日本史の史料問題とは?対策&勉強法!おすすめの問題の解き方も伝授


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡

⇒入試までもう間に合わないかも!という受験生はこちら

⇒【無料LINE講座!】受験英語を無料で教わりたい受験生はこちら

219秒で読めます。

日本史の史料問題の対策&勉強法

 

日本史の史料問題

史料問題の勉強の仕方は、定期テスト・センター試験・各大学の入試問題といったように、試験レベルによってかなり異なってきます。

どの試験のために史料問題を勉強するのかによって、勉強のやり方が変わってくるという事です。

それぞれの試験のレベルに合わせて、勉強法をお伝えしていきましょう。

 

日本史の史料問題の勉強法

 

①定期テスト

 

定期テストは基本的にどこの学校でも教科書、または演習問題集からの出題となるため、テスト範囲の箇所の代表的な、また教科書や資料集に掲載されているものを覚えれば特に困ることはありません。

それ以外で出題されるとすれば、その場で考えて解ける問題が多いでしょう。

>>英語の偏差値が40から70に上がる方法、知りたくないですか?➡

 

センター試験

 

センター試験の史料問題は、正直なところあまり対策は必要ありません。

と言うのも実際にセンター試験の史料問題では、初見の史料が出題されるケースがとても多いからです。

対策した範囲が出ればラッキーですが、その可能性は低く、コストパフォーマンスは良くないと言えるでしょう。

 

センター試験の史料問題はどのようにして解くのかというと、単純に読解です。

センター試験の史料問題は、史料が提示され、それについて正しく述べた選択肢を選ぶ問題が頻出。

史料をその場で正しく読み取る力が求められています。

それほど難易度の高い文章でもなく、難易度が高い内容や単語は注釈をしてくれることもしばしば。

 

史料問題を読み解くうえで重要なのが、「人物関係」。

1人の人物の話のときもありますが、複数の人物が出てくることも良くあります。

そういった史料を読み解くうえで、「誰」が「何」をしたかを捉えることが大切。

問題を落ち着いて読んで、状況を整理して答えることを意識しましょう。

>>入試までもう間に合わない!諦めたくない受験生はこちら

 

③各大学の入試

 

各大学で出題される史料問題は、史料集で取り上げられているものが多いです。

その場で自力で解けるものばかりでなく、資料の知識が問わます。

狙われるポイントは決まっているので、いかにたくさんの問題を演習し、知識をインプットしたかで得点が決まります。

 

例えば、武家諸法度で言えば、2代将軍秀忠の時代に出された元和令では「文武弓馬之道」という書き出しで始まりますが、5代将軍綱吉の時代の天和令では「文武忠孝を励まし」と始まります。

これは江戸時代が武力による武断政治から学問による文治政治による統治システムの変化を示すものとして定番の問題です。

ある程度問われるものは決まっているので、必要以上に気負う必要はありません。

そこで、対策として推奨するのは、東進ハイスクールや駿台予備校が出版しているような史料問題集を何度も解くことです。

必死に覚えようとするというよりは、音読のように気楽に何度も読むだけでも十分な対策になります。

 

史料問題の勉強法のまとめ

 

史料問題を苦手とする、また食わず嫌いをする高校生は多いですが、史料問題はそこまで対策が難しいというわけではありません。

また試験ごとに勉強法が異なるため、しっかりと自分にあった勉強をすることで、無駄な勉強時間を省き、効率よく対策をしていきましょう。

重要な通史や文化史に時間を費やせるように、うまくバランスを取って勉強を進めていってくださいね。

友だち追加
↑のボタンから友達追加をして頂ければ、「無料」で私が英語の偏差値を40から、70.4まで上げた勉強法をお教えします!
このLINEアカウントに登録して、自動的に料金が発生することは一切ございません。

>>英語の偏差値が40から70に上がる方法、知りたくないですか?

>>入試までに間に合わないかもしれない受験生はこちら

>>LINEで無料で、英語の勉強法を知りたい受験生はこちら



⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡
受験エキスパート
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。
開発した「独自の英語長文読解法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。


友だち追加




⇒【天才?凡才?】60秒勉強センス診断はこちら!
⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら➡

⇒時間がない!合格を諦めかけている受験生はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡

⇒【無料LINE講座!】受験英語を無料で教わりたい受験生はこちら



【無料】LINEで英語長文の読み方を教えています!


たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める方法


単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値70.4、全国22位まで登りつめました。
その具体的な「英語長文の読み方」を、無料でLINEにてお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。


↓の「友達追加」を押した後、「追加」を押してください。 当ページをPCからご覧頂いている方は、スマホでQRコードを読み取っていただいても構いません。

友だち追加
1:07 PM