立正大学の英語の対策&勉強法!RisE方式と前期の過去問の傾向と難易度/レベルの違い






32秒で読めます。

立正大学の英語の対策&勉強法

立正大学

立正大学の英語の傾向と難易度

 

立正大学では大きくRisE方式と前期試験に分かれますが、難易度に大きな違いはありません。

どちらも基礎・基本的な内容が大半で、基礎固めをきちんとしている受験生が、順当に合格していく形式。

RisE方式は「知識を思考・表現する力を求める試験」とされていますが、前期試験より会話問題の量が少し多いくらいで、特別な対策は必要ないでしょう。

会話」「語彙・文法」「長文」の3つがバランス良く問われているので、弱点を作らないように勉強を進めていってください。

>>早稲田大学の卒業生が語る!最強の英語の勉強法はこちら➡

 

立正大学の語彙・文法問題の対策法

 

空所補充や正誤問題、語彙の知識を問う問題などが出題されています。

基礎~標準レベルの語彙をしっかりと暗記し、また英文法も勉強してください。

英文法はただ問題集を解くだけでなく、「世界一わかりやすい英文法の授業」など講義形式の参考書も活用して、深く理解することが大切です。

 

基本的に問題の形式はオーソドックスなので、特別な対策は必要ありませんが、正誤問題だけは少し慣れておいた方が良いですね。

正誤問題は全く対策せずに挑むと、どれも正解に見える一方、どれも間違っているように見えてしまい、なかなか正解が選べません。

大きなタイムロスになってしまう可能性もあるので、ある程度は対策をしておいてください。

正誤問題は「三人称の主語なのに、動詞にsがついていない」「不可算名詞なのに、複数系のsがついている」など狙われるパターンが決まっています。

こういったパターンに反応できるよう、余裕があれば「スーパー講義英文法・語法正誤問題」などで正誤問題をたくさん演習できればベストです。

どうしても時間が無い受験生は、文法を勉強したうえで過去問演習の中で慣れていくのが良いでしょう。

>>入試までもう間に合わない!諦めたくない受験生はこちら

 

立正大学の会話問題の対策法

 

特にRisE方式では会話問題の頻度が多く、対策が必要です。

メインは対話文の空所に、選択肢から正しい文を挿入する形式で、オーソドックスな問題です。

会話文を冒頭から読み進めていき、空所にぶつかったら選択肢を見る前に、「自分だったら何を言うだろうか」と考えてから、一番近い選択肢を選ぶようにしてください。

自力で推測してから選択肢を見ることで、選択肢にまどわされずに、正しい判断ができるようになります。

また簡単な会話表現は問われる可能性があるので、基礎的な疑問文や定型句は勉強しておいた方が良いでしょう。

 

立正大学の英語長文の対策法

 

RisE方式に比べ、前期試験は英語長文の比重が大きくなっています。

立正大学の英語長文は読みやすい文章が多く、「精読」ができていれば問題なく読解して、合格点を取れるでしょう。

日ごろから「1文1文を正確に理解する」ことを一番に考えて、勉強に取り組んでいってください。

なんとなく左から右へ、単語を拾いながら読んでしまっていると、本番で大崩れしてしまう可能性があるので、「英文を読むルール」をしっかりと固めて本番に挑みましょう。

また長文にはタイトルがついていることがあり、タイトルは文章の要約になっているので、必ず先に読んでヒントにしてください。

 

英文を読むルールやトレーニング方法を知りたい方は、LINE講座をぜひ活用してください。

私が12回の受験ですべて失敗してしまったところから、どのようにして英語の偏差値が70を超え、早稲田大学に合格できたかをお伝えしています!

>>【LINE講座】英語の勉強法を教わりたい、相談したい方はこちら

 

英語長文の設問の解き方

 

立正大学の英語長文の設問は、文章に関する問いに対して、正しい選択肢を選ぶ問題がメイン。

最もオーソドックスな形式の設問で、長文の内容が理解できていれば、間違いなく正解できるようになっています。

設問の順番は長文の流れと並行になっていることが多いです。

「設問を読む→答えを探しながら長文を読む→答えが見つかったら次の設問へ」と進んでいくことで、スピーディかつ正確に設問に答えられます。

あくまで「設問を解くために長文を読む」という意識で取り組んでください。

 

立正大学の英語の傾向と対策まとめ

 

ここまでお伝えした通り、立正大学の英語は基礎的な内容がほとんどで、基礎固めが合格への最短ルートになっています。

背伸びをして応用的な勉強をしても、なかなか点数にはつながらないので、日ごろから徹底して基礎を固めていってください。


⇒センター試験が廃止!3分でわかる共通テストの解説はこちら

⇒時間がない!合格を諦めかけている受験生はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡

⇒【LINE講座!】受験の英語をLINEで相談したい受験生はこちら

>>30日で早慶・国公立の長文が読めるようになる方法はこちら

受験エキスパート
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。 英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。 浪人期に図書館にこもって研究し、 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発券し、偏差値を73まで上げ、早稲田大学に合格。 通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。 自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。 開発した「独自の英語長文読解法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。 センター試験の英語の対策法も研究し、無料で公開している。


⇒センター試験が廃止!3分でわかる共通テストの解説はこちら























LINEで英語長文の読み方を教えています!


たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める方法


単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値70.4、全国22位まで登りつめました。
その具体的な「英語長文の読み方」を、LINEにてお伝えしています。
勉強や受験に関する相談も受け付けています!



Copyright© 大学受験の偏差値上がる勉強法 , 2020 All Rights Reserved.