立正大学の英語の対策&勉強法!RisE方式と前期の過去問の傾向と難易度/レベルの違い


立正大学の英語の対策&勉強法

立正大学

立正大学の英語の傾向と難易度

 

立正大学では大きくRisE方式と前期試験に分かれますが、難易度に大きな違いはありません。

どちらも基礎・基本的な内容が大半で、基礎固めをきちんとしている受験生が、順当に合格していく形式。

RisE方式は「知識を思考・表現する力を求める試験」とされていますが、前期試験より会話問題の量が少し多いくらいで、特別な対策は必要ないでしょう。

「会話」「語彙・文法」「長文」の3つがバランス良く問われているので、弱点を作らないように勉強を進めていってください。

>>1ヶ月で早稲田慶應・難関国公立の英語長文がスラスラ読めるようになる方法はこちら

 

立正大学の語彙・文法問題の対策法

 

空所補充や正誤問題、語彙の知識を問う問題などが出題されています。

基礎~標準レベルの語彙をしっかりと暗記し、また英文法も勉強してください。

英文法はただ問題集を解くだけでなく、「世界一わかりやすい英文法の授業」など講義形式の参考書も活用して、深く理解することが大切です。

 

基本的に問題の形式はオーソドックスなので、特別な対策は必要ありませんが、正誤問題だけは少し慣れておいた方が良いですね。

正誤問題は全く対策せずに挑むと、どれも正解に見える一方、どれも間違っているように見えてしまい、なかなか正解が選べません。

大きなタイムロスになってしまう可能性もあるので、ある程度は対策をしておいてください。

正誤問題は「三人称の主語なのに、動詞にsがついていない」「不可算名詞なのに、複数系のsがついている」など狙われるパターンが決まっています。

こういったパターンに反応できるよう、余裕があれば「スーパー講義英文法・語法正誤問題」などで正誤問題をたくさん演習できればベストです。

どうしても時間が無い受験生は、文法を勉強したうえで過去問演習の中で慣れていくのが良いでしょう。

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

 

立正大学の会話問題の対策法

 

特にRisE方式では会話問題の頻度が多く、対策が必要です。

メインは対話文の空所に、選択肢から正しい文を挿入する形式で、オーソドックスな問題です。

会話文を冒頭から読み進めていき、空所にぶつかったら選択肢を見る前に、「自分だったら何を言うだろうか」と考えてから、一番近い選択肢を選ぶようにしてください。

自力で推測してから選択肢を見ることで、選択肢にまどわされずに、正しい判断ができるようになります。

また簡単な会話表現は問われる可能性があるので、基礎的な疑問文や定型句は勉強しておいた方が良いでしょう。

 

立正大学の英語長文の対策法

 

RisE方式に比べ、前期試験は英語長文の比重が大きくなっています。

立正大学の英語長文は読みやすい文章が多く、「精読」ができていれば問題なく読解して、合格点を取れるでしょう。

日ごろから「1文1文を正確に理解する」ことを一番に考えて、勉強に取り組んでいってください。

なんとなく左から右へ、単語を拾いながら読んでしまっていると、本番で大崩れしてしまう可能性があるので、「英文を読むルール」をしっかりと固めて本番に挑みましょう。

また長文にはタイトルがついていることがあり、タイトルは文章の要約になっているので、必ず先に読んでヒントにしてください。

 

英文を読むルールやトレーニング方法を知りたい方は、LINE講座をぜひ活用してください。

私が12回の受験ですべて失敗してしまったところから、どのようにして英語の偏差値が70を超え、早稲田大学に合格できたかをお伝えしています!

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

 

英語長文の設問の解き方

 

立正大学の英語長文の設問は、文章に関する問いに対して、正しい選択肢を選ぶ問題がメイン。

最もオーソドックスな形式の設問で、長文の内容が理解できていれば、間違いなく正解できるようになっています。

設問の順番は長文の流れと並行になっていることが多いです。

「設問を読む→答えを探しながら長文を読む→答えが見つかったら次の設問へ」と進んでいくことで、スピーディかつ正確に設問に答えられます。

あくまで「設問を解くために長文を読む」という意識で取り組んでください。

 

立正大学の英語の傾向と対策まとめ

 

ここまでお伝えした通り、立正大学の英語は基礎的な内容がほとんどで、基礎固めが合格への最短ルートになっています。

背伸びをして応用的な勉強をしても、なかなか点数にはつながらないので、日ごろから徹底して基礎を固めていってください。





⇒【秘密のワザ】1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた方法はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【速読】英語長文を読むスピードを速く、試験時間を5分余らせる方法はこちら









この記事も読まれています

1

私は受験生の時に、全国記述模 試で22位にランクインし、早稲田大学に合格しました。 そして自ら予備校を立ち上げ、偏差値30台の受験生を難関大へ合格させてきました。 早稲田大学卒という学歴があるため、今 ...

2

大学受験の勉強を始めるときに誰もが思うのが、「受験勉強って、何をすれば良いの!?」ということ。 「勉強を頑張るぞー!!」という気持ちはあっても、どう動けばよいか分からない。 そして少しずつ熱も冷めてし ...

3

大学受験の勉強、いつから本気出そうかな。 いつから受験勉強を始めれば、志望校に合格できるんだろう。 私も高校2年生の時、こんなことをいつも考えていました。筆者 高校がさほど頭の良いところではなかったの ...

4

模試の結果が返ってきて、良ければもちろん嬉しいですし、悪いとやる気がなくなってしまいますよね。 私が受験生の時も、模試の返却はビッグイベントで、結果を見るときはとても緊張したことを覚えています。 受験 ...

5

赤本の使い方と復習ノートの作り方!いつから何年分解く? 受験生受験勉強と言ったら赤本ですけど、いつから解くのか、どうやって復習するか全然分からないです・・・。 「赤本」は受験勉強の中で、合否に1番関わ ...

6

インターネットでは「ニッコマは超余裕」なんて書き込みを、目にすることが多いです。 私が受験生の時も「日東駒専は滑り止めにしよう」と、少し見くびってしまっていました。 現役の時の受験の結果はMARCH1 ...

7

志望校を決めるときに、国公立大学にするべきか私立大学にするべきか、悩みますよね。 少し学力の高い高校だと「国公立大学は私立大学よりも優れている」、「国公立大学を目指すべきだ」という先生方も多いです。 ...

Copyright© 受験の相談所 , 2020 All Rights Reserved.