【大学受験エバースタディ】~大学受験の勉強法~

政経受験ができない、政治経済が使えない私立&国立大学リスト【MARCH/関関同立/早稲田】


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

244秒で読めます。

政経受験ができない大学をまとめました

政経受験ができない大学をまとめました

 

日本史や世界史に比べて、選択している人が極端に少ない政治経済。

情報量が少なくて、分からないことが多いですよね。

「政治経済で受験できない大学・学部がある」というのも、気を付けなければいけないところ。

志望校に向けて勉強して、直前になって政治経済が使えないことに気づいたら、もうどうしようもないですからね。

ここでまずは、政治経済で受験できない大学・学部を知っておきましょう。

 

国公立大学は政治経済で受験ができない

 

私の知る限りではありますが、国公立大学の二次試験で公民を選択する場合、「倫理・政治経済」という教科になっています。

倫政といって、倫理と政治経済が一緒になった教科ですね。

二次試験でも公民を選択しようと思っている受験生は、必ず使える科目を確認してください。

 

そもそもなんで、政治経済で受験できない大学があるの?

 

日本史や世界史に比べて、政治経済は勉強量が少ないと言われています。

私も政治経済を選択していましたが、他の教科よりも圧倒的に覚える量は少なかったですし、勉強時間も短かったです。

そのため日本史や世界史を勉強している受験生と学力に差があると思われ、政経を試験科目に入れていない大学があるのだと思います。

 

また私立大学の場合、国公立大学を併願している受験生を獲得したいため、政経受験を受け入れていないのではないかと考えています。

国公立大学の受験生が公民を選択する場合、「倫理・政治経済」を勉強しているはずです。

そうすると私立大学で政治経済を選ぶ受験生は、基本的に私立のみを視野に入れている受験生という事になります。

上位の国公立大学を志望している受験生を受け入れたいと考えている私立大学は、あえて政治経済という選択肢を無くしている可能性もあるでしょう。

 

政治経済という教科を切り捨てる大学・学部が増え、それに伴い政治経済を選択する受験生が減っていくと予想されます。

となると政治経済はどんどん「特殊な教科」になっていき、この先も政治経済で受けられない大学・学部が増えていくでしょう。

 

それでも政治経済で受験するメリットはある

 

なら政治経済を選ばない方が良いかと言えば、そうでもありません。

先ほどもお伝えしましたが、政治経済は日本史や世界史に比べると圧倒的に勉強量が少なく、勉強時間を節約できます。

節約した時間を配点の高い英語に回せば、他の受験生よりも有利に大学受験を戦えるでしょう。

 

また国公立大学や慶應義塾大学など、多くの大学で政治経済が使えないという事は、政治経済の受験生は、日本史や世界史の受験生に比べて少しレベルが下がることになります。

政治経済を選択する受験生は、第一志望がMARCHクラスの私大である可能性が高いですからね。

となると政治経済の平均点は、日本史や世界史の平均点と比べると、本来より低いと考えられます。

私も早稲田大学に合格したときは、政治経済の点数が常に平均点を大きく超え、とても有利に戦えました。

 

政治経済で受験できない私立大学・学部リスト

 

・慶應義塾大学

・早稲田大学の文学部/文化構想学部/政治経済学部/国際教養学部

・上智大学

・津田塾大学

・関西学院大学

・甲南大学

 

上記の有名大学は、政治経済で受験ができません。

おそらく他にも、政治経済で受験できない大学・学部はあると思います。

受験する可能性のある大学・学部で政治経済が使えるか、必ず確認しておきましょう。

 

政経受験ができない大学まとめ

 

「政治経済で受験できない大学・学部っていっぱいあるんだ!」と分かっていただけたでしょう。

そうすると「自分も日本史か世界史を選んだほうが安心だな」と考えるかもしれません。

逆に言えばそういった受験生が多いからこそ、政経選択には大逆転のチャンスが隠れているんです。

リスクとメリットを天秤にかけて、どの教科を選択するかを考えてくださいね。

 

>>「政治経済を選択するメリット・デメリット完全版」はこちら



⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら




大和@受験講師
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。
開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。
⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら



無料で、英語 長文の読み方を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める方法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値77.7、全国4位まで登りつめました。
その具体的な「英語 長文の読み方」を、無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。










3:09 PM