で解けない問題もあるはずです。

その時には解説をじっくりと読み、理解して、次から完璧に答えられればOK。

そうやって1問ずつマスターしていって、最終的には生物基礎問題精講の全ての問題に、根拠を持って答えられるようにしてください。

そうなった時には、中堅私大・中堅国公立の生物であれば、合格点が取れる力が身についています。

>>偏差値が1ヵ月で40から70に!私が実践した「たった1つのワザ」はこちら

 

生物基礎問題精講が終わったら?

 

生物基礎問題精講が終わったら、志望校の過去問を解いてみましょう。

合格点に近い点数が取れるようであれば、どんどん過去問演習をして、合格点を目指してください。

「まだまだ力が足りないな・・・」と感じたら、「生物標準問題精講」へと進んでいきましょう。

問題はさらに難しくなり、相当手ごわくなっていますが、その分だけ力もつきますよ。

>>偏差値が1ヵ月で40から70に!私が実践した「たった1つのワザ」はこちら

 

生物基礎問題精講の使い方&勉強法まとめ

 

ポイント

・「基礎」というが、レベルはセンター試験を超えている

・あくまで問題集なので、インプットは講義の参考書で行おう

・基礎問→実戦・演習問題の順に進めていこう





⇒【秘密のワザ】1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた方法はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【速読】英語長文を読むスピードを速く、試験時間を5分余らせる方法はこちら









この記事も読まれています

1

私は受験生の時に、全国記述模 試で22位にランクインし、早稲田大学に合格しました。 そして自ら予備校を立ち上げ、偏差値30台の受験生を難関大へ合格させてきました。 早稲田大学卒という学歴があるため、今 ...

2

大学受験の勉強を始めるときに誰もが思うのが、「受験勉強って、何をすれば良いの!?」ということ。 「勉強を頑張るぞー!!」という気持ちはあっても、どう動けばよいか分からない。 そして少しずつ熱も冷めてし ...

3

大学受験の勉強、いつから本気出そうかな。 いつから受験勉強を始めれば、志望校に合格できるんだろう。 私も高校2年生の時、こんなことをいつも考えていました。筆者 高校がさほど頭の良いところではなかったの ...

4

模試の結果が返ってきて、良ければもちろん嬉しいですし、悪いとやる気がなくなってしまいますよね。 私が受験生の時も、模試の返却はビッグイベントで、結果を見るときはとても緊張したことを覚えています。 受験 ...

5

赤本の使い方と復習ノートの作り方!いつから何年分解く? 受験生受験勉強と言ったら赤本ですけど、いつから解くのか、どうやって復習するか全然分からないです・・・。 「赤本」は受験勉強の中で、合否に1番関わ ...

6

インターネットでは「ニッコマは超余裕」なんて書き込みを、目にすることが多いです。 私が受験生の時も「日東駒専は滑り止めにしよう」と、少し見くびってしまっていました。 現役の時の受験の結果はMARCH1 ...

7

志望校を決めるときに、国公立大学にするべきか私立大学にするべきか、悩みますよね。 少し学力の高い高校だと「国公立大学は私立大学よりも優れている」、「国公立大学を目指すべきだ」という先生方も多いです。 ...

Copyright© 受験の相談所 , 2020 All Rights Reserved.