日東駒専の英検利用のレベル!準一級/二級/準二級どれが有利?CSEスコアの基準も






318秒で読めます。

日東駒専の英検利用に関する情報まとめ

 

受験生
日東駒専に合格するためには、英検を利用した方が良いと聞いたのですがどうなのでしょうか?
日東駒専の英語と英検の難易度や、どの級を受験するべきかなど詳しく解説していくね!
先生

 

日東駒専を英検利用で受験するメリット

 

英検やTEAPなどの外部試験で、一定のスコアを取得していると、一般入試の英語の試験が免除されるケースがあります。

取得しているスコアによって換算の点数が異なり、英検で同じ級に合格していても、CSEスコアという各パートのスコアによっても基準が異なります。

英語の試験が免除されれば、入試本番で失敗することがなくなりますので、合格率が大きく上がるんです。

日東駒専ですと英検2級が基準となりますので、英検2級で高得点を取って合格することを目標にすると良いでしょう。

>>早稲田大学の卒業生が語る!最強の英語の勉強法はこちら

 

英検2級と日東駒専の英語の難易度の比較

 

英検2級を取れれば英語の試験が免除になるのなら、受験しようと考える人も多いと思います。

しかし英検2級に合格するのは、日東駒専の英語で合格点を取るよりも難しく、対策にも時間がかかります。

英語の試験が免除になるのは、それだけの英語力が身に付いていると認められるからです。

英検利用をすれば有利になるということではなく、あくまで自分の英語力を明確に示すことができる、1つの指標になるということです。

>>大学入学共通テストも攻略!最強の英語の勉強法はこちら

 

日東駒専の受験に英検は必要?

 

日東駒専の一般入試は英語の難易度が易しく、解きやすい問題がとても多いです。

問題はほとんどリーディングのみで、記述問題もあまりありません。

一方で英検はリーディングだけでなく、スピーキングやライティング、リスニングの対策も必要です。

英語の勉強にかかる時間は間違いなく増えますし、他教科の対策にかけられる時間も少なくなってしまいます。

英検の対策に時間をかけすぎてしまい、勉強のスケジュールが厳しくなってしまい、合格点が取れなくなってしまったら本末転倒。

 

これまでどおり一般入試できちんと合格点を取れれば、もちろん日東駒専に合格できます。

ですから必ずしも英検を受験する必要は無く、一般入試に向けて各教科をバランス良く勉強していくという選択肢が無難です。

>>入試までもう間に合わない!諦めたくない受験生はこちら

 

英検利用を狙うべき受験生は?

 

ここまでお伝えしたした通り、日東駒専を合格するために英検を受験するというのは、得策ではありません。

しかし留学経験がある方や帰国子女の方など、スピーキングやリスニングに自信がある受験生は、英検利用がおすすめです。

日東駒専の入試はリーディングがメインになりますから、英検を受験してスピーキングやリスニングのスキルも活かすと、有利に戦えるでしょう。

 

また高校1年生の方など、受験までの期間に余裕がある場合は、英検の勉強を進めていくのも良いですね。

英検の対策を進めることで、受験英語という枠組みにとどまらずに、実践的に使える英語力を磨くことができます。

一般入試でも今後は会話問題や長文の問題がさらに増加することが予想されるので、英検のトレーニングを進めていけば、一般入試にも活きてきます。

 

日東駒専の英語の攻略は英語長文がカギ

 

日東駒専の英語で合格点を取るには、英検の対策よりも英語長文の対策に特化して勉強を進めた方が効率が良いです。

英語の試験の配点は英語長文が大部分を占めているので、英語長文を攻略すれば合格点に一気に近づきます。

できる限り早く合格点を取り、他教科の勉強をしたり、さらに上の大学を目指したい受験生は、英語長文の勉強に力を入れましょう。

私が受験生の時に実践した、英語の偏差値が1ヵ月で40から70を超えた勉強法をお伝えしているので、興味がある方はぜひ読んでください!

>>これで英語長文は完璧!正しい長文のトレーニング方法はこちら

 

日東駒専の英検利用に関する情報まとめ

 

ポイント

・英検で一定の基準を超えると、英語の試験が免除になるケースがある

・英検2級に合格するよりも、日東駒専の英語で合格点を取る方が簡単

・英検の対策をすると、英語の勉強にかかる時間が大幅に増加する

・一般入試をメインに対策した方が、効率は良い


⇒センター試験が廃止!3分でわかる共通テストの解説はこちら

⇒時間がない!合格を諦めかけている受験生はこちら

⇒【1カ月で】英語の偏差値が30上がった勉強法はこちら

⇒早稲田大学の合格者が語る!最強の英語の勉強法はこちら

>>早稲田大学の合格者が語る!最強の英語の勉強法はこちら

受験エキスパート
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。 英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。 浪人期に図書館にこもって研究し、 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発券し、偏差値を73まで上げ、早稲田大学に合格。 通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。 自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。 開発した「独自の英語長文読解法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。 センター試験の英語の対策法も研究し、無料で公開している。


⇒知らなきゃマズい!新しい英語の勉強法はこちら

























センター試験廃止で、全ての大問が英語長文に変更!


旧センター試験が廃止され、大学入学共通テストでは全ての問題が英語の文章を読む問題に変わりました!


模試や過去問を解いても、英語の長文が全然読めない・・・。
英語長文の重要度がさらに上がった今、長文を攻略できなければ志望校には合格できないといっても過言ではありません。

私が受験生の時に、1ヶ月で英語長文をスラスラ読めるようにしたトレーニング方法をお伝えしています!
1ヶ月で40前後だった偏差値が、70を超えるようになり、模試の全国ランキングにも掲載されました。
その勉強法を詳しく解説しています!
勉強や受験に関する相談も受け付けています!



Copyright© 大学受験の偏差値上がる勉強法 , 2020 All Rights Reserved.